気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の週刊少年ジャンプの感想(34号) 

[ 2007/07/23 21:36 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。


表紙
シンプルな表紙。かと思いきや、ルフィの帽子が金加工(何て言うんだろ?) そして予感的中で値段が240円。 うーむ、ジャンプは順調に値上がりしてますよね。

ワンピース
扉絵が渋くてカッコイイのに、カッコをつけさせない。んー、この遊び心はいらないんじゃないですか?

サンジVSアブサロムの戦いが続いていて一安心。しかし、なんという因縁。八つ当たりじゃねーか。
ほんとうにどうでも良く感じた戦いだったのでアッサリ勝負が付いて一安心。ギャグ調の戦いの中でツッコミ役のゾンビがウザかったです。

再び出てきた、この世に同じ実は2つと存在しないという設定。そんなモノの為に大図鑑があるというのも変な話ですよね。能力者が死ぬと実を回収できるのかしらん。そして実の起源は古代文明がウンタラカンタラとか、そんな展開になるのかしらん。

NARUTO
友を捨てた。愛を捨てた。里を捨てた。残るはその名と、この思いだけ。(笑)


半径10kmが爆発範囲って、地面に平行に接する円の半径が10kmってことですよね? となると目算で太陽の搭の高さが60km程になるんですが・・。万能エネルギーチャクラの爆弾ですから、実際の爆発と同じに考えちゃダメですよね。爆発があんな不自然な形になっているのも、爆発でクレーターが出来たものの周辺には何ら被害が出てない点から考察するに、こうエネルギーが外側へ逃げないようバリアみたいなもんでも張って内部の破壊力を高める構造みたいな、要はそういうチャクラだったんでしょうよ。きっとそうだ。そう考えます。

で、そんな盛大な自爆をチャクラ切れで立つ事もままならなかったデイダラがやってのけたワケですが。その爆発からチャクラ切れで立つ事もままならないサスケがどうやって逃れたのですか?

A.口寄せでマンダを呼び寄せ写輪眼で幻術をかけ中に入り、時空間忍術で別空間に飛んで逃げた。

はいはい、チャクラ切れチャクラ切れ。つか、マンダの中に入らずとも別空間に一人で飛べばよかったんじゃない?それこそ得意の「ドロン」の術があるじゃないですか。
で、マンダを殺しちゃって。口寄せ動物の三竦みは崩壊。いいのかな、こんなことしちゃって。

「大蛇丸はもともと弱っていた それだけの話だ・・・」
そんな大蛇丸に対して、粋がって天才云々と散々能書きたれたサスケ。情けなさすぎるセリフです。

「そうとう大した術だったんですね」「トビも大した能力者でしたがね」
たった3コマで2度も同じ褒め言葉を使うとは、大した奴だ。

ついに明かされる暁リーダーと女メンバーの顔。うっわ、微妙。名前もペインて(笑)
そして更なる黒幕の存在。戦う前から一気に小者臭くなってきましたよっと。

黒幕ジライヤ説を支持してみたくもなりますね。
ここから妄想。
ナルトも偽者説。禁術影分身により1話の時点でナルトは二人に分かれていた。今まで主役を張ってきたナルトは偽者であり、加えて今までの影分身の多用により精神的にイカれている。ジライヤはそれを知りながら利用しているとかナントカ。

銀魂
亀の後姿が女の子に見えた。ダメだ私。
亀の顔面に蹴りを入れる神楽の顔が、あれ?どこかで見たことある?

アイシールド21
陸「反応・・・できませんでしたっ!!」
的なオチを期待していた。

ToLoveる
夜が来る!! いや、何のことかよく解りませんけれど。
スカートの裾が破けるって相当ですよね。

ベルモンド
話が転がるかと思いきや。なんだったんだあのヒキは。

肺に空気が入ったり出たりするだけであそこまで体型が変わるのはマンガ的な表現と思えば・・・。んー、微妙。肺の空気で膨らんだように見えないんですよね。脂肪で太ったかのごとく。
発想は面白いと思いましたが、表現方法で上手に嘘が付けていないんです。
それともあの人はゴム人間だったんだろうか。

リボーン
ハリネズミが超テキトーwwww

ブリーチ
大虚の作り方。 そういや、一番最初にギリアン(メノス・グランデでしたっけ?)が出てきたときには、そりゃもう伝説上の生き物的な扱いだった気がしましたが。「まるでギリアンのバーゲンセールだな。」

ん?そういえばネルもアランカル?

