気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年ジャンプの感想(49号) 

[ 2008/11/03 03:24 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想を簡潔に。


ワンピース
久しぶりだなぁ、ワンピの人気投票。10年連載して4回しかやってないのか。少ないですよね?
総応募数が42116通。これは多いのか…な?リボーンも3万票いってましたよね。リボーンだとスゲーって気はしたんですけど、ワンピはもっと多いかと思ってましたから。
本編感想
単行本ではサンダーソニアの乳首は書き足されますか?

ブリーチ
象の人は流れ玉(隊長)に当たって退場?いやまぁ、これ以上象の人を引張られても困りますけど。
底が知れたとか、絶対嘘だろー!従属官の帰刃見たところで十刃の対策にならんって。

NARUTO
チャクラ半分持ってかれる戦い方の何処が巧みなやり方だと言うんですか。
攻撃が弾かれただけでやられちゃった優秀な忍者たちが哀れすぎる。チョージもあれだけで何故息が上がってるんだ。ああ、アニメで補完するんですか、そうですか。
雷を切る速さ(自称)の突きが到達する前に割り込んできたロボペインはどのくらい速いんですか。ロボペインの体当たりが下手すりゃ雷切より威力がありそうなんですけども。
里の人間が誰一人として予測していなかったペイン襲来の可能性に気付くとは、本当にナルト大した天才ですよ。
念には念をで、釘って。お前本当に殺す気あるのか、と。問ただしたい。小一時間問いただしたい。
その上いまさら忍者が釘如きで死ぬようでしたら、逆に驚きますよ。ガッカリさせるのは岸本先生の得意技だから本当に死にかねない気もしますけど。
外しようがない、のはカカシの万華鏡のことかな?

銀魂
今日から俺は!の今井を閉じ込める話に似てる。あれは傑作だったなぁ。腹がよじれるほど笑ったっけ。

リボーン
なんと色気のない髑髏ちゃんの下半身…。

トリコ
小松の態度が豪胆というより、現実逃避の開き直りに見えてしまってちょっと嫌。だからといって毎度、泣き喚き逃げ惑うキャラってのもウザくて嫌なんですけど。せめて自衛する姿勢はとってほしかったな。
よくロボが島に潜入できたなー。

アイシールド21
ちょくちょく挟む小ネタが悉く…。次は世界戦でもやるんですか。

ぬらりひょんの孫

犬神の話でもう5週もやってるんですね。ちょっとビックリ。
アクションシーンがなー。コレは流石に私でもテンポが悪いってのは解ります。
放送室にいた清継くんは妖怪に会えないというオチ、チャンチャン。

こち亀
なにこのCカラー。子供の両津が描いた将来の自画像、みたいなテーマですかね。手抜きにしか見えないんですけども。
未来には夢がある。夢や理想ばかりを追求した結果生じた問題についての質問なんだけどなぁ。自動車がない時代の人に、自動車を見せびらかせて自慢した後に「排気ガスが環境に与える問題についてどう思いますか?」って質問してまともな答えが返ってくるとは思えませんよ。
オチのコマは両津の年齢のほうが気になってしまってモヤモヤしちゃいました。

バクマン
かつてのワナビ(それも口だけ)の身としては編集者の話が非常に面白い。
10人中2人に支持される作品かぁ。アウターゾーンとかジョジョとか今のジャンプでいうとネウロみたいな作品のことかな?

