気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近買った本その6 

[ 2008/02/23 02:06 ]
国民クイズ story 杉本伶一 art加藤信吉
昔々、円が世界で一番強かった頃の物語。
国民クイズ体制が最も優れた政治体制なのか。世界中の国が国ク体制になってしまったら戦争しか起きないよね。世界中を巻き込んだ資本主義の更に行き着いた先が、勝者1国による国民クイズ体制ってのはありえるかも。それが作中の世界ですけどもね。

痛烈な批判と風刺に塗れた救いのないお話。あの話のオチを救いのあるものにすることはできないと思う。それこそ人類全体の成長だとか、眉唾モノな宗教的なインチキがかったモノを持ち出すしかないですもんね。

スケットダンス 1~2巻 篠原健太
セルフライナーノーツ(要は端書)で制作秘話を語ってくれるのは嬉しいんですけども、表現中の「面白い」という言葉の多さが気になった。
「そのほうが面白いと思って」「結果、面白くなって良かったです」とか。
面白いと感じさせることを読者に強要しているような、ね。

99ハッピーソウル 大岩ケンヂ
こんなに我が強い作家さんだったんですか。

World Embryo 1巻 森山大輔
年上女性キャラを配置しまくってバランスを取った結果メインヒロインが2歳児になりました。糞バロスwwww
有栖川レナの不遇っぷりは気になっていた。良い場所にいるのに冴えない。可哀想なヒロイン。

STEEL BALL RUN 14巻 荒木飛呂彦
どんな発想すれば左側失調なんて思いつくんだ。

涅槃姫みどろ 1巻 原作 大西祥平 漫画 中里 宣
厄いわね。これはギャグだろぅ。ホラーを期待して読むもんじゃなかった…。

聖闘士星矢 冥王神話編 7巻
マニゴルドー!蟹ィー!
嘆きの壁に出てきたキャンサーはデス様じゃなくてマニゴルドだった説。

ユズリハまで聖闘士になっちゃった…。前聖戦生き残ったのはシオンと童虎のみなんですよね。うへぇ、やめてくれぇ。

まりあほりっく 1巻 遠藤海成
女装美少年に引かれて購入しましたが何か?
主人公の宮前かなこ。ガチレズ。何でコイツはこんなウザいんだろう??

ももいろスウィ~ティ~ 1巻 ももせたまみ
一応夏海って主役級のキャラだったんですか。屁をこく主役。そら人気でないわ。
母の歯科医設定も知らなかった。サエコさん家政婦だったのね。姉妹だと思ってた。
ひろこ先生の乾きっぷりが良い。女の子にモテモテ。

タビと道づれ 1巻 たなかのか
眉毛太い娘可愛いよ。
犯人は航ちゃん。とみせかけて、やっぱタビが原因なのかね。
心の成長を描く物語だとしても、心と直結した世界のなかでなら気持ち悪さは感じない、かな。

螺子とランタン 桂 明日香
私は法螺とランタンだと思っていた。
ロリコンって気があまりしないのは何でだろう。幼女を大切に想い、幼女から大切に想われるってのは正常な関係なんじゃ?とか思っちゃう私はやっぱロリコンなのか?
ニデルは幼女だから好き、なんじゃなくてココの人柄に影響を受けてるわけでしょ。

ショタアーサーと姉御肌メイドノラの関係も好き。

獏-BAKU- 1巻 びっけ
少女漫画。ごめんなさい、これ読めない。うぅ。

HELLSING 9巻 平野耕太
詮ずる所全ては餓鬼の喧嘩さねぇ。
死にたきゃ、勝手に首くくれ。50年前に首を括れ。
それはできないんだろうけどなぁ。迷惑な奴らだ。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。