気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年ジャンプの感想(06・07合併号) 

[ 2008/01/08 04:52 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想を簡潔に。



って、いつの間に発売されてたんですか。コンビニ通わないから買い逃してましたよ。
赤マルジャンプは1月12日発売ですか。8号が21日ね。把握。

NARUTO
見開き表紙中央のうちわ周辺のよく解らないデザインが、勇者学の河野の服と謎のシンクロをしていて笑った。

マンガと絵コンテは違うだろうに。絵コンテ風にマンガを描くという作風なわけですけれど、アニメーションは製作会社に丸投げなわけで。
アニメでは超動きます!でもマンガは絵コンテ(下絵)です!
それってマンガとして問題じゃないですか。

後だしジャンケン対決。
うわー、殺されたー。でも幻覚でした。
緊迫感のカケラもない。何が出来て何が出来ないのか。属性うんぬんじゃなくて、出来ることと出来ないことのルールを設定してください。都合よくチャクラ切れとか言わせないで下さい。
なんでも幻術でした^^で済ませていると、本当に殺すときに「何で幻術使わなかったの?」って疑問をもたれることになりますよ。なんかジライヤの時にも同じ事書いたなぁ。
チャクラ切れなんてあってないようなものですし(デイダラとかサスケとかナルトとか)
戦闘の駆け引きなんてあったもんじゃない。ただ派手さを求めただけの内容なんて何もない戦いじゃないですか。後出しジャンケンの真剣勝負を見ても面白くもナントモないですよ。

で、その派手さもアニメには向けての下書きなワケで。岸本先生にはアニメの要素を取り入れつつも、マンガでしかできないような表現に挑戦してほしいですよね、マンガ家なのでしたら。

ワンピース
ニキュニキュの実の肉球人間。
あらゆるものを弾き飛ばす肉球人間かぁ。なんか直感的に解りにくいなぁ。
瞬間移動の能力はまた別ですよ、ね?大気は光速(笑)で弾き飛ばせるみたいですけど、敵はともかく自分が光速で弾かれたら加速と摩擦で死ねますもんね。
ああ、こうなるんだ↓

『光の速さでケツからうんこ出したらどうなるの?』を物理学的に考察するスレ
リアルな話すると多分お前の住んでる大阪が消し飛ぶ
光速でウンコほどの質量(約200~300グラム)の物体が動いたら想像を絶する衝撃波が発生する
ましてそれが地表と激突したら地球がヤバイ
お前のウンコで地球がヤバイ

隕石と同じように考えると、
垂直に地表面にぶつかったとき、
直径5kmのクレーターができて、
ぶつかった地点から半径110km以内は衝撃波で吹き飛ぶ。


くまヤバイwwww

BLEACH
作者からどんだけザルエルアポロは愛されてるんだ。
死をサイクルに取り入れる究極の生物ってのは良いね。で、なんでコイツがエスパーダのトップじゃないんだ?
攻撃力不足?アポロ以上のエスパーダは人形も作らせてくれないのか。

不死身への対処法はなんとなくトグロ兄を思い出させる。結構違いますけどね。
でも超人薬って要するに神経毒じゃ?分解できそうなもんだけども。
アポロは完全に自らを複製できる能力でしたら、コピー、バックアップを作って置いてもよかったですよね。たぶん、1度しか複製できないとかそんな制限がついてるんでしょうけど。それなんてコピーワンスwww
バックアップさえ取って置いて別のところに隠しておけば、あんな薬にやられることもなく。
っていい加減ザルエルアポロはしつこかったんでここらで退場してもらっても全然構わないや!

銀魂
スタンド使いワロス。
スタンド使いは杉本玲美が見える。杉本玲美は幽霊。つまりスタンド使いという言い訳は言い訳になってなかったりする。

リボーン
なんか90年代前半のジャンプに出てきそうなヤラレキャラの顔だなぁ。

読切 うろおぼえウロボロス
原作 西尾維新 漫画 小畑健
 
戯言シリーズの人が原作者ですか。つっても読んだことありませんが。ライトノベルで面白いと評判を聞いて、手を出してみようかと思ったんですが空の境界でゲンナリしちゃってそれっきり。でも読切は面白かったから戯言シリーズ読んでみようかしらん。

読切用の書き下ろしシナリオですよね?
主人公柿崎の強さの理由はスッパリ省略してますけれども、それ以外は出し惜しみ感がなくて好感が持てます。強さの理由についても、逆にこれだけ何も触れないでいると、そーいうものなのかと脳内補完が効いてしまいます。

「なんでも世界一」なキャラ設定や「返事はイエスでいい」や心の中での軽いツッコミやら、噂好きの友人小山と柿崎との会話のやり取りなど。セリフ廻しと言葉遊びのセンスが面白いです。
背中を見せて戦うシーンなんか絵的に面白いアイデアですよね。センス良いなぁ。

ウロボロスが誰なのかは簡単に読める展開でしたけれども、何故うろ覚えなのかの理由付けが主人公のキャラに沿っていて、単純な正義のヒーローではないけれども、独特な思考のヒーロー像を作り出していました。

妹がとにかくウザかった!いなくちゃ話にならないんですがね。

絵柄というか、画風というか。もう少しファンタジー要素を抑えて現代よりにしてもいいんじゃないですかね。ファンタジーな小物や風景が書かれていても、ストーリー上活かされないんでしたら、主張が強すぎてウルサイ印象になりますんで。

