気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の週刊少年ジャンプの感想(30号) 

[ 2007/06/26 06:33 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。


リボーン
見開き表紙のツナがいつになくホモっぽい。ショタっていうのか。
野猿と太猿はカラー表紙に載れるほど重要人物だったのか。

京子の友人の、-なんだっけ、なんとか花。イイカンジに美人でもなくリアリティを感じます。いるいる、こういう人。

ワンピース
サンジが突如燃えだしたのは、マンガ的な表現だけではなく以前の突然燃え出した悪魔風脚へのフォローなのか。

ヒルドンの報告を受けた時のモリアの顔は何?何かを期待している?そしてガッカリは演技ではなく本気で?

ネガティブゴーストはやはり脅威的。ゴーストの弱点は?物理攻撃するとネガティブにされるのなら、こちらも精神攻撃をするしか?
ウソップスペルとか?

せっかく分かれたチーム編成を図説した直後にひっくり返されたおかげでちょっと状況についていきにくかったです。
上階に残ったのはルフィ、ロビン、チョッパー。
オーズに遭遇したのがゾロ、サンジ、ウソップ、フランキーか。
もしかして1対多のバトルが見れる?

ブリーチ
なんであんなトコロに刀が刺さっているのか、覚えてる人はいたんだろうか。
わざわざ場所変えたのに着いてくるなよ井上。

GJJJにとってはあの仮面が良いツラらしい。

銀魂
新連載かと思ったら新展開でした。

ナルト
うん、蛇を伸ばして移動できるなら地雷原も簡単に突破できたよね。
あいや、やっぱあれは油断させて相手をおびき寄せた戦術なんですよね。

デイダラは暁に勧誘された時点で抜け忍だったのか?黄鮫は抜け忍と言うけれど、デイダラの額宛には傷がない。
抜け忍と主張するほど度胸がなかったのか。 てか、傷つけた額宛を外さずに自分が抜け忍だと主張している事のほうがどうかしてると思うんですがね。

写輪眼を見た瞬間に幻術にかけられたという過去を持ちながら、サスケの眼をガン見するデイダラ。アホすぎるだろう。
「よく自分の姿を見たほうがいい」で解ける幻術だから、注意してれば大丈夫って程度なのかもしれませんがね。

この過去エピソードのデイダラは結局負けを認めていない。負けを認めないまま現在のデイダラに帰結しているんですけれど。それだとどういった心境で暁に加入したんでしょうね。デイダラが死ぬ前にもう1フォロー入るんでしょうか。

ToLoveる
古手川唯の人気たけえええええ。
まぁ、可愛いしね。

いつも通りのオイロケに加え、相手方が何でもありだからでしょうか、いつも以上に混沌としています。

サムライうさぎ
そういやごっちんは15歳で1人暮らしなのか。城勤めで道場主で所帯持ち。立派なもんだ。

アイシールド21
まさかのトリックプレー!これは熱い。
裏があるから表が生きる。語りが熱い。

しかし、前から思っていたけれど光速の足に追いつけるのならそれは光速以上ですよね。進速過ぎ。
最後のページは「気」まで出ちゃってるけれども熱くてイイカンジ。

D・グレイマン
チャオジはきっと人間同士の戦争が何故起きるか理解できないんだろうなぁ。
後半は意味不明すぎてヒキとしてはイマイチなような。これで来週休載だから困る。

瞳のカトブレパス
閃焔殺を使っても死にはしませんでした(笑)
主人公の能力の反則的強さは作中人物さえもが認めるところ。早くなんとかしないとマズイんじゃないですか?
一燈のほうが主人公っぽく見えなくも無い。直情型の主人公と、無気力型だけど無敵能力持ちの友人って配置のほうがウケたかも。

