気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年ジャンプの感想(17号) 

[ 2007/03/26 08:00 ]
今週の週刊少年ジャンプの感想をツラツラと。


表紙
大怪我したお年寄りが表紙に。

リバーシブルポスター アイシールド21
絵上手いですよねぇ。色使いが綺麗です。空間の表現も見事です。桜の花のアップから遠く富士山まで。一枚の絵に納めるって凄いですよ。

ワンピース 第449話 "スリラーバーグの四怪人" 巻頭カラー
見開き表紙。サクラの花の色がちょっとケバケバしいくらいのピンクで気になるのですが、黒いドレス、衣装、ライトアップされた背景に映えて幻想的な雰囲気を感じさせて面白いです。

シンドリーちゃんは何考えてるんだw 果敢すぎます。
没人形って何だろう?人造人間というとDBと被るし、フランケンシュタインという名前は怪物の名前じゃなく博士の名前だったりして適切じゃないから、オリジナルの名称を考えたのかな?
倒れても倒れてもまた立ち上がり襲いかかるゾンビの恐怖。ルフィもゾンビみたいなもんですね。
クマシーはデカい?
ゲッコー・モリアもデカい!いや、あの3人が小さい可能性も。
「必ずやモリア様のお役に立つでしょう!!!」
予想するに、奪った影を具現化し下僕とする能力とか?ブルックっぽい用心棒もそれで説明がつきそうな気がしますが、用心棒という位置づけが引っかかりますがね。
墓場のアブサロムは弱い気がします。透明人間だからといっても物理攻撃無効じゃないので「ゴムゴムの暴風雨」並の弾幕を張られたら成す術なく負けるような。あれか、ロビンかナミと戦うエロ要員なんですか。
ペローナは強い。物理攻撃無効だし、精神攻撃持ち。アブサロムとペローナがしっかりコンビ組んで襲ってきたら強敵じゃないですか?
CP9とのバトルはタイマンばかりだったので久しぶりにチームバトルが見たいです。

BLEACH 268. 君 死にたもうこと勿れ
ルキアのボケ。元々、一護がツッコミでルキアがボケではあったけれども、そのボケ方は死神だから人間界の常識が無いだとか、確信犯的に悪フザケをルキアがするという印象があったので、今回の天然っぽくボケるルキアには違和感がありました。

「もし世界に自分一人しかいなかったら 心なんて何処にも無えんじゃねえかな」
これは良いセリフ。でも一人で死ぬのを禁止するのは如何なものかと。戦闘なんだから一人で戦う事もあるでしょうに。自分が死ぬかもしれないという覚悟が足りないんじゃないですか?
今回個別行動を言い出したのはルキアだし、それでいてやはり一人じゃ死ねないってトンだ狂言まわしに見えます。
ついでに、マーロニーロ・アルルエリ追悼。

リボーン 標的138 10年後の戦い
あー、あの謎の男。ってか女。ラル・ミルチ。以前に出てきたキャラでしたか。ゴーグルの模様を見た覚えはありましたが思い出せませんでした。
アルコバレーノの「なりそこない」で家光と一緒にイタリアで偽9代目を救助しようとしてた人ですな。3ヶ月くらい前のジャンプを一生懸命引っ張り出しました。
10年前からきたツナを殺してしまいそうな勢いでしたが、もし死んでいたら未来が変わってしまうんじゃ。殺されそうだったけど、殺されなかったというあたりまで含めての10年後の未来なのかしらん。

「最強のアルコバレーノ達は皆死んでいった。」
だいぶショッキングな未来なようです。リボーンは死んだとは名言されていませんが・・・。
スカルってタコ使いですよね。あれってそんなに強かったんですか?ギャグパートの頃に出てきた記憶があります。
wikiを見ていたらもう1人いるんですね、アルコバレーノ。ヴェルデ。誰だそれ?
今週一番の謎は中学生が履ける靴を持っていたラル・ミルチ。
ああ、未来人だからその辺も含めて知っていたんですか。(過去に戻ったときに「10年後に靴を用意しておいてくれ」的な会話があったらカッコイイかも。)

