気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近買った本 その5 

[ 2007/11/09 01:34 ]
未来日記 4 (4) (角川コミックス・エース 129-8) 未来日記 4 (4) (角川コミックス・エース 129-8)
えすの サカエ (2007/10/26)
角川書店

この商品の詳細を見る

未来日記 4巻
表紙にも登場しつつ、パンチラまで披露した日向があっという間に消えたのには流石にビックリした。

行動基準は明確だけれども、それゆえに予想外の行動をして私たちを楽しませてくれる由乃が素敵すぎる。でも由乃の愛は重たいよねぇ。邪魔者は排除しようとするキレ具合。私じゃとても受け取れ切れない。
私の好みとしては言葉様のように、1人で黙々と先鋭化していくヤンデレのが好きです。
その強烈な愛を受け止められないと拒絶もする雪輝の気持ちはわからないでもないんだが、状況が状況とはいえ、こいつも伊藤誠なみに煮え切らないヤツだなぁ。
殺人ゲームに参加していて、一度ならず4度くらい?は命の危機にさらされたくせに、自発的な行動を全くとらないとは。
凶暴性、ストレートな感情を由乃が発現してしまうから、雪輝の性格は更に内側に向かっていってしまっているのかもね。
悪い意味で由乃に依存している。

以下ネタバレ。
4thが何を考えているのか。9thは逃がして10thは殺す。10thのほうがもうゲームは諦めていたのにねぇ。9thも9thで絶好のチャンスでユッキー達を殺さなかったり、もう敵になりようがない気もするけれども。

一番解らないのは、秋瀬或。探偵とはいえ、高校生のアマチュアでしょうに。それなのにあの理解力と、あの勝負強さ。日向に命を狙われているからハッタリで勝負せざるを得なかったとはいえ、なんというか、キャラとしての現実味、人間性が非常に乏しく本気でよく解らないキャラでした。
なんか由乃に殺されそうだな、コイツ^^

ああ、それと日向。ホントに友達が大切なら、犬けしかける前に救急車呼んでやれ。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。