気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年ジャンプの感想(22・23合併号) 

[ 2008/04/29 05:01 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。


SASUKE
イタチのエピソードはMGSのザ・ボスのパクリ、らしい。MGSプレイしたことないから知りませんが。

なんでこんなにトビは語りたがるんだろう。つか、今更拘束ってw
それにそんなにタラタラ喋ってないで幻術でもみせたらいいじゃないか。

戦国時代、自国の領土拡大のために戦ったのが「国・大名」。その武力として闘争に明け暮れた戦闘狂の集団が「NINJA」か。
いや、まだ武力として組み込まれておらずに、国の乱れに乗じて私闘を繰り返していただけなのかも。一族単位で団結して抗争する。どっかの原住民みたいだ。

巻末コメ
忍者マンガを長年書いてきて、最近、忍者マンガっぽくなくなってきている気が…。後戻りはできません<斉史>
何を今更…。

ブリーチ
あれあれ?死ぬと着ていた服も霊子化する、って死体も霊子化して消えるってこと?てことは蒸発と死亡の見分けが付かない?
となると蒸発も立派な事件だと思うんだけど。

九番隊がカマセ犬にしか見えなくて泣けてきた。

ワンピース
ドアドアの能力使えば盗みし放題じゃね?犯罪行為はしないの?暗殺者さん。

シャボンティ諸島は世界政府お膝元の無法地帯。ここを完璧に抑えれば海賊なんて半減するんじゃない?それこそバスターコールで焼き討ちすれば、通行はマリージョア経由のみに限定されるし。
海賊の規制もできるし、独占しちゃえば通行税も取れるだろうし良い事尽くめな気がする。

11人のルーキー。シャッキーの横の挿絵を見ると最初は7本だった航路もRL横断時には5本に。その後どんどん統一されていき最終的に1本に。
確かにこれはトーナメントだ。かつてない壮大さのトーナメント展開に感心した。
でもやっぱ航路が確定している事は、冒険してる感がないって弊害があるよね。

トーナメントですから11人のルーキーの大半は潰しあうんでしょうけども、11人は多いよ…。七武海に四聖に三大将に11人のルーキーか。
これらを全てルフィに絡ませたり描写するのは勘弁してほしい。それこそ今以上に展開が遅くなる。

サバイバルのほうを活かして、七武海の未登場キャラも既にルーキーに何人か倒されてたりすると良いな。七武海がカマセに使われそうな気もする。「バ、バカな!?俺は七武海だぞ!?」って言いながら倒されるヤツ。
今までさんざ駒を並べるだけだったから、新世界突入を機にバトルロイヤル展開になって一気に話がダイナミックに進んでくれたりしないかな。
ああでも空島のサバイバル展開は微妙だったけども。

キャラ名紹介がオサレに。これが新世界クオリティ。
シャッキーの100倍強い発言とルーキーという単語からHUNTER×HUNTERを連想した。
新世界に行くには念能力の修得が必須とか、そんなんイヤですよ。

アイシールド21
猿VS鷹

リボーン
タイマンに拘るなぁ。

ぬらりひょんの孫
大増41Pってすげー。
星矢。聖闘士セイヤが流行った頃に生まれた子供がもう成人になってるんですよね。

化猫組…。街の支配を一任されていたのに余所者に追い出された。自分らは弱い妖怪なんで総大将に追い払ってもらおうと開き直っている。自らの責任は棚にあげてるよな。あんなヤツらに街を任せた総大将の責任もあるんだけど。

お色気サービスシーンがあまりに出し惜しみすぎて
        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄
嬉しいけど。ゆら可愛いよ、ゆら。
首無が女に甘いってのは服を上着を貸したから?

銀魂
スリを食い物にする黒スリの話。
どこかで読んだことあると思ったら「今日から俺は!」か。ベタですけどもね。
あのネーちゃんは何で攻撃仕掛けてきたの?

