気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

shizuoka109に行ってきました。 

[ 2007/11/08 19:43 ]
遅ればせながらshizuoka109に行って来ました。

静岡パルコが出来た時にも用事もないのに行ってみたり。私ってばミーハーだなぁ。しぞーか人気質ってヤツですかね。

特に買い物をする予定も無かったのですが、オサレな服ばかり売ってる中に何故か存在するというフィギュアのディスプレイが痛々しい店がヤバイ!と評判だったのでどんなモノかと実見してきました。

「そんなスゲー店ならジャージで行ってやるよ」と大言も吐いてみましたが、「ガラさんそれだけは止めてwwww」と自重を促されたので、私なりの精一杯のオサレをして行ってきましたよ。もちろん1人で。


で、感想。
どんだけ濃くて痛々しいアニオタ向けの店かと期待していましたが、何だフィギュアって、リアル系の人形の事ですか。
でもリアルドールっていうと、ダッチワイフの事になるという罠。

スーパードルフィーって言うんですか、アレ。 ああいう系は興味ないからナントモ。
店の3分の1はそんな感じ。もう3分の1はアニメ系のフィギュアとかプラモデルとか。でも品揃えはガンダムとかFFとかローゼンメイデンとか涼宮ハルヒだとか、有名どころが多め。エロいフィギュアもありませんでした。
可動式のアクションフィギュアって言うんですっけ?アレは。そういった手合いのものが多かったような。
すごい目に付く所にセイント星矢のアクションドールも置いてあったんですけど、リザドのミスティとか名前も忘れちゃったような白銀セイントが4人ほど。あの品揃えは何なんだろう。他のもありましたけどね。でも白銀セイントが一番目立ってた。

お店の残り3分の1は、工作のキットだとか材料だとか。こういう専門店は珍しいんじゃないんですかね。よく知りませんが。でも、ネット通販で済むことだなぁとも。

話題性以外であの場所にわざわざあんな店を出した意味がよく解りませんでした。前述したとおりオタ系フィギュアの品揃えも良いわけではなく、しかも行き辛い場所にあるという。
ゴスロリな人がスーパードルフィー目当てでいくのかなぁ?
ゴスロリ=スーパードルフィーって偏見?
工作キットにしても、そこまで需要があるもんでもないだろうしなぁ、って感じでした。
総括として、微妙な感じ。



でだ、あんなに綺麗でこざっぱりした店で「ヤヴァイヤヴァイ」言ってる様な人らは、向かいにあるアニメイトには行った事ないんだろうなぁ、って思いました。
コミケとか行ったら卒倒するのかねぇ。

とか言いながら、実は私、コミケ行ったことなかったり。秋葉原も行ったことないんですよねー。大阪の日本橋なら行ったことありますけども。
よし、秋葉原に近いうちに行ってみよう。来年内くらいにはっ。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。