気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

人間不信 

[ 2007/05/20 02:24 ]
アルバイターの安全<<<修理に掛かるお金

バイト先のキッチンで漏電が起きまして、その時出勤していたキッチンのアルバイターは代わる代わるに感電しました。
感電っていっても、水場においていた鍋などに触ったときにたまにビリっと電気が流れる程度なんですがね。(それでも充分恐いンですが)


で、唯一の社員である店長に漏電していると伝えると、裏手にあるブレイカーを見に行き
「漏電があるならここに反応があるはずなんだが、何の反応もないので 漏 電 は し て い な い 。」
と聞く耳を持ちません。

じゃあ、漏電してないのなら私達が感じた電気は何だってんだ。

てっとりばやく理解してもらうために、私達が感電した箇所を店長にも触ってもらったのですが、乾いた手で触ったせいか、足元が濡れていないせいか、電気がそれほど溜まっていなかったせいか解りませんが、店長は感電しませんでした。
ますます「 漏 電 な ん て し て い な い 」と言い張る店長。

いや、解ってます。漏電した箇所を直すための修理費が惜しいんですよね。金銭管理に厳しい人ですもの。

ああ、でもね。私たち(アルバイター)の訴えも聞く耳持たないという態度には幻滅しました。
仕方がないことですが相当軽く見られている。

店長の思考
アルバイターの安全の確保<<<修理費用

そんなことを露骨に感じとれてしまい、不信感を募らせると共に、その程度にしか扱われない自分にも情けなさを感じ。
いまだ治らない風邪とも合わせて相当にヘコみました。

つか、アルバイターの安全の確保をしない姿勢って労働基準監督署に訴えてもいいんでないですか?

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。