気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の週刊少年ジャンプの感想(45号) 

[ 2007/10/10 15:22 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。


祝・ハンター×ハンター連載再会記念。
私がこのブログでジャンプの感想を書きはじめた頃にはもう休載していたんですよね。てことは最後に掲載されたのはもう一年以上前ってことになりますか。
休むほうも休むほうですが、待つほうも待つほうですよね。
待ってましたが!

リボーン
髑髏ちゃんの得票数が郡を抜いている。得票数2位の雲雀の2倍近い。そんだけ髑髏ちゃんの可愛さは認知されているわけだな。
ところで、イーピンってそんな人気キャラでした?ラルミルチが2位なのも意外。
そして、リボーン不人気wwwww

グロ・キシニアのメイン武器が触手巨大イカとか、もうエロい事しか期待できない。本編ではもうこれ以上の描写はないにしても絶対エロを描いてくれる人が居る。
あぁ、そうか超人気の髑髏ちゃんをそんなふうに扱っておけば連載は安泰なのか。

ワンピース
この表紙連載1年近くやってません?

柔軟性と硬性の両立が日本刀の切れ味の秘密だって聞いたことがある。鉄を何度も熱し重ねるように鍛えることで、外側を硬くして、内側は衝撃が吸収できるような構造にすることがどーたらこーたら。
恐竜が踏んでも1mmも曲がらない刀って、日本刀じゃないような。すぐ折れそうというか、割れそうな気がしちゃいます。
デタラメな硬さが特性とか好きな部類のハッタリなんですけど、知識が邪魔して楽しめない。

バーソロミュー・くまデケー。
落ち着いた知的な感じなのに"暴君"という通り名をつける辺り、物語性を感じさせてくれて良い。
しかし、ペローナ情緒不安定だな。
さっさとトンズラこいてるくせに、モリア"様"への置き土産にモリアと同格の相手に戦いを挑むって意味不明じゃないか。

くまのワープ能力。悪魔の実か何か知らないけれど、もし本当にペローナを怨念渦巻く古城のほとりに飛ばせたのなら、自分自身にも能力が使えるみたいだし、あっという間にラフテルに到達できるんじゃないか。
ラフテルに到着すること自体にはそんなに意味がなかったりするのかもね。それなりに困難だろうけども。

モリアも現在影が抜けている状態。朝日を待てばモリアは消滅するぜ! でもルフィもゾロもサンジも消滅しちゃうな。そりゃダメだ。

NARUTO
骸さん、こんな所で何やってるんですかwww
三大瞳術って写輪眼、輪廻眼、・・・と、何だろ?

ジライヤってさぁ。3年間も修行つけてあげてたんですか。自国にも戻らず。「ちょっと面倒みてくわ」って理由で3年間休めるって忍者は気楽な商売だなぁ。
H×Hも返ってきた事だし岸本先生も少し休んだほうが良いと思う。3年くらい。

アイシールド21
今更ブラウン管テレビが重たいって、セナはともかくモン太も非力すぎじゃないか。

暴走したと見せかけて、しっかりマルコの言うことを聞き入れてバスの中で暴行するガオウが厭らしすぎ。
知的な野獣、知的な野獣かぁ。確かにそうなんだけども、なんだか魅力を感じないなぁ。
こんな使い捨ての仕方をされる天狗先輩が可愛そうすぎる。

会長の宣言はありえないけど、あーいう嘘は好き。

ところで、白秋ダイナソーズって「はくあき」ダイナソーズと掛けてるんですね。今まで気づかなかった。
(葉柱ルイも「はちゅうるい」と掛けてるのに長いこと気づかなかった)

エムゼロ
男塾というか、GO打銃というか。なんかそれ系の匂いがする。好きですけどね!
柊父が可愛すぎる。
それ以上にルーシー。お前どこを口に当ててんだ。

HUNTER×HUNTER
祝・連載再開
カラーページが取ってつけたような着色。白黒原稿にそのまま色つけましたって感じ。
たぶん最初の数ページ描いた時点では、こんな長期休載した挙句Cカラーで復帰するだなんて思いもしなかったんだろうなぁ。もちろん見開きは書き下ろしだろうけども。

絵は相変わらず雑だけれども、全体に流れる緊迫感ってのは凄いですよね。
王側も一枚岩ではなく、さまざまな思惑が複雑に入り組んでいる。いかにダシ抜き、上に立とうとする駆け引きがこの一触即発の状況を作ってるわけですか。