スケットダンス
セリフ回しの銀魂臭さと、崩した顔の稲中臭さが無くなれば結構好きかも。
ヤバ沢さんとか、さすがスイッチのコーナーとか、胸に飛び込むのを躊躇するヒメコとか。キャラの扱いは好きです。

エムゼロ
なんというプリティフェイス、これは間違いなくセルフパロ。
学校指定水着のほうが良かったとか、言っちゃダメですか、そうですか。

D・グレイマン
チャオジーの発動させたイノセンスがいったい何処から来たのかが本気で解らない。いつの伏線だ。

サムライうさぎ
なんか大味。しゃべる人が大勢いるけれど、どれも細部が物足りない印象。群像劇って言うんですかね。全体が把握できないのです。

カトブレパス
妖飼の術。あーあー、強力な妖魔を飼ってるのが守護家で、術自体は割りと誰でも使えるんですか。

固有名詞のオンパレード。覚え辛い。まぁ、覚える気がないのでどうでもいいんですけれど。
しかし、白澤ベタなフラグ立ててくれますね(笑)

真っ向勝負を挑んでくるのにリミッターを何故つけていたんですか。

こち亀
相談役という発想は面白いかも。まぁ現実にそんなのが居たら叩かれまくるんでしょうけど。両津だから出来たことって事で。
で、巣鴨で成功して。・・・オチは?

P2!
梟宇センパイと山雀センパイいいとこなし。いーことしてもらえなくなっちゃうZO☆ 

乙女ちゃんは良いトコのお嬢様。スポーツ万能、感情の機微にも敏感。なんて完璧超人なんだ。お父様の教育が良いなコレ。

しかし、乙女ちゃんがヒロムに対して持つ感情というのは、恋心なんかなじゃなくて、負い目でしかない気がします。元々保護者感覚だとは思っていましたが。
その距離感が心地よく見られるんですけれどね。

勇者学
絵柄変わった?
動かないし、噛まないし、毒もないだろうに。

魔人探偵脳噛ネウロ 第118話 門【もん】

どちらかが魔界への門で どちらかが地上への門
それぞれの門に立つ門番はどちらかが嘘しかどちらかが本当しかしゃべらない
一回だけ質問が許される さぁ どちらの門番にどんな質問をしたら地上に帰れる?

この謎かけって魔界発祥だったんですか。こういう嘘は好き。
説明過多ですけど、こういうのが頭脳バトル(いや、これはクイズに近いんですが)っていうんじゃないですかね。

ヤコの燃費の悪さは異常。あれだけ食ってあの体型。寄生虫でも飼っているんじゃないですか。
ヤコの体質改善。でも、ヤコにXの口調を覚えさせるより、Xがヤコになりきったほうがボロが楽だったような気も。

で、ヤコはちゃんと元に戻りますよね?

テニスの王子様
デッサン崩れすぎじゃ。

「99.9%の選手は今ので再起不能になってもおかしくない。」
手塚ファントムとか零式サーブが「出来る」選手の99.9%というデータなんですかね。 どこで取ったんだそんなデータ。

ムヒョ
キュラとギンジはなんでラブラブになってるの?

郷田剛
天井のジャムはいらない子。こんなんにページ取ってどうするよ。

全てのボールを引き寄せるゆーじろーゾーン田中ブラックホールの発想は良い。チームスポーツやね。
ってマジでバレーボールマンガになってる!?

ジャガー
ビューティー田村って案外幸せそう。

周りが見えてないから。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。