気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週間少年ジャンプの感想(12号) 

[ 2009/02/19 18:00 ]
今週の週間少年ジャンプの感想をツラツラと。



ワンピース
見開きカラーにクロコダイルが居ないのが不憫(;Д;)
モリアよりかは七武海の風格があると思うんですけどね。
棘攻撃は効くルフィ。ルッチは鉄の爪みたいな武器装備して戦ってればルフィに圧勝できましたよね。つーか、嵐脚メインで戦ってれば良かったのに…。
サンジの飛ばされた島が、こんな形でルフィ達と絡むとは。意外で驚きました。

NARUTO
ナルト以外が戦わない理由が弱いので、シカマル達の描写が入るたびに醒めます。なんでコイツらこんなにノンビリしてるんですか。
高周波チャクラって何ですか。
そして敵地のど真ん中で自分語りを始めるペイン。
読者を納得させず、作者の都合だけでキャラクターが動かされているのが目に見えて嫌です。

トリコ
グルメケースですか。便利すぎるアイテムって何か萎えるんですよね。単純なアイテムを巧みに操るのは凄いと思うんですけど。小松の包丁使いとか。もしくは複雑なアイテムを複雑に使いこなす、とかですね。
食う<食う<食うの食物連鎖。あれ?これってトリコではまだやってませんでしたっけ?やったのは読切でしたっけ。
食えば食うほど強くなる。グルメ細胞。順調にバトル漫画化しちゃってますね。
幻のクラゲには固有名詞が欲しかったかも。

ブリーチ
ノイトラ様はあの実力でなんであんなに調子に乗っていたんだろう…。そこが可愛い。
ウルキオラってば結構親切だ。

あれ、バクマンの新妻エイジ
の担当、うちの担当じゃん。
苦労してんね服部さん。<帯人>

久保先生の担当も内容に干渉せず、投げっぱなしの仕事をしているという皮肉ですか。

リボーン
なんという最終回wwww

これはあれですね。今後ギャグ展開になったり、人気低迷して迷走したときなんかに、標的229(今週)で終わってれば良かったんだ、って言われるフラグですよ。
シリアス展開(笑)で付いたファンに対するせめてもの手向けです。シリアスはもう無理です。今回で、終わったものとして心の中で納得してください、という天野先生のいい訳めいた配慮ですよ。

いぬまるだしっ
雪合戦は燃える。雪なし県在住だからこそ言えることですけど。

バクマン
私が小学校の頃に書いてた漫画の主人公は、強盗でした。その名も強盗くん。でも全然強盗しなかった気がします。棒人間に丸サングラスをつけただけのデザインでした。懐かしい。

せっかくの不和展開なのに、予定調和的にオチが見えてしまうのが面白くなかったです。お互い好きあってるのに、ウジウジして機会を逃すラブコメみたいで。ベタ展開ですからここからの展開のさせ方、オチの付け方に期待します。

黒子のバスケ
うーむ、能力バスケ。

こち亀
今更オバケ屋敷苦手は無いだろ…。

銀魂
RPGネタはもう遣り尽くされた感がありますね。

読切 CRIMSON KING  松雪ヨウ
顔の描き方ですか、ね。目が、平面なんですかね。それでいて、他の部分は立体的。ちょっと目が大きすぎるのが原因なんでしょうか。なんか違和感を覚えちゃうんですよ。そこが気になりました。
でもそれ以外の場所はだいぶ絵上手いです。以前「格闘王子」を描いた方ですよね。タッチが大分変わりましたけど、こっちのほうが好きです。
戦場を変えたのが、真の顔を見せたくなかったというのはちょっと動機として弱い気がします。押さえ切れないパワーで周りを巻き込むからとか、そっちのがスッキリしたんじゃないですか。
もしくは、真の顔が二目と見れないような異形だったとか、ですか。真の顔がそんなに普段と変わりなく見えてしまい、主人公の引け目、コンプレックスとは感じにくかったです。
ありがちなお涙頂戴オチをコメディチックにしたのは好きです。連載を意識した設定の、人間化ブームも無くても良かったですけど、気にはなりませんでした。
あとはハンターが、しっかり悪役を果たしていましたけど少し物足りない感じです。読切だからこれでも良いんですけど、もうちょっとケレン味が欲しかったです。銃に何か下種っぽいギミックがあるとか。

サイレン
中学の頃カッコいいと思って
用事も無いのに急いで空港に行って、人を探すふりをしながら
「喋ろうとすれば またあの野郎が…!!」とか言いながら息をを荒げて
「何があろうと、力ずくでも--…」なんて言ってた
通行人に「何してんの?」と聞かれると
「っふ・・・・ネメシスQ(自分で作った設定で俺を監視してくる謎の人物)を知らぬ者には分かんねぇだろうな」
と言いながら人気の無いところに消えていく
ターミナルの中、静まり返った群集の前で「しつけえぞ…!!そこをどけ…!!」
と言って超能力を出すフリをした時のこと思い返すと死にたくなる

ぼっけさん
どうにも重ちーと被るなぁ。しかし犠牲になったところで状況は改善されてないような。

スケットダンス
1話にまとめるには長いけど、2話にするには短い。ダッルンダッルン。
そもそも話になる題材だったのかと。1話にまとまってれば笑えた気もしますけどね。

ぬらりひょんの孫
ブリーチの続き。

アイシールド21
掲載順が哀しいなぁ~。

魔人探偵脳噛ネウロ
眼球の複眼が。久々に気持ち悪いと感じました。蓮コラっぽい…。

ToLOVEる
バレンタインデー当日が過ぎてる上に、続くとは。でもまぁ正月のすごろくも先週までやってましたしね。

マイスター

サッカーでさ、ボール囲んで肩とか組みながら
相手のゴールにつっこめないかな?
こんな風に

  ○○
 ○  ○   ワー
○ ● ○    ワー
 ○  ○
  ○○

お疲れ様でした。

ジャガー

死にたくなるけど、笑えるwww
個人的にダブルアーツのファランはこういうキャラだったと思います。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。