気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年ジャンプの感想(40号) 

[ 2008/09/06 03:04 ]
今更ですけど、今週の週刊少年ジャンプの感想を簡潔に。


ブリーチ
あまりに出番が少ないから「さよなら、ルキア。」なのかと思ったのは秘密。
死神って霊子で足場を構成して空中を移動できるとか、そんな設定じゃなかったっけ?瞬歩で切りつければ良かったのにね!!
侘助強すぎ!修正されるね!!

ワンピース
なんかインフレが酷いなぁ。バスターコールがこれだったら良かったのに。

SASUKE

こっちはデフレが…。サスケ弱ェェ
何この取ってつけたような友情ごっこ。

トリコ
デカじバー!!
スイミーってすごいよね!
小松は最高の料理人か、な?あの若さで三ツ星ホテルの料理長でしたっけ?十分に才人ですけど、料理関係の見せ場があまり無いから、実感としては最高の料理人と思えないですよね。
小松にスポットを当てた料理対決とかやってくれるんだろうか。

いぬまるだしっ
何かと思ったらゲンセンカン主人だ。いや天狗の面しか共通点がないんですけどね。

バクマン
付けペンってしばらく放置しておくと錆びない?いやそれは私の管理方法が杜撰なだけかっ!いやっははは、お恥ずかしい。
なんかサイコーが偉そうで嫌だ。頭が悪いとは言わないが、言うほど頭良くないよなー。互いに褒めすぎでツッコミ不在。今後おもっきし挫折してほしいね!

刀が受けるって分析は、微妙に古い気がする。るろうに剣心の作者率いる和月組の連載が始まった頃の新連載、読切の刀率が凄かったような気がするんです。マンキンとか。なんか皆刀描いてた。
その頃のブームに乗っかって今も生きている作品が多いだけって気がするんです。今、刀が受けている!ってわけじゃないと思うんですよ。
私が分析する今受けるモノといえば、ヤンデレと女装少年、これだね。
どうみても個人的な趣味です、本当にありがとうございました。

ぬらりひょんの孫
惜しい!かっこいいんだけども総大将!もう1ページくらいヒタヒタな演出があってもよかったんじゃないかなーって。ジョジョならヒタヒタ演出にもう少しページを割いただろうって思っちゃうんですよ。
いやぁ、かっこいいんですけどね。飄々としてて。

こち亀
今時これはそんなに安くないでしょ…。あとボーリング屋、広告載せたなら休むな。

スケットダンス ヘタッピ漫画研究所R(ロマンティック)
浪漫のアシ経験がありながらも絵柄が影響されないボッスンって結構才人なのかも?

金未来杯 エントリーNo.3 格闘王子 松雪ヨウ
うーん、チャンピオン漫画?それも一昔前の。
駄目だ、こういうヤンキー?マンガは私は個人的にキャラクターが好きになれないのです。

ネウロ
悪ノ華は可憐に散る~♪

ダブルアーツ
攻撃範囲がそう広くないんだから、その場で踊らずに範囲外まで走ればいいじゃん?
相変わらずの描きたいシーン優先ですね。

どがしかでん

毎週すごい勢いで読み飛ばしてました。ごめんなさい。
読切のサルテング?は好きだったんだけどなぁ。
ポストToLOVEるを期待する声があるようだけど、女キャラ一人しか出てこなかったし、男キャラの美形は書き分けがあまりできてなかったので不安に思います。
でも、あの肉感的な女の子は良いよね!

ジャガー
ビューティー…

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。