気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひぐらしのなく頃に祭 皆殺し編を終えて 

[ 2007/07/26 13:38 ]
以下ネタバレ注意。

・鷹野のナース服は正統派。
これはこれでアリ。

・羽入の声は腹立つけど、イメージ通り。
腹立つカンジがイメージ通り。

・制服姿の富竹、若すぎだろう。
激しくとっあん坊や。・・・誰かに似ている?

そしてまたまた不平不満。

・相談所のgdgd対応が無かったことに。
これは酷い。あのgdgd対応に憤慨し、打ち破るところが物語の山場のはずなのに。
敵方の魅力を描けていないから、それを打ち破ったときの感動に欠ける。

・沙都子への虐待描写のカット。
鉄平の理不尽な暴力がなくなったことで、相談所と同じく鉄平の作中での役割が薄くなった。
倫理を優先した結果なんだろうけど、話を詰まらなくしたのは確か。

・滅菌作成の詳細がカット。
これはまぁ、差し替えられても仕方が無いとは思う。
けど、差し替えたシーンの鷹野の一人語りの出来が微妙すぎる。
セリフを棒読みとは言わないけれど、ハキハキしゃべりすぎ。不気味さがない。そして 何故同じセリフを2度言うのかな。 かな。

・鬼婆、バァさん、大婆さん、お魎大婆サマ
詩音がお魎の事を呼ぶときの名称が統一されてない。
つか、「目明し編」だと鬼婆と呼ぶこと避けてたじゃないか。なんで今回は音声付で鬼婆って呼んでいるんだ。
これは作り手側の手落ち。

・嘆きノ森のアレンジ(笑) 2匹目のドジョウ狙いすぎ。

・「最短の命日は6月22日」(原作)
祟殺し編での大石の車両照会は6月20日。翌日、失踪の判明・入江の自殺・梨花の綿流し、その夜に大災害。
梨花の最短の命日って6月21日なんじゃ?あ、いや殺されるのは20日の夜の間か。
これはアレだ。記憶の整理に失敗したんだね、っと好意的に解釈。

・4日連続で相談所へ詰め掛ける。
原作でのセリフがどうなっていたかは忘れたけれど、3日目で賛同者が60人に膨れ上がった後、4日目はお魎との交渉に費やして相談所へは行ってない。微妙に違和感。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。