気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「時をかける少女」を見てきました。 

[ 2006/09/28 22:47 ]
いやぁ、地元だと公開しないと勝手に思い込んでいました。
映画館の前を通りかかったら上映していたのでそのまま見てきました。

公式HP http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/

あらすじ
あるきっかけから「今」から過去に遡ってやり直せる力、
タイムリープ能力を持ってしまった紺野真琴は、ひとたびその使い方を覚えると、
何の躊躇も無く日常の些細な不満や欲望に費やしてしまいます。
大好きなものはいくらでも食べられるし、いやなトラブルも即解決!
ばら色の日々のはずだったのですが…。

                              公式より転載。

すっごく面白かったです。
笑いあり涙ありの青春SFファンタジーです。

主人公達3人組は見ていて「こんな高校生いねぇよ」と思わせるくらい
プラトニックな人たちでしたが、そんなキャラクターでもしっかり作りこまれているからでしょうか。
十分感情移入して楽しむことができました。

これはパンフに書いてあったことですが、
キャッチボールをするシーンなどを「ロングショット」で描くことによって、
それを観客は手前のベンチか何かにすわって眺めるような気分にさせる。
結果、物語の世界に「客観的」に参加させやすくしているそうです。

うぅむ、そんな技法があったんですね。知らずにグイグイと引き込まれていました。

主人公達の高校生らしくなさが気になった(それも帳消しになってますが)くらいで
あとはもう風景も演出も展開も素晴らしい。
アニメーションは少しクセのあるカンジでしたが
暖かみがあって私は好きです。

夏の暑い時期にみたい映画でしたねぇ。

tiaki.jpg

千昭がカッコよかった。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。