銀魂
近藤勇の愛刀が虎鉄というくらしか知りませんでした。つか、山崎の元ネタになった隊士の事さえ知りませんから。それくらいの新撰組知識です。
今時のジャンプじゃ珍しいくらいの血飛沫を見ました。伊藤鴨太郎。これは好き嫌いが分かれそうなキャラですね。
私としてはキャラ的には嫌いじゃないですが、セリフが小さくて苦手です。
碌に仕事をしてない隊士が多い中、比較的真面目な土方より更に大真面目なキャラになると、土方の役割を奪うことになったり、仕事を真面目にこなした結果、今の各立場のキャラ達のパワーバランスに大きな変化をもたらす事になったりと話を進めるには都合のよさそうなキャラですが使いどころが難しいキャラだとも思います。
って、モデルになった芹沢鴨は暗殺された人ですか。暗殺なんて書けないよなぁ、少年誌じゃ。
伊東甲子太郎って人がモデルでしたか。まぁその人も暗殺されてるから問題なし。

がんめい ぐわん― 0 【頑▼冥】

(名・形動)[文]ナリ
頑固でものの道理にくらい・こと(さま)。
「性―にして/滝口入道(樗牛)」

「うむ!みんな--に頑張るぞ」
知らなかったです。

NARUTO No.347 寄り道!!
裸。読者サービスですか?
女の裸が2人に男の裸が3人。少年ジャンプなのに・・。
露骨な媚売りは正直残念です。ナルトにこんなモノは求めてなかったので。喜ぶ人もいるでしょうが、今回は失望した人のほうが多いのではないでしょうか。
再不斬って6年くらい前のキャラですか?忍刀七人衆なんて設定もう覚えていません。再不斬以外に出てきましたっけ?
代々受け継がれていくシステムの割りに、再不斬の死後3年間誰も受け継がなかったあたりに競争率の低さを感じます。

アイシールド21 Cカラー
一休がもう役どころもカンペキにベジータにwww
元プロ野球選手が何故関西アメフト連盟理事長に。珍しいことなのかどうなのかはよくわかりませんが。

D・グレイマン
よっし、戦闘がゴチャゴチャしていて何をやっているのかよく分からないぞ!

魔人探偵脳噛ネウロ 第102話 言【ことば】
そういえばそうですね、ネウロって壁に垂直に立ったり、天井で寝たりはできるクセに空は飛べないんですね。飛べそうな気はしますが曰く「空など飛べたらまるで我が輩 化物ではないか」だそうで。
十分に化物ですが。
感想サイトを見ると、睦月を犯人と予想する所が多かったのですが、あんなにショックを受けてる幼女が犯人であるわけがないだろっ!と個人的に擁護しておきます。
(あまりに良い子に描かれすぎていて、変身するんじゃないかと言われてます。)
望月が元警察の官僚という設定を生かしていました。あんなダメ人間でも取柄があるんですね。部下に膝枕してもらおうって、どんだけ依存してんだよ社長wwww
容疑者3人のアリバイはまだ聞けず。普段の短編よりテンポがスローですが、普段が怒涛の展開をしてるわけでして。このくらいでも丁度良いかなと思えます。
犯人は3人全員が共謀していて、三者三様の殺せない理由を三人がフォローしあっていると予想。

殺害方法は、社長を屋上に呼び出して向かいのビルの屋上に幼女(睦月じゃない)を配置するんです。で社長は条件反射で這って接近しようとしてビルから転落。落下しながら社長が最後に目にするのはその幼女の白いパンツ。

「天空の・・・ 白!!」



メゾンドペンギン
バカ彦くんって、障害者を笑っているようであまり好きじゃなかったりします。

サムライうさぎ
D・グレイマンと似た臭いがします。仮想江戸時代と言いますか。もっとファンタジー分が強くて、グルグルのほうが近いかなぁ。
こんなギャグみたいな展開してる割に、先週2人が切腹してるんですよ。作者さんはこのギャップを狙ってやっているのか天然でやっているのか。どちらにしろ私としては評価がし辛いセンスだなぁと思いました。

