気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

うみねこのなく頃に ep1読み直し中 

[ 2007/09/22 01:54 ]
夏妃姉さんは良い女。
natuhi-s.jpg


OS再インストールで以前のメモが全て消えたからメモしなおしだっ。
セーブデータも全部消えたから全てやり直しだっ。
(探せばあるんだろうけどネ)
全部バックアップ取ってなかった私が悪いなっ。



で、本題。
うみねこって否定するほど詰まらなくもないけれど、絶賛するほど面白くもない気がする。
途中まで読み進めても以前書いた感想通り、キャラ多く出しすぎて主要キャラの薄さが気になってしまう。

でも、竜騎士07さんの書く文章は勢いがあって面白いんだよなぁ。演出も面白いものが多い。
なんか小手先のテクニックばかり褒めてしまっているけれど、でも褒める場所がそこしかないとも思える。おっと毒舌。

続く話でキャラの掘り固めがひぐらしの如く進めば、面白くなるんだろうなと期待を持ってしまう。
でもそれって連作物スタートとしてはどうなんだろう。10週打ち切りコース?
今後に期待を持ってしまうのが信者で、見限るのが一般人?

盲目的に諸手を挙げたりはしないけども、今後に期待をしている私は立派な信者か。


だから竜騎士07さん、[424] まったく炉に火が入らない… 投稿者:竜騎士07 投稿日:2007/09/18(Tue) 03:23 とか気弱な事を言わず頑張ってくだちい。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
なんつーか、最初っからひぐらしと同じく、回数を重ねることによって話が見えてくる形式ってのがバラされてるから、どーにもまぢめに読む気がおきないっす。もしかしたら、それこそが引っ掛けなのかもしれませんがね。

ってゆーか、セリフの「 」の文末に句点を付けるのが気になって仕方ないのはワタクシだけだろうか。

[ 2007/09/22 11:59 ] [ 編集 ]
ひぐらしと同じように、取るに足らない謎から、複数の話を重ねすかして読み取る謎、更にそこから判明する物語の根底(ルール)に関わる謎、複数の謎がズラーっと並んだ構造になってるんでしょうねぇ、きっと。

その中から最も大切なルールに関わる謎を読み取るというのが、まじめな読み方なんでしょうけれど、その謎を構成する要素に、ひぐらしと同じくらいファンタジーな要素が含まれるかもしれないと思ってしまうと、まぢめに考えるのもアホらしくなりますよねっ!


セリフの「」の文末に句点を付けるのは全然気になりません!
なぜならそう教わってないからっ!
これがゆとりか。

作文とかの時に「字数が稼げるぜ、いっひっひ~。」なんて思っていました。駄目なんです?
[ 2007/09/23 04:44 ] [ 編集 ]
「」の文末句点は駄目って訳じゃないけど、必要ないってとこでしょうか。

ワタクシ元が小説派なので気になってしかたないのです。
ってゆーか、ひぐらしの小説買ったら、やっぱし句点付いてるし!
[ 2007/09/24 16:14 ] [ 編集 ]
小説って鬼隠し編だけで上・下あわせて1600円。
原作は100円で配布されていたのにっ!(いまだと数万円しますが)
つか、無料で体験版が出回っているのにっ!これから他編も続々発売されて全部合わせたら幾らの出費だ、とか。サウンドノベルからサウンドを取ってどうするんだ、とか。

そんな思考に至って購入は見送ったわけですが。買っちゃっう人も居るんですね! 信者ハッケン(・∀・)ニヤニヤ

正直、私も買おうかどうかすごく迷った。
買っちゃおうかなー。
[ 2007/09/25 05:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。