気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年ジャンプの感想(21号) 

[ 2008/04/21 03:34 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想を簡潔に。


D・グレイマン
黒の教団ってどんな仕事してんだろう。

ブリーチ
雨竜の爺さんが実験体にされて殺された事(あれ?これって嘘なんでしたっけ?)の遠因は裏原にあった、と。
いいなぁ、若い白夜兄様。今のクールぶってる兄様が中2病に見えてきて可愛らしい。死神同士の横のつながりも見えてきて、こういうのは単純に嬉しい。

ワンピース
島の地表と上空程度の気候差で割れるシャボン球が海底1万mでも使用可能?

おー、死んだ?ベタな死亡フラグを立てていたけれど。
悪党が人を殺すことによってそのキャラクタ性を立てる材料としているけれども。今まで滅多なことで人が死ななかったマンガにおいて、非道にアッサリ人を殺すことは、そりゃインパクトがあるけれども。
でもそのインパクトを得られるメリットよりも、今まで人が死ななかったって不自然さのほうがデメリットとして大きいと思うんです。
なんかもう今更って感じ…。今までの人も殺せなかった海賊たちの株を下げるだけなんじゃ。

そもそも不殺、人が死なない事に対する批判ってのはバトルに於いてされているもんだとも思ってます。どんだけ殴り合いをしてもリスクが全くない。最悪の結果に至る可能性をさんざ否定することによって、意外性がなくなってしまっている。
そこが逆に水戸黄門的なお約束になり、長期連載をする上でのバトル描写のインフレを防止すること役立ってはいますけどもね。

物語の前半が終わり後半に突入した区切りによって、人殺しが解禁されたのかもしれない。これからは麦わら海賊団からもガンガン死人がでるかも知れない。
人死にが出ることが良いこととは言いませんが、緊張感がでるんでしたら歓迎です。

ただ、なんかもう本当に今更…。名探偵コナン君の周りである日突然殺人事件が起きなくなるような
不自然さはぬぐいきれないと思いますけど。

リボーン
笹川兄連戦。

アイシールド゙21
一休は本当にベジータに似てる。

ポセイドン学園
ポセイドンVSハーデスね…。こんなところで聖闘士ネタやられても嬉しくともなんともないっ!

ぬらりひょんの孫
今まで結構流し読みだったんですけども。女の子がさらわれちゃうとか、ベッタベタだな!とか言いつつも何だかんだで楽しんでいる自分が居る。
貪狼の殺戮描写もハッタリが利いていて良い。ネズミならいくら殺しても構わないぜ、ヒャッハー!

こち亀
世界中のモノの規格が人間を基準に作られているから、それを人間に代わって操作する必要があるのならロボットは人型でなくちゃいけない。
運転だけに特化したロボットなら人型にする必要性はないんだよねー。

剣道ロボットはドタバタコメディとしてなら面白かったけど。

サイレン
単純な戦闘力だけならばライズが最強?
朧の復活はえー。

ToLOVEる
ぱふぱふってDQとDB以外じゃ聞いた事なかったなぁ。

勇者学
「が」の人は輪月円?

部員募集掲示板の囲碁部とテニス部が笑えたw
なんだこの新キャラは。セリフ多いよ、ゴン。

ダブルアーツ
スイは只の街娘ではなくて、武の民でした。また広がった世界観。広げすぎ…。

キリの能力
第一感想 地味だなー。
第二感想 俺たちの戦いはこれからだ!よっしゃあああああっ!ができそう。

第三感想 よくよく考えると糞強くね?
100人の力がそれぞれ100倍だから、10000倍の力が対象に掛かるの?
1万人くらいで手を繋いでジャンプしたら地震が起きるんじゃね?恐ろしい!ジャンプしたら宇宙までいけちゃうかもwwww

キリのアザはエルーの寝相の悪さが原因でした。なんだ、先週の妄想が恥ずかしいじゃないか。
しかしエルー寝相悪いな。足がスゴイ方向に伸びてるぞ。

サムライうさぎ
何故か今週はギャグが悉くツボだった。何故?w

バリハケン
あ、みなみけポスター。良いのかこれ?
俺はこの"かつあげ通信"を"かつあげ番長"と読んでいる。
しかし薄っぺらい主人公だなぁ…。

銀魂
あの足は定春のだと思ってた。

エムゼロ
ルーシー>>>観月>越えられない壁>愛香

HUNTER×HUNTER
どっかで見たことあるなぁ?あの変貌。でもハッタリが効いてて良い。

ああ、ヂートゥ追悼。
なんだっけ新能力名。

魔人探偵脳噛ネウロ
みんな考えることは同じだ きゃっきゃっw
ジェニュインの持つ鞭が男性器にみえた。
一ページでハンバーガーを食いきるヤコに感服。

スケットダンス
スケット団って部費を何に使うんだろう。

おばあにゃん萌える。こういう話って作ってる時の雰囲気が楽しいんだよね。創作にありがちな落とし穴。後からストーリーだけを聞かされても何も面白くない。
グダグダしながらもあの雰囲気を再現したのはお見事。

初恋限定。
兄弟ってイイヨネ。

ジャガー
どんどん崩れていくピヨ彦の名前にワロスw

ペナルティのほうが強力なのに、ペナルティメインで攻撃をしかけてこなかったことに矛盾を見つけ嘘だと見抜くのがバトルマンガ。信じちゃうのがギャグマンガww

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
ワンピース

よく見れば分かるけどあれ死んでないっすよw
僕なんかあんなことされてもまだ死なないんだ!
って逆に尊敬しましたもんw
[ 2008/04/21 19:45 ] [ 編集 ]
あいつ助かるかな?

確かに確実に死んだ相手を見たのならそんな心配できませんもんね。ルフィたちが見届けた時点では助かる可能性があった=死んではいないって事ですか。

ははは、すげーすげー(棒読み
[ 2008/04/21 23:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。