気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年ジャンプの感想(39号) 

[ 2008/08/29 00:10 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想を簡潔に。
表紙がバクマンだから、先週号かと思った。まぎらわしい。


アイシールド21
本当にどうでもいい話なんですけど、鈴を未だに新キャラだと思っちゃうんですよね。途中参加キャラっていうんですか。いつまで経ってもなじんでいない、いつまでたっても新参キャラ。そんな印象。
はじめの一歩の板垣とか。そんな印象のキャラクターって居ませんか?
あれって不思議ですよね。なんでこんな印象になるんでしょうね。
いつまで経ってもストーリー中の新参ポジション(そのキャラが出るまで空白だったポジション)に留まるからそんな印象になるんですかね。ドラゴンボールの話の中ではベジータなんかは途中参加キャラじゃないですか。それなのに新参って気がしないのは、上手いことライバルキャラポジションに食い込んだからなんですかね。
新参キャラと思うとか、思わないとかそれこそ私個人の主観の話ですから、本当にどうでもいい話なんですけども。

BLEACH
この言い訳は苦しいwwww

ワンピース
グラビディ張り手!!
犬猿雉のお供に、熊を連れた鉞担いだ戦桃丸。ややこしいわ。
くまクラスが量産されるとなると、勢力バランス崩れまくりじゃね?七武海涙目。
レイリーのサンダルは海楼石でも仕込んでるの?それともまた覇気?(笑

バクマン
うむ、シュージンは亜豆関連で小細工はしてないか、残念。

しかしどうだろ、シュージン亜豆の頭の良さ、要領の良さは解るけど、サイコーはそこまで頭良くないだろー。どこにでもいるよ、クラスメイトをバカだと思ってる思春期の男の子なんて。
まぁその、どこにでもいる所謂「普通」の振る舞いが出来なくて浮いてしまい、距離を取られている、取るしかないのに、自尊心を守るために周囲をバカだと思い込んでいるわけでは無いと思うんですけどね、サイコーは。

「普通」に嵌りすぎて冷め切ってしまっているんですよね。亜豆と一緒で演技体質。それなら頭は悪くはないか。
話中の「周囲をバカと思っている=頭が良い」って論法が気に食わないんですよ。前述の「普通」になる才能もないようなヤツが勘違いして振りかざす論法ですから。

NARUTO
いやぁ、なんで今更尾獣相手に苦戦してるんです?不思議な漫画だ。

トリコ
まさかクラッカーで人が死ぬマンガだとは思わなかった!
伝説の魔獣がこうも簡単にあしらわれると、美食屋同士の競争がメインになるのかな。まぁそっちのが無難だと思います。流れとしても自然ですしね。
でもこれで洞窟の外で待ち伏せを皆殺しにしたのが猛獣だったりしたら、逆に感心しちゃうかもな。

マンガ脳の鍛え方 矢吹先生
あ、長谷見先生は原案なだけで、ネームは矢吹先生が切ってるんですね。

新連載 いぬまるだしっ 大石浩二
これ週何ページ連載するんだろう。
前作の4コマ縛りは相当辛かったみたいですけど、ダラダラ冗長にやられても密度が薄くなるだけで良い事ないんですよね。
うーん、ギャグマンガでこんな指摘をするのがズレてるんですけど、保育士の先生が主人公1人しか相手にしてないようなのが気になります。園児1人に絞らずに、問題学級を受け持った先生ってポジションからの話になるのならスッキリするんですけどね。
いぬまるが主体の話になると、それこそクレヨンしんちゃんと被ると思うんです。

ぬらりひょんの孫
ゆらちゃん可愛いよ、ゆらちゃん。ってなんか感想そればっかだなぁ。

こち亀
日暮は給料何に使ってんだろう。実家に仕送りでもしてるの?

金未来杯 エントリーNo.2 アルバイターキンタロウ 高橋英樹
画力はあるんですけど、ちょっと描きこみ過ぎな印象。
ストーリーは、前作の時も感じたことなんですけど、やはり地に足が着いてないといいますか。肝心なところが抜けてる気がするんですよ。物語を楽しむ上での足がかりとなる自然な部分がない、んですかね。
これが突き抜けた幻想小説とか、それに類するモノだったらそれはそれで良いと思うんですけど、そうじゃなくて展開自体は少年漫画であろうとしてるんですよ。
あれ?そう描くとポニョに近い気もしてきたなぁ?でも意図してポニョにした訳じゃないんですから評価はできませんけど。
総評 ラノベの挿絵に向いてる気がする。あの妖怪って赤い人っぽいよね!!

スケットダンス
以前の架空のスポーツ・ジェネシスと同じノリで始まった冒頭は面白かったんですけどね。
姫子が冷静にブチキレながら介入してきてたら面白かったかも。ルールを理解しながらコンボ繰り出しながらも「アホちゃうか」って言ってしまうような。後半がツッコミ不在だったのが痛い。

ヘタッピマンガ研究所R
すごく正論を述べてると思います。
村田先生流の喜怒哀楽の描き方を押し付けるのかなー、なんて思ってましたけど、いやはや御見それしました。「こう描け!」という技術的な話のほうが、実は漫画家志望者にとっては安直で解りやすくて易しいんですよね。そのほうが手っ取り早いですもん。
今回も、学ぶ姿勢に対する精神論的なものではあるんですけど正論というか、私もそう賛同するところなので言うことなしって感じです。

技術を教えられた所で、まず実践できない程度の人もいますし、教えられたことしかできない人もいます。流行の絵柄、デフォルメの追従者ですね。追従しかできなかったとしても、それはそれで才能ですし、漫画を描くにあたってならその程度の画才があれば十分とも思います。

今回の話は、絵について本気で考えてる人ならではの話だと思います。
本当に画力がある人、本当に絵が描ける人ってのは自ら学んでいくモンだと思うんですよ。そんでデフォルメや絵柄を自ら作り出せる人になる。個人的にはそういう事に独りで気付けて、実践していくことができる人こそ実力がある人だと思うんですけど、今回のような指針を参考にそういった考えに気付かされる人も多くはないでしょうけど、居るんでしょうね。
そんな風に考えると村田先生は、そこそこの絵を描ける人を量産するのではなくて、実力のある少数に狙いをつけて釣りにいったんだなぁって思います。

ネウロ
ジェニュインが、エロ可愛い。
6の次が11だなんて!一気に5も進化しちゃった!

ダブルアーツ
何故ガゼルメンガーが黒塗りなんだ…。出し惜しみしてる場合じゃないでしょ。まさかデザインができてないの?小学校の頃から暖めていたんでしょ…。 と、先週も書いた気がする。
もうちょっと暗殺者らしくしようぜ。コイツら。
真昼間の街中でこれは無いだろう。しかも民間人だれも居ないし。…!もしや全員消された!?恐ろしい!

スイが情けないよう。戦い好きなくせに、自分より強いヤツは意図的にシカトするんだね。弱いものいじめ大好きなんですね。

ジャガー
バケツが刺さったら恐いわwwww

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。