気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひぐらしのなく頃に祭 暇潰し編 

[ 2007/06/21 05:39 ]


怖がらせるようなこと言うからだろうに。

以下ネタバレ注意。 既にループを繰り返しているから未来の事を知っている。
となると、「もう繰り上がりの足し算とかも出来ますですよ。」発言は何を狙ったモノなのか。
わざわざ赤坂の前で歳相応の女の子のフリをした真意とは。

ロリコンの赤坂をからかったのか。

それとも、ロリコンの赤坂に自分の事を強く覚えていて貰うために敢えて幼女のフリをしたのか。



どちらにしろ赤坂がロリコンという事実に変わりは無い。

ああ、でも今回の梨花ちゃんの立ち絵は可愛かった。ちゃんと幼かったし。昭和58年の梨花ちゃんの立ち絵はなんかデカいんですよね。

しかし梨花ちゃん、助けて欲しいのならもっと上手い伝え方があっただろうに・・・。
いや、しかし赤坂には昭和58年に(インチキな程に)強くなって戻ってきてもらわないといけないのか。
怪死事件1年目からウロチョロされたら消されるかもしれないしなぁ。


感想
いやー、初めて読んだ時は園崎家なら誘拐もやりかねないと思い込まされましたけど、ちゃんと要所要所で現実的じゃないって否定されているんですよね。
思い込むって怖いです。

聞かれてもいないのに、赤坂に「鬼隠し」という言葉を教えて不安を煽る大石は本当にヤッカイな人物だ。そういう役回りなんですけどね。
不安を煽るけど、園崎家の誘拐への関与は当初懐疑的だったり。冷静なんだか、冷静じゃないんだか。

熊谷の失踪は、熊谷が山狗の工作現場を職質したから?でもあれって大石だからこそ目ざとく見つけた現場だったような。
熊ちゃんが何故失踪したのか真相は闇の中。

誘拐は山狗の仕業。として、犬飼少年が運ばれてきた直後に、猿轡と目隠しを外そうとした年配の男は誰?
雛見沢の中にも山狗と繋がってた人がいると考えるのが自然なのか。

「赤坂さん、古手梨花が神通力で未来がわかった、・・・なんて話がナシだとするなら、・・・・こりゃあとんでもない話ですよ?」

ごめんなさい、インチキですから未来が解るんです。

「どうか真相を暴いてください。」
最後の文章ハモるなwwwwwwキモいwwwwww

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
梨香本人としては、ロリ坂に助けて欲しいと真剣に頼んでるハズなんだが、何故か恐怖を煽るような言い回し。
やっぱアレだろうか、通常の口調だと「何言ってんだこのガキは?」くらいで忘れられてしまうからだろうか。

何かと謎い熊谷失踪。深く考えるなら、本来アノ工作現場を発見するのは熊谷だったんじゃないだろうか。って考えも可能。皆殺し編は梨香主観でも初めての事ばっかしだったし、もしかしたらアノ現場に大石が居る事すら初めてなのかも。
もしくはループしまくったあげく、熊谷が大石と遭遇したアノ現場をちょこっと覚えていて、一人でも発見した。とか。

猿轡とかは普通に山犬の人じゃないだろうか。悪の組織っぽく書かれてはいますが、命令されてやっただけの人なら哀れみ?から猿轡や目隠しくらいとってもいいんじゃなかろうか。とか思う人が居るかも。

終わった後も色々と考えられる作品ですなぁ。
[ 2007/06/21 12:24 ] [ 編集 ]
スッカリ忘れ去られて夫婦で温泉に行ってヨロシクやってたりするんですがねっ!

熊谷の失踪
全てが終わった昭和60年の欠片。「私が付いていれば熊ちゃんは失踪しなかった」と悔やむ大石。
その想いが昭和58年の大石に工作現場を発見させるっ!

→結果2人とも失踪。

皆殺し編だけでなく祟殺し編でも仲良く失踪してる事から考えると、ループ記憶が少しだけ熊谷に残ってたと考えるのがいいんですかね?


山狗は悪の組織ではないけれど、訓練されたプロフェッショナルな組織、軍人ですから「可哀想」って思う感情で行動しようとした事に違和感を覚えたんです。変じゃないですか?

アラを探すというか、補完を楽しむというか。
作品が多面的な構造を持っているから、様々な角度から楽しむことができるんですよね。
[ 2007/06/22 09:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。