気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年ジャンプの感想(27号) 

[ 2008/06/02 23:56 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想を簡潔に。


新連載 どがしかでん! 濱田浩輔
タイトルはどういう意味だろう?宮崎県知事?
バスケシーンはともかく日常シーンが何か見難かった。キャラのアップが多すぎるのかな?
日本語もちょっと下手ですよね。
主人公の何が凄いのかを説明するシーンも、ラダーのクラックインとサイドがよく解らんのですけど。

無名主人公をヒーローに仕立て上げるのはデビュー作リライトのサル天狗を彷彿させますね。でも、あっちのほうが演出として面白かったなぁと思います。あの作品では全部マネージャーの手の内で、全てが巻き込まれて主人公をヒーローにするための演出に組み込まれてましたからね。
設定もストーリーも全てがデビューの為にあったのが良かったんです。

マグレでシュートが決まるのは面白かった。

ワンピース
ガープって何で海軍にいるんだろう。あの腐敗した組織の中でよくガープが出世できたよなぁ。

デュバルもマフィアで人攫いでしょ?胸糞わりぃ。サンジも海賊だけどね。
麦わら海賊団は海賊行為をしないなら、海賊って名乗るのやめればいいと思う。義賊アタリが妥当かと。海賊王は諦めよう。

各勢力が潰しあうバトルロイヤル展開きたー?

ブリーチ
鈴生姫って何?エロ本?リサが読む本ってエロ本しかないもんね!

なんじゃこりゃって東仙の閻魔蟋蟀か。あれ強いよね。剣八が強すぎただけ。でも、あの圧倒的優位の中で負けたお陰で、東仙は私の中でヘタレキャラになってしまっている。

トリコ
スウィーツハウス。駄目だ、蟻が集りそうで気持ち悪い。
ガケからの飛び降りシーン、ノッキングの説明とかでHUNTER×HUNTERをどうしても連想してしまう。そういやタケシにもヒソカが出演してましたっけね!
しかし、ノッキングの説明文が結構悪文。誰に向かって語ってるんだ。

SASUKE
影分身(コピー)多用中。
ちょっとサスケの思考回路についていけない。結果じゃなくて、イタチの思惑を汲んでやれよ。
例えるなら、交通安全の旗を持って通学路に立って子供たちを守っていたオッサンが交通事故で死んでしまったから、復讐のために全ての車を破壊するって言ってるようなもんじゃない?
うちは一族は本当に身勝手だな。だから滅ぶんだ。

「イタチはこんなことを望んじゃいないってばよ!」って言われて改心しそうだ。でもナルトがそれを言えるかな。ナルトは何も理解してねーからなぁ(笑)

これよりサスケは名を"グリフィス"と改め行動する。
蛇の一団のバトル描写は省略かよっ!

ダブルアーツ
シスター・エルレインは傲慢か?

考えてもみてください。20歳まで生きられないと宣告された16歳の少女が、予期せぬ不治の病の発作に襲われ死を覚悟した瞬間に延命されたんですよ?
そして自身の病が治る可能性を示されてしまった。

そもそもエルーはシスターになりたかったわけではない。たまたま自身にトロイ耐性があっただけ。トロイ感染者が社会の中で生きていくにはシスターになるしかない。
親類縁者の(多分)全てをトロイで亡くした幼いエルーは生き延びるためにシスターになるしかない。
幼い少女が世を捨てて人との接触を絶って暮らすなんて不可能でしょう?

つまりエルーは元々そんなに献身的な性格をしているわけでもない。シスターに向いている性格だったからシスターになったのではない。
そして惰性で寿命を削る生活を続ける絶望の中で、希望を見てしまった。
そんな状況におかれたら、何を差し置いてでも生き延びようとするでしょう?

エルーの性格付けにはこれだけ深い要素が隠されているんです。
傲慢というより、人間的なキャラクターなんですね。それを描ききっている古味先生は流石としかいい様がない。愛されるキャラじゃないけども。


この電話がどんな構造なのか激しく気になる。

ネウロ
チー坊は結局手ぶらなの?

リボーン
そりゃ10年後の獄寺の同僚ですもんね。知ってるさ。

銀魂
鳳仙に可哀想なオヤジフラグが立った。
日輪はそれを知った上で逃げ出さなかったとか言っちゃうんだぜ。

ぬらりひょんの孫
本当に覗き妖怪だったw

空回りする雪女が可愛い。しかし、術に掛からなかった時点で雪女が側近だって判明してるんじゃないの?

アイシールド21
鷹は歩くんじゃあ!!

こち亀
良作。でもなんか最近両津がセコイってイメージがなかったんですよね。強欲ではあるんですけど、小銭を拾うキャラじゃなくなってた気がする。
金離れの良い人か。

オチの付け方もイイカンジなんですけど、ネットで批判がどうたらって文章で説明するのはどうなんだろう。交番に直接飼い主がやってきて15万の謝礼を部長の前で両津に渡す、とかのほうが解り易いし面白いと思うんですけどね。

って、あれ?犬を助けた時点では両津は本当に犬の価値を知らなかったのか?
さりげないネット批判?