暴走万葉仮名使いのヂートゥの能力名ワロスwww

せっかくノヴが作った進入経路は、匂いの探知によってウェルフィンに見つかりそうな?タラゲッテの死体は処分したのに、自分の靴を処分しなかったのはノヴは何を考えてたんだろう?
もしや、フェイク?わざと匂いを残していたとか。
で、別の場所を警戒させて、本当の入り口をノーマークにさせていたとか。それが出来ていればヘタレになりながらも名が挙がるぜノヴ先生。

宮殿内はピトーの円が満ちているのなら、コムギが念能力に目覚めたのも当然か。ということばビゼフも能力に目覚めちゃうかもね!緑の11人みたいな感じで、事務をこなす能力とか。

とりあえず、年内は休みなしで連載が続くといいな!

銀魂
また長編の予感。
女が食べてるのが大正ポテなんとか。時代的には江戸の後で明治頃なんじゃ?銀魂って年号はでてきてないのか。

ブリーチ
テスラは十刃?
あんな理由でネルを目の敵にするなんてノイトラ様は気が小さいなぁwww
十刃はどういう風に選ばれて、どうやって強さを測ってランク付けしてるんだろう。

魔人探偵脳噛ネウロ
筑紫が寄生獣の後藤に見える。6以上の人外の存在が身近にいたもんだ。

品行方正。
どうでもいい事だけど、"ひんせいほうこう"って読んでた。品性芳香?品の性(質)が芳しい(好ましい)みたいな意味かなー、なんて。意味わかんないな!
ひんこう-ほうせい ―かうはう― 0 【品行方正】
(名・形動)[文]ナリ
おこないがきちんとして正しい・こと(さま)

笹塚と石垣のコンビ解消!?
石垣とコンビ組む利点が見つからないから無理もない話しだけれども・・・。良いとこ見せられるのか石垣。

こち亀
暴走族どうしよーもねぇなぁ。
はいはい、纏すごいね。

初恋限定。
財津有二は可愛い字を書くな。って二ってことは更に兄がいるのかも。
主人公の目線が変わるのは予想していたけれど、男目線になるとは予想GUYでした。
楠田君の能力は男の夢。中学生とかにバカ受けするよ、こりゃ。

江ノ本が、道端で、その、放尿しているのかと。思っってしまった…。ダメだ、私終わってる。早くなんとかしないと…。

D・グレイマン
誰か要約して。

サムライうさぎ
気狂い夫婦。

ToLoveる
で、しっぽの弱点を握ってどうするつもりだったんだ?
魔貫光殺法でも撃つつもりだったんだろうか。

クレイモア
あの妖魔は組織に飼われてたの?

ジャンプSQ
岸部露伴は動かないのエピソード2が載るの?読みきりだけど。超読みたい。

あれ?大石浩二先生のマンガが面白い?(失礼)

P2!
ヒロムちゃん目が怖ッ!

扉絵でもゾンザイな扱いの山雀・梟宇センパイの扱いが泣ける。
玉の回転を矢印で書くのはどうなんだろう。これじゃ教本。マンガだったなら、矢印使うのなら、迫力ある絵的に面白い矢印を描くべきだったんじゃないかな。
柳兄弟は完全にカマセ犬化。

跳ねないピンポン玉ってすげえ。テニスの王子様分を補給できました。

ムヒョ
どいつもこいつも人間として問題があると思う。

勇者学
高校生は無職じゃなくて、学生だろう。
吉田先生がムチコに見えた。

スケットダンス
桃香ちゃんは姫子に好意を寄せるレズっぽい危うさが良かったのになぁ。

劇から人形劇に切り替えたことにより、先週大騒ぎした脇役が音も無くフェオードアウト。悲惨すぐる。
良い話だったけどね、ハチャメチャっぷりというか、ハッタリというか。そういう部分が足りないと思いました。

ベルモント
メルクルディって何だっけ。ググってもピンとこず。
(と、思ったら昔の知人の名前だった事を思い出した)
すいません自己解決しました。

フランス語で水曜日という意味らしい。他のも曜日の名前か。

まずは魔女って呼び名をどうかしたほうがいいと思う。

ジャガー
登場人物がみんな変だw 
割を食ったスグル君が可愛そう。
あんな内容の映画撮ったら高菜はだいぶ出番のある役になっちゃうじゃないか。策士だな。強調文

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。