気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人類は衰退しました 田中ロミオ 

[ 2008/03/15 00:09 ]
この本はある意味聖典。
人類は衰退しました (ガガガ文庫 た 1-1)人類は衰退しました (ガガガ文庫 た 1-1)
(2007/05/24)
田中 ロミオ

商品詳細を見る

生命の誕生から人類の終末まで。全能の存在と人間との関係、更にはある種のユートピアまで描かれている。
内容的には聖書と遜色ないんじゃないか。それは言いすぎですけど。

特徴は非常に退廃的なこと。ある種の答えが書かれている。万物の霊長の座を自ら去った人類の、黄昏の楽園。謙虚に生きる人々。そんなの人間じゃないと思えるけれども、もしも世界が作中で示唆されたようなものだったとしたら、そんな気分になってしまうのかも。
後ろ向きであるが故に争いが起こらずに平和な世界。理想郷かも知れない。

非常に心を惹かれるモノがあるのだけれども、やはり現実世界の物質文明に生まれた私としては到底受け入れることはできない。お陰で酷く気分が悪くなりました。読後感最悪ですよ。

この主人公。名前が明言されてないんですね。誰でもないけど、誰でもある。心に後ろ暗いところを持ちながら表面は綺麗に取り繕う。現代人的だ。 それを主役に添えることで、世界観を伝えやすくしているんですね。上手い手法だ。

クビキリサイクルを10代の頃に読んでみたかったと言った私ですが、この作品は10代の頃には絶対読みたくないです。出会わなくて良かった。
私じゃなくても、10代には読ませたくない。学級文庫なんかに並べさせたくない。
そこまで解っていながらあんな後書を書く作者さんは非常にブラック。

西尾維新の作品が中2病思想を悪化させる毒薬だとしたら、この本は中2病思想を心酔させる麻薬。
非常に性質が悪い。重ねて言うけれど、読後感最悪です。

ライトノベルでありながら、思想書であり、宗教書でもある。こんなんにハマっちゃダメだよ?

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。