気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オイレンシュピーゲル壱 冲方 丁 

[ 2008/05/22 00:50 ]
文体-----独特。
読みにくくはないけれど、小説というより絵コンテの端書・脚注の寄せ集めって感じですか。
想像力を働かせると、アニメーションになって動いている様がありありと思い浮かべられる。(キャライメージが原色バリバリってのも大きい)
想像できないと、読んでも面食らうだけかも。
オイレンシュピーゲル 1 (1) (角川スニーカー文庫 200-1)オイレンシュピーゲル 1 (1) (角川スニーカー文庫 200-1)
(2007/01)
冲方 丁

商品詳細を見る
オイレンシュピーゲル壱 冲方 丁
陽炎>>>>(越えられない壁)>>>>涼月=夕霧
個人的なお気に入り度。歌って踊れる殺人ミキサーの通り名の分だけヴァイスにプラス補正。優等生キャラすぎるのでシュバルツにはマイナス補正。
まぁ、そんな二人を差し置いて、クールぶりながらも歳相応な乙女チックな心も持っている陽炎が可愛いんだ。気に入った!

なんかもう世界観から設定からキャラクターまで全部が全部、良い感じに壊れている。やっぱこの作者さん頭のネジ飛んでますよね、良い意味での変態野郎!
悪ふざけとしか思えないほど壊れた世界の中に生きる彼女たちも悪ふざけのような存在だけども、彼女たち成りに生きているわけで。
一番可哀想なのが速攻で惨殺される犯人どもだよなぁ。身柄拘束なんて考えもせずに、即撲殺・射殺・挽肉に。人権意識なんて糞喰らえな世界だね。人権意識なんてものがあったら14歳の少女の体を改造して凶悪犯と戦わせたり、広告塔にしたりなんかできないしね。
一番壊れてるのはもちろん広報部。

これで舞台設定が2080年?
70年でそこまで世界が変わるかなー、とは思う。技術ウンヌンは70年でそこまで進歩しないだろう。人権意識もこんなに後退しちゃうもんなのかな。
70年後も相変わらずヨーロッパはナチスの幻影に囚われ続けているんですか。
まぁ、その辺は楽しければ良かろう。深く考えてもあまり意味は無い。
一番気になるのが日本に何があったのか、ですよ。
国はなくなっていないけど、領土と国民が激減?理由は戦争なり災害なり少子高齢化なりで。
しかし、文化委託って意味ないよね。名前を残すことに何の意味があるんだろう。そんなことにお金を掛けて、それこそ悪ふざけだ。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
日本が2080年に滅亡することはすでに
ノストラダムスが予言していたんだよ!!!!!!
[ 2008/05/22 01:01 ] [ 編集 ]
一巻はメインキャラの紹介に終始してるので、社会情勢や世界状況は二巻以降が詳しいザマス。
割と最新の世界情勢から作ってる世界観っぽいんで、そのあたり意識して読むと愉快やもしれませぬ。
[ 2008/05/24 14:35 ] [ 編集 ]
ケーブルカー火災って結構最近の事故ですもんね、と思ってググってみたら2000年の事故だったのにビックリ。

70年後の世界かぁ。中国が10億総高齢化社会とか愉快なことになってそうだな。公害が原因で長生きできなくてその心配なはいのかも?
[ 2008/05/27 03:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。