サイレン
きもち悪い。
なんの確認か知らないけど早く吹いてー!w

ToLOVEる
皆男の子になっちゃうオチを期待していたのに! 駄目だ私…。

D・グレイマン
クロウリー?

バリハケン
ポールの反動で戻ってくるシーンこそ描写すべきだと思うんだけども。

スケットダンス
女の嫉妬こえー!逆恨みか。

サムライうさぎ

モズクが一番強かったのか。

勇者学
校長と杖がダブルーアーツw

ジャガー
続きかよwwww


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
少しばかり反論(?)です
エルーのような身寄りがない子ならシスターにならなくても
協会本部が身を預かるもんだと思いますけどね。
連れて帰っといてシスターになってくれなかったからと捨てる外道集団ではないでしょう。
まぁ確かに協会に助けられたわけですから感謝してシスターにならざるをえない感じもしますが。
「献身的な性格をしているわけじゃない」と言っていますが
それなら白い妖精の設定はどうなるのでしょうか?
エルーは自分から吸い取る旅をしてるわけなんですから
別に耐久が高いからと無理矢理沢山吸わされてるわけじゃありませんし。
献身的でなく寿命を縮めたくなければ隠れ宿にでもいて仕事を控えめにすれば良いのです。
確かに自分の命が助かる方法を示されれば助かりたいのは人として普通ですが
エルーが何度か行ってる「私が盾になる」行為と矛盾してることがあるわけです。
まぁ、だから傲慢だと言い切るわけじゃありませんが
私はエルーの言動に「?」になることが多いであまり好きになれないです

電話の構造は気づきませんでした(笑)
長文失礼しました(汗)ネット文になるとどうもこう長々しくなってしまうもので…
[ 2008/06/03 08:58 ] [ 編集 ]
ジャガーが「続きかよwww」
という感想持ってたのが自分だけではないようでwww
>>チョンポ
皮肉を皮肉であるとわからないと難しい。
まぁ、今までのここの日記を見てみればわかると思いますが
[ 2008/06/03 22:14 ] [ 編集 ]
>>チョンポさん
長文はお気になさらずに。私のほうが長文ですからっ!

私もエルーの言動に疑問を感じることが多かったです。その理由を設定と言動との隔たりに求めたのですが、その裏側に隠された古味先生の人間を描こうとする意図に気付き今週の感想を書くに至ったのです。

~献身的ではないのに「白い妖精」の通り名が付く理由~
その通り名を信じるのなら、エルーは自己犠牲を厭わない献身的な性格のキャラクターのはずなんですが、作中のエルーはどうみても自己の保身にばかり走っているように見えます。
一人目のガゼルの暗殺者を撃退した時点では、まだキリの特殊性はガゼルにはバレておらず、暗殺目標はシスターのエルーでした。エルーが本当に自己犠牲を厭わず、キリの安全を第一に考え、全体の利益のために行動できるのなら、エルーは協会にキリの存在を伝えた後、即座に手を離すべきだったのではないでしょうか。
隠れ宿でゼズゥから一旦逃走した時も、まだ許容量を残し人を助ける可能性のあるシスター数名を盾にして、シスターとして不能である自分は助かろうとしていませんでしたか。

>>エルーが何度か行ってる「私が盾になる」行為
作中、つまりキリと手を繋いでからのエルーは自らを犠牲にするような行為をしていません。あくまで自分だけは助かろうとしています。エルーは献身的な性格ではなく、非常に人間的な性格をしていると考えられます。

では何故「白い妖精」などという通り名が付いてしまったのか。キリと出会う前のエルーがシスターとしてトロイに対して積極的に行動したことが通り名の由来になったわけですが。
天涯孤独のエルーがシスターにならざるを得ないというのは推測でしかないのですが、不治の病に冒され、健常者として社会では生きていけず、類まれなトロイ耐性を持ち、親族知人を(多分)全てトロイで失ったエルーが、シスターとしてトロイに対して積極的に活動した理由は何だったのでしょうか。

現在のエルーの人間的な性格から鑑みると、エルーはこのとき自己犠牲の精神で行動していたのではなく、不治の病に冒された絶望から来る、自暴自棄の気持ちで行動していたのではないでしょうか。

このように考えれば、献身的な性格ではないエルーと矛盾することなく「白い妖精」の設定は成立します。
そしてこれらの事から浮かび上がってくるエルーの性格は、一貫して人間的であるということです。
エルーは傲慢でもなく、ましてや聖女でもないのです。
等身大の人間の心理を、真正面から描く古味先生の力量にはただ只管に脱帽するばかりですね。

>>與作さん
皮肉ですw

でもダブルアーツ第一話の感想は絶賛してたりするんですよ?
[ 2008/06/04 02:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。