もて王
なんか今週はやけに阿久津の髪型が立体的だった?気のせいかな?なんとなくカッコよくみえました。 ・・・はっ!これが恋!?
阿久津は陽子の胸を揉んでると思います。
よかったな、矢射子。しかし、この旅行に木嶋は何しに来たんだろう・・・。

エムゼロ
レースよりルーシーの身を案ずる九澄は良いヤツですね。
今回の話は良く練られた話で各キャラに見せ場があって面白かったです。

バレーボール使い郷田豪
媚を売るというか、初めからこういう作風の作者さんですから裸を描かれても不快には感じませんでした。
杉越翔陽=出木杉英才 秀才じゃなくてエスパーっていうんじゃない?
デスノパロ笑ったw やっぱエスパーだろw
今週は結構面白かったですよ?

ボーボボ

鼻毛を伸ばすだけじゃ奥義にはならないんですか。

ラルグラド
「カゲを嗅ぎ取っても尾を振るだけに調教し直した」なんというご都合主義。
(ユフィ+ティファ)÷2+ケバさ=ルシル
失った仲間のために涙を流した、そのすぐあとにエロスな展開。ルシル本人は演技だとして、周りの人間がその節操の無さに違和感を覚えないのは文化が違うからですか。
ラルにとってミオ先生はオッパイだけですか。サイテーだなと思わせておきながら、来週辺りフォローする展開なのでしょう。が、ラルの印象の悪さは最初からなのであまり意味がなかったり。むしろ今回ミオ先生があまりに女々しくて幻滅してしまいました。

メガネマッスル ツヨシ最強伝説 大江慎一郎 読切
親父の存在が不快。親父を中心に話が進むかと思ったら中途半端なところでフェードアウト。ウザいクラスメイトが出てきて、「え?また話が始まるの?」と思ってしまいました。
オチへ持っていくまでの助走が長すぎたんですよね。
覚醒して巨大化した後のハッチャケぷりは面白かったですが、強引っぷいが漫画太郎先生を思い出させました。

こち亀 (^o^)2度目マグロ養殖の巻
マグロ養殖陸上循環式生け簀のアイデアは面白いです。ってコレって本当にあるんですか。
なるべく金をかけずに儲けようとしてアイデアを練り、自業自得により損をする。面白かったのですが、マッチョなマグロの育成方法というのが現実味が無いというか、面白みがなくて残念でした。

ToLoveる
リトの親父はエーテス様でもマンガに登場させるつもりですか?
金色の闇の衣装って足にベルト巻いてるんですね。跡がつきそうです。
「強力な能力ほど負担も大きい・・・」何かと思ったら、ナルトのセリフか。
これって単行本の完全版(笑)だとどこまで描くつもりなんですかね。

K・V・K最凶バトル 相原成年 読切
鼻の無いツッコミ顔が不快でした。

ムヒョ
パケロさん、五領の煉を使って遊び放題。とんでもないもの呼んじゃいましたね。

P2! STEP25 パラダイムシフト(余話)
一矢報えなかったんですか。相馬がアレを返せたのは偶然ですが、「卓球にまぐれはない」そうですから。厳しい世界ですね。
川末兄弟はアキラが一方的に兄を嫌っているのかな?傍観してるという割には兄に対してだけは感情を抑えることができない。このブラコンめ。そこが可愛いんですが。
乙女ちゃんも試合会場に居たのに、ヒロムに直接労いの言葉をかけず。素直じゃないなぁ。

ジャガー 第278笛 全部ジャガーのモノ
朝10時に起きて、4時まで二度寝する生活がリアルすぎるってピヨ彦どんだけダメ人間なんだよww
それ以降の迷走っぷりが面白かったです。が最後のオチがなんか読切マンガの強引なオチみたいで微妙でした。いやまぁ、そうするしか他に手はないんですが。

