気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の週刊少年ジャンプの感想(43号) 

[ 2007/09/23 04:23 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。

ワンピース
カラー見開き上手ぇ。

ペローナ復活はえぇ。と思ったらこう動かすのか。
サウザンドサニー号を占拠したペローナをどうやって退けるのかな。戦えるのはウソップだけ(納得いかないけれど)。
もしオーズとペローナが戦ったとしたら、ネガティブゴーストは効果あるんだろうか。

腕に仕込んだバズーカを撃つだけで急に息があがるアブサロムに疑問。
能力は撃つ前から見えてないから発動させてたんだろうし。なんでだろーね。

ローラがいつの間にか熱いキャラに。あるぇ~?
ローラがナミを助けに来たのは、ナミとの友情が動機ではなく、自身の結婚願望に動機があったんじゃないのか。
アブ様とナミとの結婚を阻止し、あわよくばアブ様と結婚しよう、ではなくて、望まぬ結婚をさせられそうなナミの為に助太刀に?
唐突に良い奴になったなぁ。

オーズなんて覚えやすい名前を忘れるとは相当強く頭を打ったな。
取るに足らない相手と小馬鹿にする演出なんだろうけども、あんな簡単な名前を忘れるフリをするのは自身の馬鹿さが強調されちゃってますよぅ。

ところでフランキーの柱ヌンチャクってモロそうだよね。
マンガの中の柱って壊れるために出てくるようなものだから、それを武器にされてもすぐ砕けそうなイメージが。

アイシールド21
ああ、蛭魔妖一(下)のあとは栗田良寛(上中下)が始まるのか。
7日で栗田のパワーUP。無茶だろ。

ブリーチ
ネルの実力って。要は3桁落ちした人たちと同じくらいなんじゃないんですか?石田やチャドでも戦えちゃうくらいの強さの方たち。

クローンと戦わせておいて詰まらない戦いと言い切るザルエルアポロ。何考えてるんだと思ったけれど、巻末コメントで久保先生が「一月前の号は正直描いた記憶がない」と激白。
妙に納得。

NARUTO
うちはマダラがトビ口調だったら面白いよね。
「一代目!大丈夫っスか!」みたいな感じで、でもビジュアルはサスケチックなクール系。

サスケと遭遇したのがナルト本体で、ノータイムで殺されてNARUTO完でも全然問題なかった。

都合よくサスケ本体とは会えない影分身。
軽くド突くだけでボフンと消える影分身相手に千鳥を使うサスケはどうかしている。

蝦蟇平 影操りの術
よくわからないけれども、あの下っ端は本物でジライヤが影に入って操っていた?
となると先週の「当分はここに居てもらうぞ」というセリフの当分が相当短かった事になるみたいですね。
構成に計画性がないなぁ。

ムヒョ
初期の頃から思っていたけれど、この作品自体が苦手です。
作品の根幹、魔法律ってやつがフィクションの上にフィクションを重ねて作られていて、地に足がついてない印象なんですよね。
率直に言って、楽しめない。

魔人探偵脳噛ネウロ
10月2日からアニメスタートか。一話目にDCSを持ってくるのは悲しいような嬉しいような。あれが作品の方向性を決定付けたものでもあるけれども。

ヤコ周囲の人々。今回は男女関係を描く話。こういう話は好き。
由香と池谷の間に進展はないようだけど、池谷の外道っぷりが惜しみなく発揮されていて良い。
「イスを届けに来ただけだって」→「踏み台に使っただけじゃねーか!」

「蓊鬱」なんて読めない。

おううつ をう― 0 【▼蓊▼鬱】
(ト/タル)[文]形動タリ
草や木が盛んに茂っているさま

なんでこんな言葉が書類に出てくるんだろう。

お妙さん、こんなところで何してはるんですか?
望月の嫁に腹が立つ。嫁にじゃなくて、望月にだw
来年成人式っておま、19歳かよ!望月が倍ウザくなりました。吾代超頑張れ。

叶絵のエピソードはちっと微妙。
この作品なら理想像通りの男性がでてくるオチかと思いましたが、裏写りに話題が転がったんですね。

銀魂
なんだかんだでお妙さんの婆さん顔は描かなかったのか。ちょっちズルくない?

