気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひぐらしのなく頃に祭 罪滅し編を終えて 

[ 2007/07/13 00:47 ]
20070712.jpg


ごめん、無理。

以下ネタバレ注意。
今回も不平不満ばかりですよっと。

・「じゃ、・・・・・・始めるよ。竜宮レナの一世一代のがんばり物語を。」
が無くなった。ええええええ、名セリフなのに。
鬼隠し編でもそうでしたけど、冒頭のインパクトあるシーン(目明し編もか)を無くすのは頂けないなぁ。

・カットインがカッコ悪い。元の絵の表情の薄さもあるけれど、切り取る大きさが微妙すぎ。圭一のカットインなんて眉毛が入ってないから表情が読み取れない。
もっと鋭く目を中心に切り取れば良いのに。

・原作のBGM、演出がカッコ良すぎた。

・レナの文字に色が付かないのもダメすぐる。なぜ再現しない。

・祭の良い点って声がついたことくらいで、他はすべて原作に劣ってない?

・沙都子のメイド服のスカートが短すぎ。もっとこう正統派のメイド服を想像してましたよっ!

・茜さんの顔が微妙。厚化粧?のっぺりしてるー。

・オヤシロさまの光。絵にされると逆にチープに感じます。

・味覚を共有しているはずなのに、ワインと葡萄ジュース(?)の違いがわからない羽入。オレンジジュースに葡萄ジュースを少し混ぜたものをコッソリ飲む梨花も不可解。

・リナの借金強要シーンがカットされたくせに、リナが進んで悪いことをしていると断言するレナ。整合性を持たせろって。

・レナの自傷が省略。うじ虫が「何か」に変更。表現も省略。
この辺はしょうがないと割り切ったつもりだったけれど。後半で「うじ湧き病」の名称を使い出すとは。整合性を持たせろっての。

・終盤選択肢が無駄すぎ。wiki読むと何故あるのか解りますが。でもいらねー。流れに水を差すようなゲーム性なんていらねー。名シーンカットするようなゲーム性はいらねええええ。

他疑問に思った点。
・鷹野の原点は寄生虫の研究。雛見沢の暗黒史を探るのがライフワーク。
とすると、寄生虫説以外の宇宙人説やらオッシー説等のスクラップブックを作っているのは何故?純然たる趣味なの?

・タカNOTEを園崎組が所持しているのは何故?三四死亡の際、興宮の自宅より発見。ってそれは警察の仕事なんじゃ?

・沙都子が脱出途中校庭で転んで軽傷を負ったことより、鉈の峰打ちでフルボッコにされた魅音が軽傷で済んだことのほうがツッコミどころでしたか。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
鷹野様が変なスクラップ作ってるのは、どっかのTIPSにあった悪魔のシナリオ?だっけか?アレの伏線ぢゃないだろうかと思う所存。
封鎖が解けた後も話題になるように、さらにかく乱になるようにと作ったモンぢゃないでしょうか。

さんざ言われてる原作からの改変部分ですが、まだまだこれからです。悪い意味で期待しときましょう。
[ 2007/07/15 04:21 ] [ 編集 ]
もしかして澪尽し編も期待できない?悪く期待しておくべきなんですか。

廃れた神に成り代わり自身が神となるためには、廃れた神の知名度を上げなくちゃいけなくて。その自作自演の為に居もしない狂信者がいるような仮説を立てる。
狂信者がいる、と読む人を誘導するのがスクラップ帳ってのは解りますが、大災害の原因がオヤシロさまの祟りではなく、オッシーやら宇宙人のせいにされたら意味が無いような。
そこは操作かく乱目的?
[ 2007/07/16 09:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。