気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の週刊少年ジャンプの感想(32号) 

[ 2007/07/09 07:43 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。


新連載 ベルトモンド Le VisiteuR 石岡ショウエイ
んん、これが新連載ですか。確か去年の赤マルに載ってたヤツですよね。
最大の見せ場がまんまジョジョのベイビーフェイスだった事、そしてそこ以外はインパクトに欠けていたように記憶しています。要は、絵だけ。その絵もオリジナリティに欠けていた。あまり良い印象を持っていなかったので、この作品が連載される事に驚きです。

相手を無傷でバラバラにする能力だとか、相手の心を覗き見る能力だとか。便利ですけれど、ご都合過ぎる気がします。せっかくの拷問という題材をオブラートに包みすぎている。(少年マンガですからしょうがないんでしょうかね。)
拷問吏なんて名ばかりのなんでもありの魔法使いに見えます。もっとエグさが欲しかったなぁ。

ベルモンドのキャラ付けがネウロと被る。瞳のカトブレパスのサブリミナルといい、ネウロの後釜狙いですか?

セリーヌのデフォルメ絵は可愛い。でも、ラスト命令されて素直に従う貴族はイヤだな。・・・あれがセリーヌのお返し?

ワンピース
ダメなほうにスゲェ自信を持っていたらそれはポジティブなんじゃ。やっぱ納得いきませんて。
結局ウソップはゾンビだらけのペローナの部屋に一人残されたんですね。・・・それでも逃げ出さず、戦おうとしてるのはさすがにポジティブなんじゃ?

ドラゴンと海王類は別物なんですか。別物ですね。海王類のほうがデカそうな気もしますが。

ゾロVSリューマ アブサロムVSサンジ またタイマンバトルが始まるようで。

銀魂
サラっと下ネタが混ざった会話をしていても何のリアクションもなし、コイツら爛れてるなぁ。
無音劇の良い話。Dr.スランプを思い出しました。

NARUTO
サスケはベラベラしゃべりすぎ。
デイダラが悪い気がする。最初に投げた爆弾を不発にさせられた時点で攻撃方法を変更するか、印を隠すか等の対応しておけばよかったのに。相手を舐めすぎている。
サスケだって昔は火遁使いまくってたし、他の系統の術が使えないわけじゃないんでしょうに。

頭脳戦っぽく書いてはいるけれど、何が釈然としないかって、両者が最善を尽くした結果じゃない気がするんですよね。
できる限りの最善を尽くした結果の裏を付くような頭脳戦ならば納得もいきますが、最初の奇襲からしてデイダラが手を抜いているようにしか見えない。
まぁこの作品、何ができることで何ができない事なのかの線引きが、影分身や幻術、ドロン等に代表されるように非常に曖昧で、そこからして問題なわけなんですが。

アイシールド21
王城の引継ぎシーンの近くにヒル魔がいるのがヘン。てか、そこでヒル魔に絡ませなくても良かったような。
王城の中で収まるエピソードにしたほうが良かったんじゃないですか。

ブリーチ
右から貧乳、下乳、巨乳、貧乳。

リボーン
前々から思っていましたが、バトル描写が結構見難いですよね。

ToLoveる
ザスティンが登場しながら酷い目に会わなかったのって初めての事なんじゃ。
崩れた顔をしなければ男前ですね。

サムライうさぎ
ヤマネコ道場中堅、八刀流の彼はどうやって道場に入ったのだろう。

瞳のカトブレパス
せっかくの七歩蛇の呪いをあんなにアッサリ解くのは勿体無い。
守護家4人のうち2人が共に21代目。3人が同年代。
歴史を感じさせない設定にガッカリ。

勇者学
河野はメロンソーダで釣られたのか。
今回はノリが非常にマサルさん臭い。
着替えを見られたブタが乳首を隠すのは絶望先生ネタ。

エムゼロ
ぅゎ  ょぅι゛ょ っょぃ

D・グレイマン
せっかくのイケメンさんが顔を隠してFFのボスっぽくなってしまった。
エシにも似てる。

こち亀
表紙手抜きすぎだろう・・・。
内容がヒドすぎる。部長が糞過ぎる。なにこの救いの無い内容は。

P2!
乙女ちゃんがヒロインらしくなってきたっ。この保護者感覚はたまらなく好き。

ネウロ
二皿でおなかいっぱいになるヤコなんて。
X編がいまいち盛り上がりませんね。因縁のあるアンドリューが絡んで盛り上がってくるのだろうか。

読切 除霊少女ヤミコさん 桜井健志
じっ 地面を触るなんて センパイのえっち!!
勢いがあって笑える。最後にキスを求めたあたり、ヤミコさんはセンパイの事好きだったのか。

‐と こんなわけで桜井健志のジャンプデビューはイカスミな結果に終わったのでした・・・

ムヒョ
骨格変装! 謎の村雨くんってもう1年も前の作品なんですね。

キュラがエロくて良い。

郷田豪
ここに来て特訓ですか。
ここに来て新キャラですか。

ビキニ水着にマフラーと耳当てってのは、なんかグラビアでありそうな着こなしですね。

ラルグラド
世界観を作り上げて、ルールを説明し続けても。その中で頭脳戦をしたとしても、説明しきれるわけもなく結局後出しジャンケン祭りになっているんですよね。

ホワイトタイガーは宿主を転々としていたんじゃ。説明に食い違い?

グラドと共に闇の世界へ行ってしまうというオチは人間らしくなくて、そこがラルらしいと言えばラルらしいけれども。

ジャガー
似たパターンの話を見たことあるなぁ。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
モンスターファームか。

開始したら取りあえず触ってみるよ。
[ 2007/07/09 21:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。