「七歩蛇の呪」
今から食い殺そうとしていた相手にそんな呪いをかける意味が。あるようなないような。でも、この呪いは面白い。

必殺動物部 森本梢子 読切
ごくせんの作者さん?読んだ事ありませぬ。
冒頭。今更矢ガモですか。今時の動物虐待というとー、なんだろ。海外で猫虐殺とか、ドッグパークで犬放置とか、フェレット虐殺ネット公開とか? うう、どれもシャレにならねぇ。矢ガモも充分酷いですがね。

47ページもあったのか。前半と後半が分かれてる。顔耳と毒ダンゴの話が分かれてるせいか、長さを感じずに読むことができました。
流石は現役作家(?)だけあって構成も上手いし、キャラ設定も上手いけれど連載を意識した作りになってますよね。消化不慮な部分があって。そこが読切じゃないのでズルいと思いました。

錦先輩が美人じゃなくてキモかったのは頂けない。

テニスの王子様
手塚無敵すぎwwwwwwwwwwwwwww
手塚ゾーンで引き寄せるのではなく、すべてアウトにする。その発想は無かった。(回想シーンが何故か着替え中なのはこの際どうでもいい。)

こち亀
工場は良いよ。ライトアップされた工場は美しい。

工場オタクのヒゲのオッサンが熊先生に見えてイヤすぎでしたが。
「日本縦断工業地帯鑑賞ツアーに行こう、な!」

郷田豪
4ページ目で瞬殺される天井のジャムがサブタイトルに入ってる意味が解らない。
前園を見てるとどうしても木嶋を思い出してしまう。前園のほうがカッコイイんだけど、情けなさを含めた好感度まで考えると木嶋のほうが好きだったなぁ。
連携プレイにイラだつ丹波は、バレー部でチームプレイができずにハブられたとか、そんなエピソード持ちなんですかね。

ネウロ

ネコミミ警官。これは萌えない。つか、アナタ野糞していたんですか?
5分前にちゃんと到着したのに眉間に消えないシワを刻まれた吾代可哀想。「ぎいゃあああぁ」ヒデー顔だw

拘束されても動じないヤコ。性的に言えばドMですけれど、カッコよく言えば逆境に強い。ヒーローの素質ですよね。

アンドリューはあの村からXIまで辿り付けるんだろうか。ネウロでさえ一旦帰宅しているのに。

美女トロイを浮気性と罵るのはオサレ。

P2!
梟宇センパイの妹? いーことあるかもってどんな関係だ。
そんな発想する私がヨゴれていますか、そうですか。

眞白は時間的にスッゴイギリギリまで卓球してるんですね。体力よく持つなぁ。やはり優等生。

主人公が遅刻するのはベタだけれど、ヒロムの場合体力が持つか心配になる。いや、ちゃんとトレーニングしてましたけど、つい最近までモヤシでしたしね。

乙女ちゃんのストーキングぶりは異常。いつからそこに居たんだ。

勇者学
河野と鋼野すっかり仲良しだな。

エムゼロ
ルーシーは可愛いなぁ。
マンドラゴラといえば、普通のプレートを持つ生徒には幻覚が見えずただの根っことして見えるんですよね。で、それを授業で磨り潰したりもした。そんな扱いされたらルーシーも悲しいよなぁ。その心配は無いみたいだけれども。

過去をやり直しているハズなのに、未来からきた九澄が全く関与していない姉の行動にここまで差ができた原因はなんなんだろう。しかも、校内限定で時間を戻したンじゃなかったっけ?

ムヒョ
菌族 に一致する日本語のページ 約 303 件中 1 - 10 件目 (0.20 秒)
菌類 に一致する日本語のページ 約 649,000 件中 1 - 10 件目 (0.09 秒)

ティキの力がアクトンベイビー+ヴァニラアイス。

ラルグラド
特殊融合と人間に味方する影って何か違いが?

闇王女の周りにいるMOBが随分手抜きなかんじに。いいのか。

ボーボボ
来週終わるのかー。長かったなぁ。

ジャガー
このハズし方は読めた。しかし見開きでインタビュー記事を書くとは。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。