スケットダンス
写真撮る前に治療しろw

今回はヒッタクリ捕まえられてよかったですね。
ギャグとしてあえて描いてるんでしょうけど、ホントボッスンはパっとしないなぁw
「うあー 集中したぁー」 「何がっ!?」

私がボッスンの特技と聞いて、集中力の次に思い出したのが絵が得意な事だった件について。
ああ、そういえばスリングショット得意でしたね。えっと、スリン・・・ナニ?パチンコでしょ!?
卑屈な主人公にクソワロスww

前半スイッチが黙ってたのは後半へのフリとは解っていましたが。美味しいなぁ、スイッチ。

アイシールド21
ヒルマスルーで何度か引っ掛けて、ヒルマへのマークが切れたところで折れた手でヒルマがパスをするお涙展開。って誰でも予想できるか。

サイレン
「フフ… 知ってるに決まってる…!!! なんでもクソもない…!!!」
なんというデンパ。でもそこがいい。
デンパとしての雨宮は認めます。でもこれはヤンデレじゃない。病んではいるけれど、デレがない。愛がない。(将来的に恋愛要素が絡めばヤンデレになる素質がありますけれども)
岩代先生はまさかこれをヤンデレのつもりで描いてはいませんよ、ね。

/^o^\フッジサーン
ちょっと絵が写実的とは言いがたいので、富士山がギャグに見えました。
そも、あれが富士山に見えなかったり。

で、ともかく舞台が未来の荒廃した日本ということで決定ですか?
テレカを使って電話をした時点で、どうにかして自分の複製が作れるほどのデータが取られていて、その複製が未来の日本で作製されたとか、そんな設定?砂になって消えるのは、複製の素材に砂が使われていたためとか。
と、考えてみたけれど、雨宮は失踪してたんですよね。

マディ
お風呂入ったら酷い(グロい)事になりそうだなぁ。冒頭のお風呂の件は伏線かと思いきや何事も無く。
マディの体が折れる心配してましたけど、折れる事に何か問題が?
キメラの学問についてもそうですが、もう少し細部にまで設定をしておいてほしいです。出来ることと出来ないことの区別がないのって物語として問題だと思いますので。

マディのアホヅラかわえー。
このほのぼのさはジャンプマンガとしては珍しいと思いますが、これだけじゃ生き残るのは難しいような。

テニスの王子様
乾は何がしたいんだw

無我の境地の大放出で思い出しましたけど、越前て直前まで記憶を取り戻すために試合しまくってるんですよね。スタミナ持つのか。

オーラが目視できるとかはもうツッコミドコロですらなくなった。

ポセイドン
先週と同じネタを1P目にもってくるとか、早くもネタギレの匂いがユンユンする。
大体、学園モノのはずなのに2P目のネタも宇宙人モノで学園カンケイないとか。

で、これがペンギン枠で保護されていて1クールは確実に持つんですか…。

魔人探偵脳噛ネウロ
ちょっとご都合主義展開が目に付いた。
オッサンの知り合いの自衛官が居合わせるとか。いや、オッサンは計算で割り出したのか、知り合いの自衛官がどこにいるか。そこにたまたまヤコがいた、と、信者補正してみる。

んでも、強制排水はやりすぎだったような。そりゃ確かに、水が引かないことには救助も思うように進まないんでしょうけれど。現在進行形で救助中の人がいるのに、その環境を有無を言わさず変えるのは、二次災害を引き起こしかねないですよね。二次災害が起きないことも計算ずみ?

オッサンは本城刹那のパパでした、と。刹那が患った悪意の塊のような病気。だいぶ前から予想されていた伏線が見事に回収されましたね。
でもなんで、本城博士がヤコの事を知ってるんだ?

本城の話が気になってしまって、正直笛吹はどうでもいいかな^^;ごめん!

K.O.SEN
孝紀がいちいち可愛い。
ライバル覚醒。女々しいライバルかと思わせておきながら、案外王道のクール系ライバル。
1回捻り入ったぶん、ありきたりなクール系も素直に楽しめそうです。

こち亀
予想
今年中に両さんが纏に「結婚式の仲人をやりたいから結婚してくれ!」って頼む話がある。

初恋限定。
妹かわえー。

サムライうさぎ
ボロ負けして嘘までつけと脅された。切腹モンだろ。武士なら特に。まさか嘘はつかないよね?

D・グレイマン
あんだけ強襲ができるんなら、ノア全部集めて教団本部に殴りこみかければいいのに。

ToLOVEる
忘れてたわ このコ運動が苦手だって事・・・
ひでェ友達だなぁwww
古手川と凛が登場するだけで、私は満足。

勇者学
商品の説明文は面白い。結局みりん出たし。

エムゼロ
九澄はルーシーの手伝いしてあげようぜ。フラグたてようぜ。

コクハに殴られてヤンキーどもはC組からF組まで吹っ飛んできたって事?

ムヒョ
絶賛足の引っ張り合い中。
つか、展開はえー。

ジャガー
酷い映画だw
無我野喬至先生はもはやすっかりこの時期の風物詩。よくぞここまで仕立て上げたもんですね。
銀魂の4周年記念は今年も真っ白から始めるのかしらん。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。