気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の週刊少年ジャンプの感想(44号) 

[ 2006/10/04 23:30 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。

HAND'S(新連載)
どこまでがマジメでどこまでがギャグなのかよくわからなかった。
ページ数のわりに話の内容が薄かった。
読みきりの話は面白かったんだけどなぁ。

ワンピース
エネル月面到着・・・。
いくらワンピースの世界観でも月へ空飛ぶ船で行けるってのはムチャクチャ杉じゃないか。宇宙服も着てないし。
エネルって能力は最強だし、頭も切れたキャラだったハズ。
それがギャグキャラになっちゃうのかなぁ。イヤだな・・・。
「エネルのスペース大作戦」のオチがエネルが死に際に見た夢だったっら許せる!

ピースするゾロと「経験値」という言い方に違和感。

ナルト
うわーw 円から出せば呪いは解けるんですね。近年まれに見る頭脳戦。
不死身のほうの謎はもう一捻りあるようで期待。

リボーン
つまりこの争奪戦が終わったら、
アルコバレーノに呪いをかけた敵を倒すためにヴァリアー達も協力して
一緒に天頂五輪大武会に参加するわけですね。

ブリーチ
愛染様はエスパーダ連中を全員完全催眠にかけていて
自分は強いと錯覚させているだけで本当はザコだったら面白。

銀魂
突然出てきた黒髪の女は一体誰?

P2
ああ、どこかで見たことあると思っていたら
部長は大佐に似てるのか。

ネウロ
先日コミックスを揃えたけれど、読み返してもどうも楽しめない。
インパクトが強すぎて内容を覚えすぎているからか・・・。
今週もインパクトありすぎる絵面でした。
魔人ネウロは何故か不殺。
殺しまくるよりかは好感持てるけれど殺さない理由もないと思う。
ネウロの立案した橋を落とす作戦は絶対死人がでると思うけどw

こち亀
ハルと両津ってこんなに仲が良かったの?って違和感があるけれど
それ以外は、昔のこち亀を連想させる素晴らしい出来。

ムヒョ
全体としてみると変な絵だけど、細部の表現が面白い絵なんだ。
やっと絵柄の良さがわかったような。
あれだけ回想挟んだのならペイジ死んでも良かったような。
で、相打ちだけど自分の負けと宣言して義理で動くイサビとか。
おもいっきし自分の趣味です。


P467の壊原さんのスピードのほうが信じられない。
そして全体的に超早口。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。