リボーン
骸の幻覚で内臓を作り出して生きながらえている髑髏ちゃんは、単身10年後の世界に来ちゃって大丈夫なんだろうか。
骸が10年後も生きているって事に?
それとも一度幻覚をかけちゃえば骸がいなくてもその状態をずっと維持できるんだろうか。

「クローム髑髏 試食開場」
先生、エロすぎです。wktkが止まりません。

ロザリオとバンパイア
あー、こういう設定の話だったんだ。知らなんだ。
化け物が学ぶ学校に転入してくる一般人、まぁベタっちゃーベタな話か。ギャグマンガのテンプレートだよ、ね。

バンパイアが「力の大妖」っていう話は一般的な話?
つい最近よんだエルシングでもバンパイアの特筆すべき能力は怪力にあるとか言ってたなぁ。それまで全然知らなかった。

ん?ジョジョの吸血鬼も怪力か。

P2!
アキラ(?)のあのシルエットは何だ。猫、犬ときたら次は・・・

あの形状から察するにヨッシーかな。

こち亀
ああいう時に、交番に駆け込めない大原部長は何かやましい事があるのではないかと勘ぐってしまう。
ああ、警察に保護されたらそれこそ署内に知れ渡る大恥をかくと思ったのか。
一人スタンドバイミーの絵が手抜きすぎだけど哀愁あって素敵。

ToLOVEる
天文学的な幸運ですね。すげーすげー。
ザスティンはお約束すぎ。

サムライうさぎ
加四郎さんはイメチェンしたのか。何歳なんだろうね、この人。奥さんが気になる。

エムゼロ
マジックハンドか。エロい使い道しか思いつかない。いいよね!こういう魔法!!

テニスの王子様
はて?一週読み飛ばしたかと思ったら超展開。
そして衝撃の夢オチ。中の人がアカヤだった事以上に、乾の包帯のほうが笑撃的すぐた。
すげぇマンガだよ、コレ。

ベルモンド
いろいろと単語がでてきたぞ、っと。
イソギンチャクに目玉を吸わせるとかいう嘘は好きなほうだけども、魔女の血を数滴たらすだけで食欲増進するのに、目玉を吸わせるという用法において、魔女の目玉を吸わせても使用上問題がないってのは、どうなんだろう。
説明しがたいけど、微妙な違和感。

最期に出てきたのは三銃士?
アラミス、ポルトス、ダルタニアンでしたっけ。あ、いや違う。三銃士はアラミスとポルトスともう一人で既に結成されていて、新参がダルタニアンなんだ。確か。これマメ知識。

コッソリとロランがやられてる。セリーヌとクロエはどうなった。

スケットダンス
副会長がどこかで見た顔。まぁよくあるライバルキャラ、ライバル組織出現ですよね、ヤバくない?
ボッスンとの口喧嘩のシーンはレベルEのパロ?にしては笑い所がないな、ヤバくない?

勇者学
微妙なキャラだなぁ。

ジャガー
実写版のキャスト。芸能人はよくわからないからなんともいえないけれど、板尾創路は影千代センパイ役で出演しなくても、素で出演してもいい気がする。
ところで、キングダム公平って名前だっけ?アイツ。

本編感想
ズリぃぞコレはwwww
ノリと着想は、ありがちでベタなレベル。うすた先生のやりそうな事というか、うすた先生に影響受けてギャグマンガ描く人がいかにもやりそうな。
でもベタだけど、どうでもいい回想を繰り返し使うことと、私が生半可に三国志知識があるためにどうしても笑ってしまう。
ズルいってばwwww


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。