サイコーの絵が下手になってません?デフォルメのセンスがないのかな。オタク趣味がないから下手にオタ絵に感化されてないかわりに、絵がダサいってことなのかなー。
並の新人にも負けると言われた二人の作品を読んでみたいとは思うけれど、それはやっぱ難しいですよね。読者がそれぞれに「このくらい」だろうって勝手に想像ができちゃっているので、全ての読者の予想に応える作品は作れませんからね。
そう考えると、この二人が万が一プロになるような展開をしたとしても、執筆した作品の内容は絶対に公開できないような。それは残念だなぁ。
プロデビューしたところで第一部完→サイコ・シュージン名義で新連載→連載終了し次第、バクマン第二部連載開始(特別読切でも可能)で反省会。みたいな展開ならできるかも。

ラブコメは、なんかズレてて本当に気持ち悪いなぁ。仕事場に女を連れ込んだ事をまず問質せよ。

Dグレイマン
あー、院長先生は人形にされただけで悪魔に内通していたわけではなかったんですか。2度読んでようやく理解。久々にこの作品で理解できることがあったなぁ。

WJ歴代人気キャラ大集合特大ポスター 第二弾
すげー、これ繋がるのか。大砲打ち返す手塚にワロスww

魔人探偵脳噛ネウロ
嫌がらせに情熱を燃やす男シックス! 絶対悪って本当にみみっちいよなぁw
あぁ…笹塚、追悼…
これは死にましたね。カカシより確実に死にましたね。燃え尽きましたね。しっかりした未来かぁ。XIを気合で乗っ取って復活するとか?それってハッピーエンドなんだろうか。

特別読切 貧乏神が! 助野嘉昭
袖がすっごく気になる。
好きな人は凄く好きそうな作品、って気がします。よく出来ていますし、読みやすいし、ポイントもしっかり抑えていて。でも私の守備範囲外です、って作品です。ラノベの人気作品といわれるヤツ、ハルヒとかゼロ魔とか、あれと同じ匂いを感じました。

HUNTER×HUNTER
まぁーだ戦うのかー。
考えてみるとキルアの新技披露って、八つ当たりで正常な判断で無いとは言え最悪ですよね。手の内を明かして中途半端に退散って。後で思い出したら死ぬほど後悔したくなりますよ。

スケットダンス
会長のキャラがサイレンと被る。
デージーって斜視でしたっけ?正面絵が上手く描けないという自嘲ギャグだったのかな?解りにくい。

アスクレピオス
怒涛の展開。内水先生の描く女性はエロいのに空気な存在感という、実に不思議な境地に居る。自己主張をしないエロス。
助手としてのロザリィの有用性が謎い。いやまぁ、用心棒としての役割のが重要なんですけどね。でも手術するときに居ても居なくてもどっちでも良い程度の助手って何なんだろうって思います。

サイレン
性根の腐ったサイキッカーが未来のWISEとかいう展開?

ToLOVEる
マジカルキョーコって実写だったんですか。アニメだと思ってました。
帽子なしのキョーコが正直春菜と見分けが付かない。

チャゲチャ
8週突き抜けですか。いつでも終われる作品と思っていましたけど、コマ割を小さくして詰め込むほどに話が広がっていたんですね。
黒梟路線は微妙でしたけど、チャゲチャのボーボボ二番煎じ路線はもっと微妙でした。新しい方向性を模索してみてください。澤井先生お疲れさまでした。

読切 豪腕サイボーグツトム 相原成年
ジャンプのギャグ層の厚さって悲惨ですね…。スポーツもアイシルを引き伸ばしまくりですし…。大丈夫なんでしょうか、ジャンプ…。

ジャガー
ハマーうぜーwww

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
今日から俺は、のあの騙し回は面白かったですね。
またブックオクにでも行って読んでみようかな・・・・・

銀魂の方もまぁ面白かったとは思いますが
また無理矢理シリアスにもっていった感じで萎えました。
血のトリックも普通にわかったし
[ 2008/11/05 17:55 ] [ 編集 ]
ちぎれたはずの鎖が繋がっているミスをしたり、50号の話ですけれどもまた背景が真っ白になっていたりしますから、製作の現場が相当苦しいことになってるのかも知れませんね。
苦し紛れの醜態を晒さずに、一度しっかり休みを取って欲しいと思います。ギャグ回は好きですから…。
[ 2008/11/10 15:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。