気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オイレンシュピーゲル 弐 冲方 丁 

[ 2008/06/21 00:12 ]
陽炎が優遇されてね?気のせい?ま、私陽炎好きなんで全然問題ないんですけど。いいぞもっとやれ!
オイレンシュピーゲル 2 (2) (角川スニーカー文庫 200-2)オイレンシュピーゲル 2 (2) (角川スニーカー文庫 200-2)
(2007/05)
冲方 丁

商品詳細を見る
うおお、勘違いしていた。時代設定が2080年じゃなくて、2018年かよ!!近未来すぎ!
《転送を開封》とか在り得ない位オーバーテクノロジーじゃないですか。他の技術も大概ですけど。
いや、それより日本に何があったのさ。放射能汚染って。難民7000人って。日本が今の状態で壊滅したって借金しか残らないと思うんですけどねー。文化委託なんてやってる場合じゃないぞ。
(ああ、転送技術なんかを日本が開発して特許とった直後に放射能汚染されたとか?)

「持たず、作らず、持ち込ませず」の非核三原則。
ってこれは日本の規則よな。まぁ、世界中何処へ行ったって核の輸出入なんかは厳重に監視されるもんなんですけど。いやぁ、まさかそんな抜け道があったとはね!!
最近、核燃料で動くアメリカの衛星が落ちるだかなんだかで話題になりましたっけね。
わざわざ核兵器に加工しなくても、ある程度の高度で爆破すれば放射能を撒き散らして街一つくらい壊滅させることができたのに、それをしなかったのは画像データがあったからか。
死のリレーさえもいわば陽動。成功すれば大損害でしたけど。
完全に後手にまわってますね。プリンチップ社暗躍しすぎ!

そういや、国際的に活躍する日本人テロリストって実在するのかな。よど号の犯人とか?
(世界レベルで)極端な人が少ないって事は現在の日本が平和って証拠ですよね。平和ボケしてますけども。

ロシアの戦闘の犬供のキャラの立て方がズルい。ベタだけどグスっとくる。
んあ、でもちょっと取引が理解できなかったんですけど!
衛星には色男の故郷に隠された核兵器の場所が示された画像も積んであって。ロシア側としてはそっちの回収を主目的とし、それを他国に伏せたままユーリー達を派遣。
テロリストと秘密裏に取引をしようとしたけれど、ぼられそうだったのでロシアの上層部は手を引いた。ユーリーは独断で画像を奪還した、と。
それが何でスズツキーを置き去りにする行為に繋がったの?ここがちょっと解らない。

と、も一つスズツキー!超振動型雷撃器内蔵の拳で殴って相手の肉体を霧にするのはアリでも、拷問は無しなのかよ。その線引きが解らん!

オイレンシュピーゲル壱

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。