サイレン
あっちの世界に飛ばされた後って、結構直ぐに禁人種が襲ってくるんですけども。禁人種の増援とかはないのかなー。住み分けしてるのか。

雨宮の「えい」にやられた。「しゃばだっ」も捨てがたいが。

夜なのに真っ暗にならない世界ってどんなんだろう。地軸がズレてるのかな。

勇者学
テレビと会話。前回のエア会話のほうが難易度高いけど、地味にさびしいヤツっぷりに拍車が掛かった。
モザイクw

バリハケン
すげぇ字数…。
これって周りは既に正体に気付いていて、無茶フリをしてリアクションを見て楽しむ新手のイジメなんじゃないかと思った。

エムゼロ
記憶を消された生徒が可哀想だよなぁ。高校3年間打ち込んだことものが何もない人間の出来上がり。

こち亀
金持ちをバカにしてみただけのオチ。

ダブルアーツ
このエピソードは3話目くらいに欲しかった。スイの登場はその後に回しても良かったんじゃないか。

ダブルアーツ概要
世界に原因は不明だが感染方法が接触感染のみと判明している謎の奇病が700年前から何故か撲滅されずに蔓延っていまして、シスターと呼ばれる一部の女性のみが何故かその病気を触れることで抑えることができます。そのシスター達は何故か謎の暗殺集団に狙われています。
主人公は良くわからない性格をした何故か有能で、何故か手を繋ぐと人の力を倍にすることが出来る能力を持った少年で、何故か奇病に感染せずに病気の進行も止めることができます。
主人公は奇病の末期症状を発症したヒロインと手を繋ぎ病気の進行を食い止めながら、シスター達からの救援を待っています。

こんな感じ。1話目は良かったんですけどね。そこからドンドン謎を振りまくばかり。「何故か」が多すぎる。出し惜しみしすぎですよね。謎が多すぎて爽快感がない。
せめて主人公が感情移入できるキャラだったらなぁ…。

魔人探偵脳噛ネウロ
上手いな。「給食を運ぶような音」という表現に、ネウロが給食を知っているのかと違和感を覚えましたが。知っていたから拙いワゴンの音を「給食を運ぶような音」と言ったんですね。

スケットダンス
ボッスンはポロシャツを私服で着てもいいんじゃない?あっちのほうが合ってた気がする。いやとりあえず帽子が私服としてアレなんだ。

結城さんの最大の弱点は三白眼だと思う。カラーコンタクトすりゃ解決しますけど。
でもなんだろ、私的な意見ですけどカラコン入れて自分を良く見せようとするのは詐欺な気がするんです。メイクだって同じ事なんですけども。カラコンはちょっとなぁと思う自分が居る。なんでだろう。
カラコンつける人はそれこそ自意識過剰なアレな人が多いからかな。

仲良いなコイツら。付き合っちゃえよ。

ToLOVEる
モモが見た目どおりすぎてワロス。つか紫穂。

D・グレイマン
今更血程度でグロいと言われても…。

ヘタッピマンガ研究所R 村田雄介
おおおー懐かしい。好きだったなぁアレ。熟読したした。

前作と違って生徒がいい歳した大人って事が最大の違いなのかな。お金に目が眩んで動機とするあたりに結構リアリティがある。
ペンタッチの練習には本一冊をそれで遣い潰すくらいするといいよ!とか前作には書いてあった気がする。作者さんの考え方の違いなだけかもしれませんけど、勘ぐるなら今の時代に努力描写は受けないから省いたとも考えられますよね。

HUNTER×HUNTER
煙の粒子より小さい生命か。いや、より小さいんじゃなくて煙の間をすり抜けられるくらいの大きさか。どんくらい小さいんだろう。mol濃度とかそんな計算?モラウの煙が何で出来てるかわからないから計算のし様がないのだろうケド。
虫の形をしているのは念能力という概念的名ものによる具現化の結果なのかな。

パームの任務って事前に王を目視して、作戦決行時に能力を使い遠隔中継するんでしたっけ。

サムライうさぎ
データテニスを思い出した。

初恋限定。
どばっどばっ。

先週のアレでまだ見つかってなかったんだ?
逃げんな!

ポセイドン
この掲載順は…!
アクションを見るに、作者さんDB好きそう。

ジャガー
高菜さんに罵られたい。
ジャガーさん本当に何もしてねぇwwww

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。