気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ある日、爆弾がおちてきて 古橋 秀之、緋賀 ゆかり 他 

[ 2008/06/01 04:33 ]
SF=すこしふしぎ
ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
(2005/10)
古橋 秀之、緋賀 ゆかり 他

商品詳細を見る
広崎と長島って名前がデンジャラス。自重しろ!とか言われないんだ?
ボーイミーツガールものを集めた短編集だったのか。甘ったるくてゲップがでました。

おおきくなあれ
ボーイミーツガールものという括り自体が結構曖昧なもんですよね。男の子が出てきて女の子に出会えば成立ですか?"思春期の"が付く?
どちらにしろそんな定義だとエロゲってほとんどがボーイミーツガールものに括られちゃうのか。
難しいな。難しいのかな?

短編「おおきくなあれ」は正直エロゲだと思いました。だからこそ私にヒットしたようなもんだと思いますけど。ゴードン症候群って良いなぁ。広崎、長島並に不謹慎だと思うんですけどね。3日で治る痴呆症。過去に戻っていく相手から垣間見える自分への想い。
切ない話に絡めて書く事もできた設定なのに。(ゴードン症候群も難病に設定し直してね)
だのに、コメディ調でまとめてくれたのが好印象。

むかし、爆弾がおちてきて
騙されないぞ!60兆分の1で時間が進むのなら光だって反射せずに筒の中は暗闇に見えるはず。光がゆっくりになって事象の地平線とかできるんじゃないの?たぶん。筒の中に落ちる時だって爪先と頭で時間の流れがズレてしまって死ぬんじゃないの!?

とかは、思う。けどSFってのは少し不思議ってくらいでいいんだとも思う。だってそっちのほうが面白いんだもの。

60年前から止まったままの少女と、果たせなかった祖父の想い。主人公の感情は好奇心に寄る所が大きいけれども。けれども少女とただ会うためだけに壮大な旅に出る。
このダイナミックさだけでご飯三倍いける。
しかしボーイミーツガールものとして見るとどうなんだろう。出会った所で終わってるからねぇ。始まったところで終わっちゃった。でも私としてはコレくらいが好みってことで。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。