気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年ジャンプの感想(15号) 

[ 2009/03/13 17:30 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想を簡単に。


表紙
D・グレイマン連載再会ですか、また絵柄変わりましたねぇ。
アレンってこんなんでしたっけ…?

ブリーチ
ダンボール投票涙目。発表がアッサリしていて驚きました。
氷輪丸、というか日番谷冬獅郎の良さが解らないんですよ。私もまだまだです。

イチゴってこんなに体格貧相でしたっけ?

ワンピース
毒殺アブロを思い出します。わざわざ本体をルフィの眼前に晒さずとも遠距離から毒ガスで攻撃したらよかったじゃないですか。ルフィが飯に夢中になってるときとかを狙えばいいんですよ。なんかモリアと同じ能力にかまけた慢心している能力者って感じですね。
ルフィもルフィで触れられないのなら、物を投げればいいと思うんですけどね。拳だって溶けるより先に当たってはいるんですから。
100年前は手を焼いた波紋だが、触れなければいいんです。

NARUTO
あらかじめ里を更地にしておいて、ナルトに里を破壊させなかったペインはマジ紳士。

バクマン
要点をまとめるなんて相当難しいですよ。見吉に出来るのか。
キャバ嬢の助言通りに漫画を描いたら盗作になったという吼えろペンのネタを思い出しました。

1週間で20Pって、実際すごいですもんね。冨樫先生も新人の頃、連載ペースで漫画を描く練習をしたんだとか。今じゃあれですけど。モチベーションの維持、時間の確保等、難しいでしょうけど良い訓練になると思います。
4月1日、ってことはもう高校2年生になったんですか。不健康そうですよね、二人とも。椎間板ヘルニアとかになりそうですよ。
あと、新妻エイジの連載がどうなったのかが一番気になります。

リボーン
未来編が始まってから、話進んでます?

フープメン
クラスメイトの篠田は女の子?
実に腰が落ち着いている2話目ですね、新人らしからぬ。状況を丁寧にまとめて、あえて一歩踏みとどまることで今後のストーリーへの期待が高めています。ラストにちゃんと急展開もしていて◎。
ランキング1位の発表を衝撃展開で被せたつもりなんでしょうけど、それまで静かに盛り上げてきた流れが上手く繋がっておらず、そこはちょっと残念でした。
あとデフォルメ顔もやっぱ残念です。

ぬらりひょんの孫
毎度のことですけど、展開が読めるんですよね。ヒキでヒント出しすぎなんじゃ…。

トリコ
ココってこんな顔でしたっけ。

べるぜバブ
ジャンプでヤンキーって久しぶりに見た気がします。

銀魂
やっと終わった…?

ToLOVEる
入れ替わっただけで話が出来ているって凄いなぁ。

D-グレイマン
中途半端なところで休載してたんですね。

こち亀
んー、なんか中川に違和感。中川より絵崎教授のほうが適役だったのでは。
技術の無駄遣い、そして無駄に野球の形式にこだわるところなんかも絵崎教授っぽい気がするんですけどね。話は面白かったです。

黒子のバスケ

やっべ、クスリともできなかったッ!
もっとバトルして!このままじゃ1回戦で負ける宣言とかありがちすぎですけどね。

いぬまるだしっ
続くのか。

サイレン
グラナ=ミロクなんですか?

ぼっけさん
黒。

スケットダンス
ボッスンは天然かムッツリか。まぁ作者さんは間違いなくムッツリですけどね。

アイシールド21
なんか、流石に作画も手が抜けてきたような…?

魔人探偵脳噛ネウロ
上から目線で語るネウロは何様だ。魔人様です。

ジャガー
それができねぇから ハマーなんだYOネ(笑)

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。