気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グレート・ギャツビー スコット・フィッツジェラルド 村上春樹訳 

[ 2008/05/30 06:08 ]
「みんな、私の行く手からうまくさっとどいてくれるわけ」
「要するに、誰かとぶつからなきゃ、事故なんて起きないわけでしょ」
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
(2006/11)
スコット フィッツジェラルド、村上春樹 他

商品詳細を見る
ニューヨークって大西洋に面しているんだと思ってました。いや、面しているんですけども。NYより東には海しかないと思ってました。

登場人物が皆エゴイスト。
エゴとエゴの押し付け合いの最期に残ったものがあの結末ってのは当然であるけれど、寂しいものですね。
最初は喜劇かと思ったんです。それぞれが思いっきりしたいことをする。コメディなノリじゃありませんか?でも喜劇も際限なく続けば行き着くところは悲劇なんですね。華やかな物語の最期に残るのは哀愁だけ。せつねぇ。

ニックも結構なエゴイストだと思うんですけどね。渦中にいながら傍観者を決め込んでいた。自分本位のエゴイスト。人に迷惑をかけようとはしなかったけど。「世間のすべての人が、お前のように恵まれた条件を与えられたわけではないんだよ」と親の教育の賜物だ。
皆エゴイストだったけれども、夢に生きた男ギャッツビーは。理想の自分を実現したギャッツビーはロマンチストと言ってもいいのかな。
しかしギャッツビーはどうやって成金になったんです?ヤミ酒・麻薬の密売?


映画も観ました。皆汗だく。男性化粧品の名前の由来になる理由が解った気がします。
しかし、映画って本当にダイジェスト版って感じですよね。映像は面白いんですけども、やっぱ心情描写とかは書籍のほうが深いわけでして。
トム・ブキャナンが想像通りの顔をしていて噴きました。
デイジーは、ローゼンメイデンのカナリアのイメージだったからなぁ…。
マートルはもうちょっと太ましくても良かった。
ニックは予想外だったけれど、案外シックリきますね。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。