気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年ジャンプの感想(19号) 

[ 2009/04/08 02:51 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。



NARUTO
小冊子すごく読みづらいです。立ち読み対策なんですかね。

足手まといになるから、増援にはいきません。なんだかなぁ。画面の中で棒立ちしてるか、画面の外で棒立ちしてるかだけの違いじゃないですか。もすこしマシで納得のできる理由を付けられないもんですかね。
千人仙人モード。影分身って何故禁術だったんでしたっけ。

ワンピース
イワさんのセリフが読みにくいです。口癖や笑い方、発音の癖でキャラ立てをするのは尾田先生のよくやることですけど、思い返せば空島の「へそ」あたりから付いていけなくなった気がします。あ、でもエネルのヤハハハハ笑いは好きですけどね。

囚人好き勝手やりすぎでしょ…。脱獄する気はなくなるかも。

リボーン
こんなことしている場合なんですか。

べるぜバブ
タイトルをいつも「ベルゼばぶ」なのか「べるぜバブ」なのかで迷います。というか間違えます。
ヨメって呼び方がなぁ。ネットスラングで嫁を使う場合は、大抵「○○はオレの嫁」って感じで、自分と他人(キャラ)を勝手に夫婦認定する時に使うもので、他人と他人を勝手に夫婦認定してヨメ呼ばわりする、作中のヨメの使い方に違和感を覚えます。
恋人とか、彼女とか、ツレとか、コレとか、レコとかでいいじゃないですか。むしろああいうヤンキーだからこそ、レコって言いそうな気がします。それとも今時のヤンキーはネットスラング関係なく、ヨメ呼ばわりするのでしょうか。

ブリーチ
悲しい運命に終止符!! 次回、クライマックス!
カインの終わる終わる詐欺を思い出しました。

トリコ
回転寿司かよっ!
ワンピースの毒なら、何故か岩とか溶けるから有効そうですよね、ロボにも。

銀魂
シックスかと思ったらジライヤだった。何を言ってるのかわからねーと思うg(ry

黒子
いやな一年ですw
緑間が思ったより大きくてちょっとビックリしました。

いぬまるだしっ
新妻エイジの連載を終わらせる権利はどうなったんですかねー。

サイレン
あぁ、ドルキ追悼…。

スケットダンス
やっぱパチンコはマイナス点ですよね。

バクマン
17歳なんて余裕で超えてますけどジャンプ読んでてゴメンナサイ。あ、でもアンケートって一度もだしたことないんですよ。ジャンプコミックスも最近買わなくなりましたしね。惰性で読むモラトリアム読者って感じですか。

魔人探偵脳噛ネウロ
くはー、なんか皆かっけぇー。シックスが死んだおかけで、日本サッカー強すぎワロスw

フープメン
なんか面白そうな雰囲気はあるんですけど、スローに感じるというか。普段から大コマが多すぎて、メリハリがないせいですかねー。これたぶん、単行本なんかでまとめ読みすると化けるタイプの漫画な気がします。

こち亀
誰得。

ぬらりひょんの孫
ゆらちゃんエロいよ、ゆらちゃん。

ぼっけさん
一気に大学生になったのかと思いました。

D-グイレマン
正直誰が誰なのかよくわかんねーです。

アイシールド21

そうか、もう6年半も連載やってたんですね。

ToLOVEる
身体の一部がくっつくのは良くあるネタ。ダブルアーツもこういう展開も卒なく抑えておけばよかったのに。なんだったんでしょうねあの賢者主人公。

ジャガー
ハマーは人生楽しそう。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。