気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

理路整然 

[ 2006/10/09 23:25 ]
能力系バトル漫画についての鋭い考察を見かけて
面白いと思ったので以下に転載します。

2ちゃんねる週刊少年漫画板 能力系バトル漫画を廃止しろ!
49 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 投稿日: 2006/09/13(水) 00:03:28 ID:z754emAO
能力物を勘違いしてる人が多いようだ
キャラ毎に異なる固有の力(火を操ったり水を操ったりetc)
を使い戦っているだけのものをそもそも能力バトルとは言わない
キャラの技などに違いがあるものなどずっと昔からある定番。個性付け。
ただキャラごとの攻撃方法が違えば良いのなら星矢や肉なども能力バトルの範疇に入る
そういった中でドラゴンボールの全員共通してエネルギー波で戦うというスタイルの流行が
流行った為に攻撃手段が違う=能力モノと勘違いされているのではないか

一般的にジョジョから始まったとされる(この辺の細かい突っ込みは無しで)能力モノとは

個々の能力を引き起こす源の根底に、共通した細かいルールがある

というのが最大の特徴であり、また能力モノたらしめている設定である
つまりジョジョで言えば
>個々の能力を引き起こす源=スタンド
>共通したルール=射程距離、一般人には見えない、スタンドでしか攻撃できないetc
となる(例外が沢山あるが、いまはルールが存在しているということを言いたい。
それに例外の無い規則は無いって言うし)

このことが最低限反映されていなければ能力モノとはいわない
ワンピース:限りなく黒に近いけど一応能力モノ
能力者は海水に弱い、というルールがあるのでまあギリギリ能力モノといっても良いか
ただルールが1つというのは細かくないし、戦闘中に反映されることがほとんど無いのでかなり微妙
ナルト:非能力モノ
チャクラの属性がどうとか最近後付されたが単なるカテゴリ分け
チャクラ自体はなんでもアリ
ブリーチ:非能力モノ
霊子がどうこうとか言ってたと思うけどやっぱりこれも事実上何でもアリ
ハンター:能力モノ
念の系統が決められているだけならただのカテゴリ分けだが
系統ごとの能力の特徴、習得の得手不得手の関係がしっかりと定義されている


こういう理路整然とした分析ができる人ってスゴイと思います。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。