気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ネガティブハッピー・チェーンソーエッジ 滝本竜彦 

[ 2008/05/15 02:19 ]
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)
(2004/06)
滝本 竜彦

商品詳細を見る
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)  滝本 竜彦
青臭えええええ!でもすげぇよく解る。
もうちょっと若い頃に読んでいたら、間違いなく多大な影響を受けていた。
いや、この年齢だからこそ楽しめたのかも。当時読んでいたら、恥ずかしすぎて最後まで読めなかったかもね。

あの頃の鬱屈した気持ち、真綿で首を絞められるような窮屈さ。何も知らないくせに、達観しちゃっていて。ああ恥ずかしい。
私も敵が欲しかった。明確な敵が。何でも良いから何かに熱中したかった。
私は結局あの頃と変わってない気がする。変われていない。まだまだ中2病をこじらせたままさね。
何でもいいから一生懸命になれる事に出会えた人は幸せだ。


実もふたもない言い方をすれば邪鬼眼の妄想がそのまま形になっただけのお話ですけども。中2病を、あの頃感じた気持ちを、直球で題材にしたセンスは素晴らしい。
生きることに現実味がないのと同じくらい、死ぬことにも現実味を感じられなくて。若気の至りとか、自暴自棄とか言われてしまいますけども、当人にとっては必死で考えるに値する死活問題であって。
漠然とした虚しさの中、生きていく不安。

それこそ案ずるより産むが易し。挫折したって前向きに進んだほうが建設的だとは解ってはいるんですが。それでもその場で立ちすくんで動けなくなるんですよね。意気地なし。

生きていく事は、戦い続ける事。 頭では解っているんだけどなぁ…。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。