気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の週刊少年ジャンプの感想(47号) 

[ 2007/10/23 03:32 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。


web拍手返信。
18日12:56
ああ、彼の濃そうですもんね。ネチネチしてそうですもんね。

22日21:35
カレー風味な甘い食べ物=アメー



広告
織姫がネギ持ってる。まさかあのシーンがあれだけ(一部で)有名になるとは、製作者も思わなかったろうなぁ。

P2!
もう一年も連載してるのかぁ。早いものだ。P2!って何だかいつまで経っても新連載って気がするのは私だけ?

ゼロバウンドが実際には極小に跳ねてると、これがかえってやっかいだ。・・・・つまりどういうこと?
あー、精密な狙い撃ちができないってことなのかな。うん、多分。

遊部の使った汚い手とは、新しいラケットを相手が試合前にチェックしてない事を利用して、ラケットのフォアに接着剤で砂を付けて回転が掛かりやすくしたとか。それなんて小金井。

ワンピース
タイマンバトルじゃなくて、待望の連携プレイを駆使したバトル。
でもなんか燃えない。なんでだろう。思うに多対多(今回は1対多だけど)バトルの醍醐味のごった煮感がないからかなぁ。アイデアはすごいんだけれども、お行儀よく連携しすぎというか。

ローラって船長だったのかw
ブルックみたいな実力もあってモリアに因縁もあってゾンビの弱点も知ってるようなヤツを、海に流すだけで安心していたり。島内にもモリアに恨みがあって、更に能力の秘密も知ってるようなヤツを野放しにしているのは、モリアの危機管理能力に問題があるんだと思う。能力を過信しすぎての、慢心だよね。

銀魂
銀さんは今後ヤクザの報復に怯える日々が…。

リボーン
バカか!バカ!バーカかおまえは!!!
すげぇ悔しそうw

NARUTO
先週のバトルは様子見じゃないの?と穿った見方。様子見しないと言ったのはガマケンさんへの方針説明よな。

で、円とかwwww
結界忍術ですかそうですか。

増幅口寄せ(?)に縛られたワン公が殴られるたびに増えるという描写をせずにセリフだけで説明するのはいかがなものかと。塔の概観を書いてお茶を濁すのは手抜きと言わざるを得ない。

1人では本来在り得ぬチャクラの性質変化6通りの全てをやってみせた。
輪廻眼=エンペラータイム

ジャンプSQ
TVでCM見たんだけど、なんかムカついた。なにが「ジャンプスクウェアを検索しないでください。」だよ。
実は私もああいう発想ならよくするんです。ムカついた理由は同属嫌悪がまず第一か、な。
ああいう発想してもすぐ他の人に制止されるし、それを実際にする度胸が私にないってのもありますが。
で、実際にああいうのを見ると、インパクト以上に不快感のが強く残りますね。なんか意地でも検索したくなくなりましたもん。

ああ、それで同じ調子で謝罪CMでも流したら効果的かも。「ごめんなさいジャンプスクウェアで御検索なさって下さいませ」くらいへりくだってさぁ。

アイシールド21
ホモうぜえー。

なんか緊張感がないなぁ。セナたちが蚊帳の外にいるような。
モン太が走るコマ、ガオウが何処に居る?

初恋限定。
14歳に結婚を迫るこの男は間違いなくロリコン。

ワキャワキャとした中学校生活感がいいな、コレ。悶々とした中学生が見るような夢物語のような生活感。まさに私とかが。

女子の学ラン姿はソソルけども、ハチマキも忘れちゃいけませんよぃ。
で、チアガールの衣装は結局1着しか完成しなかったの・・・?

勇者学
火野木って魔法執行部支部長と見た目ソックリなんだ。魔女っ子って設定もか。
あれ?もしかしてパロキャラだったりしたわけ?

エムゼロ
そうだルーシー。こんな時こそルーシーが役に立つじゃないか。 マンガにケータイを出すと便利すぎて使いどころに困るのと同じで、便利すぎるキャラってのも出番がなくなるのね。

レース中(5分間)は4F廊下立ち入り禁止にしないと危険だなぁ。だいぶ傍迷惑な出し物な気がする。
あれか、4Fを貸切、レース専用にしてもいいくらいに人気がある競技なのかもね。クディッチみたいに。

