気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の週刊少年ジャンプの感想(31号) 

[ 2007/07/02 06:34 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。


エムゼロ 連載一周年巻頭カラー
んんんん?第一話の九澄が世界征服と答えたのってこんなシュチエーションでしたっけ?そこがこの運命の流れのスタートなんじゃ?
単行本持ってないから良くわからないです。

そして結局意味の無かった記憶逆流。今回が特別なのか。そうじゃなきゃこの魔法の意味ないですもんね。

ワンピース
表紙連載
宇宙海賊が掘り出したもの。
で、ポーネグリフとかでてきたらイヤだなぁ。それこそ本編で語れ、と。そう思いながらもまたギャグ展開を重ねられるとウンザリするわけですが。

モリアが移動する前に倒すという、ルフィの冷静な状況判断。直感じゃなく、理詰めな感じの発言に違和感。

チョッパー&ロビンVSホグバック&シンドリー&ゾロ影&サンジ影
ってこんな集団戦闘するわけないよなぁ。

オーズのほうも集団戦闘になるかと期待させておいて結局ウソップVSペローナが始まっちゃうし。

ネガティブゴーストの攻略法にガッカリ。てか、納得いかないですてって。ウソップが元からネガティブだった?周りが超ポジティブなだけでウソップは相対的にはネガティブですけど、あくまで一般人、常識的な思考ができるという。決してネガティブだとは思わないんですが。
ネガティブなヤツはこんな冒険には出ませんて。

尾田先生は「ゴムだから電気が効かない」と同じくらい批判されることを覚悟してペローナにエネルと同じ顔させているんだと思いますが、これはそれ以上に批判されそうだなぁ。

NARUTO
巨大デイダラを作った意味がわからない。極小爆弾も今までの爆弾に混ぜて放てばいいんでないですか?
で、サスケがあたりに漂うチャクラに気づいた時にはもう手遅れ。昇華させて終了。
巨大デイダラなんか作っちゃって「いいか!今から必殺技放ちますよ!」ってアピールして見事に見破られるのはなんだかなぁ。

幻術対策していたなら幻術に引っかかるなよデイダラ。
そして写輪眼で見切れない分身。
緊迫した後だしジャンケンが続きますね。

だいたい写輪眼の能力は幻術だけではなく、超絶見切り能力やらコピー能力やら万華鏡やら凶悪なモノなのに、幻術対策しただけで写輪眼対策になるなんて。
ん?天照とかって幻術なんですか?で、来るとわかっていれば対策ができちゃう?

直接C4を食らえ!と叫ぶデイダラ。叫ぶ暇があるなら先に仕掛けろ。
で、来週の展開はデイダラが足をつかんでるサスケも分身でした。粘土の中から出てきたデイダラもまた分身でした。^^ってカンジですか。

アイシールド21
セナは走り高跳びの選手になれば良いと思う。

ブリーチ
猫耳GJJJ。この体のフォルムどこかで見たことがあるなぁ。キャシャーン?

リボーン
「ゲタもねーのに飛んじまったな」 ゲタ?
山本っていつの間にか天然ボケやめてるのね。

サムライうさぎ
やまねこ道場の道場主は阿部定?

ムヒョ
魔鹿娘キュラがエロいなあああ。なんだこのエロス。

ペイジは脳みそ膿んでるとしか思えない。こんなのがMLSの会長だからいけないんだと思う。

クレイモア
1巻だけ読んだことあります、これ。

テレサが怖いなー。無機質。
伝言してくるローブの人が組織のボスだったの?雑用の仕事なんじゃ。

ボーボボ 最終巻センターカラー
カラー裏Pと以降で髪の色が違うユキ。
ついに明かされたビュティの旅の動機。6年越しの伏線ですか。
・・・6年も連載していたんですね。
3世が出てくる以前のキャラが多数出演していてえらく懐かしかったです。案外覚えてるもんですね。
6年間お疲れサマでした。

テニスの王子様
『手塚ファントム』『零式サーブ』 『両方』やらなくっちゃあならないってのが『部長』のつらいところだな。
覚悟はいいか? オレはできている。

インチキくさいほど最強だなぁ。以後再起不能でしょうけど。

こち亀
犯人を舐めてる。
攻めより守りが将棋の定石って、犯人はこちらの王将を取る必要がないんだが。
ツッコミ不在でgdgdな出来でした。

P2!
眞白君が黒くてイイカンジ。
カタルシスを作るために暗めな展開。さっさと試合始めたほうが良いとも思いますが、来週の爽快感に期待しておきます。

銀魂
SFか。星から害虫認定されるとか、好きな発想ではあるけれど、使い古されていそうなネタですよね。具体的にどれと似てるとかはサッパリわかりませんが。
話の出来は悪くはないとは思いますが、説教くさすぎる。SFが読みたいんじゃなくて「銀魂」が読みたかったですよ。

ToLoveる
無駄にエロい。
沙紀達はどこにいるんだろう?地下に落ちていったけれど、地下がある旧校舎?どこの研究施設だ。

勇者学
勇者部誕生おめでとう。

瞳のカトブレパス
四天王きた。

郷田剛
ゆーじろーに微笑ましくなる。
バレーボール勝負しちゃうの?スポーツマンガに転身したら面白いかもなぁ。

ネウロ
ヤコの指摘はごもっとも。自分らしさというのは他人との関係で作られてゆく。
でもXが探しているのは自分のルーツなんじゃ?親が誰だったとか、何処で生まれたのかとか。
正体という言葉の定義がズレているんですね。
そこを理解しなかったXがちょっと頭悪くて幻滅。

そしてヤコ洗脳きたあああっ

ラルグラド
「ミオ先生も知らなかった」
てか、ミオ先生が知りすぎていると思うんです。

ジャガーとD・グレイマンは休載ですっと。


あまり関係ないけれど、武装錬金のゲームの動画。
まひろの(ハルヒ+こなた)÷2っぷりが笑える。
戦闘シーンはBGM選択で真っ赤な誓いを選べるのは良いけれど、斗貴子さん強すぎだろうー。しかもエラく単調だし。(ステージ1だから?)

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。