気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

非コミュ度をチェック。 

[ 2007/05/01 03:52 ]
GIGAZINさんの記事で面白そうなのがあったのでやってみました。

2007年04月30日 01時44分00秒

自分の「非コミュ」度をチェックできる「非コミュ指数テスト」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070430_dis_communication/



結果 非コミュ指数: 47(レベル2/中度非コミュ/不器用型)
discomm.cgi.png


1)不器用型
空気が読めなかったり社会的適応能力が低いタイプ。いわゆる本来の「非コミュ」。アスペルガー症候群の可能性もある。

2)無関心型
遁世的で、他人とのコミュニケーションに余り価値を見出せないタイプ。「孤独力」が高く、ひとりでも全く気にならない。

3)人間不信型
家族以外の原初的な他者承認(当サイトでは「基本的承認感」と呼んでいる)が十分でないため、他人を信頼し、深い関係を結ぶことが難しいタイプ。

4)オタク型
興味が偏っていたり、一般的ではないために、他人と共通の話題を見出しにくいタイプ。

オタク度は低いと思っていたので納得。(オタッキーだけれどオタクほど熱意がもてないのです。)
人間不信度が低いのはちょっと意外。でもまぁ、基本的には人を信じやすい、かな?
無関心度がまぁ高いのは納得。孤独を愛しながら繋がりを望むのさ。
不器用度が高いのも納得。空気嫁ませんから。口頭で言わないと伝わりませんから。


ところでアスペルガー症候群て何?ということでwikiで調べてみました。

アスペルガー症候群
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

>一般的には高機能自閉症(知的障害のない、あるいはほとんどない自閉症)と同じものとされる(アスペルガーは知的障害の有無を問わず、言語障害のない自閉症を指すという人もいる)。
ふぅむ。

>彼等に欠けているもの、発達が遅れているものは、「他人の情緒を理解すること」であり、自分の感情の状態をボディランゲージや表情のニュアンス等で他人に伝えることである。
あるあるwww

>アスペルガーの子供は、言葉で言われたことは額面どおり真に受けることが多い。親や教師が励ますつもりで「テストの点数などさほど大事ではない」などとあまりきれい事ばかり聞かせたり、反対に現実的なことばかり教えたりすると、真に受けてしまい、持つべき水準からかけ離れた観念を持ってしまう危険がある。
あてはまるかも。

>アスペルガー症候群は興味の対象に対する、きわめて強い、偏執的ともいえる水準での集中を伴うことがある。
これは・・・どうなんだろう。当てはまるかもしれなひ。
>輸送手段(鉄道・自動車など)、コンピューター、数学、天文学、地理、恐竜、法律等は特によく興味の対象となる。
違うな。
>アスペルガーの人は高い知能と社交能力の低さを併せ持つと考える人もいる。
私は低い知能と社交能力の低さを併せ持っていますよ!


>アスペルガーの人は、自分があまり興味を持たない事柄に関して、「実体験から因果関係を導き出し、一般法則として身に付ける」ことが不得手なことがある。
>自己の疲労感、眠気、空腹感、のどの渇き、尿意、発熱、寒気、暑さなどに対する自覚が鈍く、ぎりぎりになるまで気づかず、計画的な解消行動をとれない人もいる。
あるあるwww 特に眠気と空腹感wwwww

やっべぇ、見れば見るほどに病んでるな、私。
病院でも行ったほうがいいのかしらん。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。