気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひぐらしのなく頃に祭 綿流し編を終えて 

[ 2007/06/12 10:08 ]
ピンチになったら圭ちゃんが助けに来てくれるのか~!
早くピンチにならないかな~☆


(;3;)

以下ネタバレ有り。



可哀想な魅音。なんて報われない魅音。
あの子は呪われた子。

綿流し編の前半で活躍して以降、次の見せ場は祭囃し編の空気投げまでお預け。不遇すぐる。(;3;)

真相を知ってから改めて見ると、壮大な茶番劇にも見えるけれど、それをホラーとして描いたストーリーテリング能力の高さに嫉妬。
鷹野の「たった100年前のことよ」のセリフにゾクゾクする。

しかし、梨花が何考えてるのか。
梨花が既に磨耗して達観しているというか、その割りに一般人と変わらない生活しているし。実に煮え切らないのですよ。

良かった点。
魅音の哀れっぽい声はイメージ通りで良かった。
「圭ちゃぁぁぁん」

てか、魅音の声は好きだなぁ。レナの声は高すぎるのと「はぅ」の言い方がキモくて苦手だけれど。

あれ?って思った点。
逢引って使っちゃダメなの?密会ならOK?
鷹野、魅音の話が大幅カット。人肉喰いの話とか拷問の話とかが省略されてる。
「くけけけけ」笑いがどう聞いても「あっはははは」

ラクガキ魅音。
20070612.jpg



さって次の祟殺しで沙都子に萌え死んできます。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。