犯人の仲間(?)はすごく目立つ格好。どうにも犯人の行動・目的が明確じゃないせいでスッキリしないなぁ。きっと裏に真の目的があるんだろうけど、それが気になりすぎる。

ゼリー状瞬間(アフファロン)という名前に商標の使用をめぐる水面下の駆け引きが編集とあったんじゃないか、と予想。

ブリーチ
もはや刀じゃねー、というツッコミは何度目か。

ノイトラ様が小者にしか見えない。小者くさい癖に、強者設定ってのが魅力だったのに><。

ペッシェと石田って仲いいよなぁ。

ホロウが仮面を付けるのは、弱い心を守るためであって、ホロウにとっては仮面が弱点とかそんな設定でしたっけ。
んで、破面はその弱い心を克服したとか。
ペッシェ達は、元ホロウで仮面を無理やりはがされたけれども、死なず。んで、破面になったけれどネルの手前、ホロウのままのフリをしていた、と。
あれ?GJJJの過去エピソードの破面の作り方とは違う気がする。まぁ結果面が破れるんだからいいのかな。

で、ペッシェ達は破面になって刀を持つに至ったと。セロまで撃てるし。
ドンドチャッカなんてあの形状の刀って事は、刀剣開放までできるわけか。
うーん、意外と実力者。でも始開できてもザコはイッパイいるしなぁ。仮にも十刃のザルエルアポロには勝てないだろうなあ。

魔人探偵脳噛ネウロ
裏切り君のマンガの周りにトーンが張ってあるのは再生紙を演出しているのか。

ネウロの体が可変可能とはいえ、ヤコのクビを余裕を持ってつかめるってのは大きすぎっ。
そして石垣がことごとくウゼー。推理どころか犯人さえ蔑ろじゃないか。

殺された勝俣トンペイも店の常連だったらしく。彼が店で何をしていたかが鍵になるような気がするんだけども。まぁよくわからない!

サムライうさぎ
拝領屋敷を損壊させた部下が、殴られて鼻血をたらしながら、それでも伍助に切りかかろうとしている状況を見て。
それでどちらも処罰せずに去っていくなんて、説得力がない行動は館主としてダメだと思う。

ToLOVEる
え?血の繋がってない年頃の妹とか、そんな素敵な設定なの?
で、おにいちゃん大好きとか、そんな素敵な設定なの?

HUNTER×HUNTER
感覚器官のどれをもってしても「感知」は不可能な位置
もしくは察知? 到達って言い回しが変な気がした。

ゼノ=ゾルディックktkr。竜はドラゴンヘッドか。
休載前から突入直前と散々言っておきながら、今回ようやく突入したわけですが。もったいぶった展開しているけれど、期待を煽る緊張感のあった展開が上手いですよね。
ああ、ちくしょう。来週が楽しみだ。

テニスの王子様
不二やら手塚やらのプレイの凄さ以上に仁王の凄さに観客はもっと驚くべきだと思うんだ。
ボケに対して誰もツッコまない。ボケ倒しの気持ち悪さを感じてしまう。

こち亀
何この女子寮。
人から借りたものを勝手に私物化して、一月以上使い倒した挙句、返還を求めても拒絶。レンタル料を取ろうとしたらケチ扱い。根本から腐ってるなコイツら。
建物の周りの電磁シールドのせいで頭やられちゃってんじゃねーの。女子寮に必要なのは電磁シールドじゃなくて、ヴァーチャルウォールだと思う。^^

D・グレイマン
クロちゃん生きてたー。

スケットダンス
大体こんなんなる漫画ちゃうかったやん!!!
芸風が古いと思う。タイムスリップとか、人格入れ替わりとかもやっちゃうかもね。でも古典的だけど王道よなぁ。ベタだけど面白く思うのはキャラが活きているからか。

人気投票したら、スイッチに票が集まるのは解る。私も好きだから。でもロマンちゃんに票集まるかなー?女キャラなら桃香じゃない?私が好きだから。

オチが、これは怖い。来週にはリセットされてるだろうけどもねぇ。

ムヒョ
10年で60人か。無事生還できても10年前の被害者は悲惨だなぁ。

ベルモント
あそうか、刺客は全員殺したのか、ベルモント。露骨な死体がないから実感はないけれど、結構人殺すマンガよね。

ジャガー
よくあんなん見つけたなぁ、ジャガーさん。
クヤシスは怖いよ・・・。可愛くは見えないなぁ。なんだあの生物。
ヒーヒヒヒヒヒ。

目次コメント
コミックスのあらすじの文章を書く人って編集なんでしょうけれど、そこのミスを黒塗りしといて下さいって頼むだけで済まそうとする尾田先生のコメントに久保先生に対する嫌味を感じてしまう。
あらすじの文章を書いたのが尾田先生自身でしたなら、余計なかんぐりですけどね!

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。