気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の週刊少年ジャンプの感想(26号) 

[ 2007/05/30 14:44 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。


ワンピース
影が注入されると、人格は影のモノになるけれど、自分の名前は没人形のモノになる。そこが微妙にややこしくて理解しづらかったです。
シンドリーちゃんは肉体がシンドリーという女優で、人格は皿嫌いの家政婦。
となると、モリアの肉体に入って、モリアと名乗る他人任せの人格はモリアではない?

ナルト
雨が止んだならレインコート脱いでもいいんでないですか?

何かアテがあって探索の任務に出たかと思いきや、やることは虱潰しのローラー作戦。つか、そんな作戦さえも行わず大蛇丸や、サスケを数年間放置していたのは一体。何故今になってそんな作戦を行っているんだろうか。

ローラー作戦にしても、わざわざあんなことせずに無限チャクラ持ちのナルトに影分身させれば良いのに・・・。

探索の最優先は「サスケ」。何故? 当面の脅威は暁でしょうに「蛇」小隊は木の葉にとって暁以上の脅威なんでしょうか。

ナルトが狙われている事を考慮するならば、こんな任務に連れ出すな、と言いたい。

角都の部下、簡単にクチ割りすぎwwwww
そもそも水月はどうやってその男を割り出したのか。

ブリーチ
絶賛後出しジャンケン大会中。
食事で体力回復するように部下を作ったザルエルアポロの発想はゲーム的。傷すら治してしまう食事を作るとか、とんでもなく天才ですよね。栄養剤にでもすれば良いのに。

銀魂
ああ、伊東鴨太郎追悼・・・。

ToLoveる
西園寺があの後ナニしたのかは、読者の想像に任せられた。
オチに使われる古手川、可愛いよ。古手川。

勇者学
鋼野先生の性格が、勇者なのにゲスというギャップが良いのだろうけれど、今となってはそれがそう斬新な設定でもないからか、ただのゲスにしか見えない。だから主人公に魅力を感じないんですかね。
ゲスの描き方にしても、典型的な小物なカンジでしかないというのも。

アイシールド21
雨でぬかるんだ地面の上に直で座っているのか本城さん。しかもスーツ。

ネウロ 第110話 i【アイ】
「未知を表すXと、不可視を表すi」の挿絵がww。何故中国版ww

イミナって韓国名?同士諸君があまりにかの国の顔ツラしています。

リボーン
あまりにも背景が伝わりすぎる一枚の写真。でもこの写真でラルミルチのほうが教官だっていうのは反則ですよ、いろんな意味で。
アルコバレーノになる呪いというのがヒキなんですね。

一枚岩ではないミルフォーレファミリー。説明が入ったけれども単語の羅列ばかりでちっと厳しいかなぁ。

D・グレイマン
ブックマンという一族。一族という割には爺さんとラビしか登場していない? ラビは辛いならもうブックマン辞めればいいと思うよ!

瞳のカトブレパス
一話目でジュース飲んでて、二話目ではお菓子の山とラーメンを食べ、その上夕飯まで食べようとしている。大食いキャラがヤコと被りすぎじゃないか・・・。
バックから取り出すラーメンはあまりにキミタカ・ゾ・シン的。ラーメンの持ち運びはエニグマか。激しく二番煎じ。

郷田豪
一投で二度入れるという発想は無かった。
投球前にバレーボールにねぎらいの言葉をかける豪がよくわからなかったけれども・・。
+4点は四天王が仲間になるフラグか。

こっちの主人公は性格に掴み所が無さすぎ。ただの○○と一言で評せ無い分、こっちのほうが方向性としては好きですが。

サムライうさぎ
イベントの前後には必ず殺傷事件が。シビアな世界ですよね。

勇者学
10週打ち切り喰らっても11話掲載したという偉業を成し遂げるかも知れない。

ギロチンのまさゆきはaとbでは頬の傷が違う。でもどっちが正しいかなんて解るかっ!
アンケートは面白い。先週やれば良かったのにw

クラスメイト全員のデザインは未定なようで。

P2!
岩熊さんはドイツに?グーテンだけで判別。
乙女ちゃんの苗字って早乙女なんですね。「早乙女乙女」すごい名前だ。

店員のデザインが、ヒカルの碁の、なんとか名人チック。誰でしたっけ。
アキラのデザインは、ネコミミからイヌミミ(?)に進化。つか、このデザインはいかがなもんですか。昔の宮崎アニメに出てきそうな・・。

卓球の戦形の説明は興味深く読めました。

ムヒョ
交渉成立。・・・・え?
真相を暴露しただけで、こっちの要求を一度も伝えなかったのに交渉成立とは。見せゴマを作りたかったのでしょうが、チグハグすぎて困惑しました。

こち亀
カップラーメンカレンダーは売れる。
ラーメン缶は現実にもあるそうで。コンニャク麺だから延びる心配がないとか。

ラルグラド
宿った生物が死ぬだけでカゲも死ぬのなら、赤子のラルを殺さなかったのはー、親父が王様だから?
ラルのように閉じ込められてた人らを生かし続けたのは何故でしょ。

エムゼロ
影沼君の立ち位置は良いなぁ。見当違いの絶賛だけれども。
シャワーシーンだってのに全然エロくないのは、問題かと。

ボーボボ
坂本ちゃん、そんな人いたっけねぇ・・。
マジデ真拳。今更やられても・・・。やるにしても1週丸々やってくれたほうが良かったなっ!

ジャガー
実写映画化って!? フラッシュアニメは想像が付くけれど、実写映画は・・・。

若手の芸人っぽいノリに笑った。
このマンガの中的に敗者であっても、不動君は敗者じゃないだろう。
ケミカルよしおとハマー・ザ・グレートも。
参戦していない、ヒゲみちとジョン太夫に大ゴマを与えるオチが好きw 来週も期待。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。