広告
ドラゴンボールオンライン。
時代経過により、世界へサイヤ人の血が広まっているためいつしか"覚醒"する力を秘めた者も!?→サイヤ人絶倫すぎじゃね?www
ナメック星人、気持ち悪いなぁ。
元々ドラゴンボールは個人戦ばかりだったからPT戦闘はDBらしさがないと文句がでそう。MMORPGだから、プレイヤーが全員悟空になれるんじゃなくて、せいぜいヤムチャレベルになれる、そんくらいのバランスのゲームだと思いました。
世界観は面白そうなんですがねー。あと、中高年が多く参加しそうだと思いました。

総括
テニスの王子様は作者急病のため休載させていただきます。お大事に。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
ナルトについて二点。ナルト作者はヤオイみたいなものが嫌いだと発言しているので、編集の意向ないしサクラというネットなどで嫌われているキャラクターをそう設定する事で、馬鹿にしているように思えて小気味良くも思えました。

再不斬はもう7年くらい前のキャラクターではないでしょうか。忍刀七人衆は霧隠れの里の集団です。再不斬の他にも現在は暁の干柿鬼鮫がそのうちの一人でした。因みに再不斬の代までは学校の卒業試験が生徒が2人1組になって殺しあうというもので(こういう制度により血霧の里と呼ばれていました)、再不斬が他の生徒を皆殺しにしたことで次の試験からその制度が廃止になった、という設定があります。
[ 2007/03/26 13:50 ] [ 編集 ]
ヤオイ描写を喜ぶ一部の読者を、ネット上などで嫌われているサクラと重ねる事で「腐女子=サクラ=嫌われている」という図式を作り、風刺としているんですか。面白い考え方ですね。

ネットなどで嫌われているサクラにヤオイ好きという設定つけて更に嫌われるよう仕向けるなんて岸本先生はどんだけサクラが嫌いなんでしょうか。

>再不斬について
「あれは楽しかったなぁ」の話ですか。思い出しました。連載開始時から読んでいましたが、流石に7年前の記憶となると曖昧なものでして。情報ありがとうございます。

忍刀七人衆は鬼鮫もいましたね。これも忘れていましたっ。
鬼鮫の剣はチャクラを削り取るとかいう性質があったので、再不斬の剣にも何か付加効果があるのでしょうかね。

例えば、3年間雨ざらしでも決して錆びないとかっ
[ 2007/03/27 00:18 ] [ 編集 ]
一部感想サイトではサクラのキャラクターは、途中から嫌われるように狙っているという説があるくらいですからね。

再不斬が封印を施されているなどして能力を使えなかった、と後付してしまえばいくらでも能力は付加えられますからね。後付も週刊連載の醍醐味なので、楽しみなところです。これまでの描写から考えられるものとしては、宙を飛ぶ、音が出ない、というところですね。地味ですが。そうなると重吾は盲目のキャラクターだと予想できたりします。アニメの方で黒鋤雷牙とかいう忍刀七人衆の一人が出てきたらしいですが、アニメはパラレルワールドだと作者も言っているそうなので、あまり関係ないかも知れませんね。

何はともあれ、これで砂と木の葉と音以外の舞台に移る可能性が出てきたので、個人的には楽しみにしています。期待すると裏切られますが。前編では白の能力名が「氷遁」だということが7年越しで判明したりで、人柱力も出てきていないので霧隠れ登場の機運も高くなっていると言えましょう。
[ 2007/03/27 17:08 ] [ 編集 ]
そんな説があったのですか、知りませんでした。
ヒロインであるサクラを嫌われるよう描くことによりサクラの出番を少なくし、主人公格のナルト・サスケ間から排除し、より一層2人が強く結びつく余地をナルトとサスケ(と読者)にヤオイ嫌いの岸本先生は与えている、という解釈で良いのでしょうか。まぁ、あくまで一部のサイトで言われている説でしかないわけですが。

後付設定で首斬り包丁に能力ができたとして、それを楽しめるかどうかは納得のいく説明をつけられるかどうかにかかっているので、岸本先生の手腕に期待しておきたいところです。
その設定を加えたことにより、矛盾が生まれずに、むしろ過去の設定が伏線として生きてきて初めて後付設定の面白さ、醍醐味になると私は考えていますから。

また、能力が付くという考え自体が、私が「(鬼鮫の剣も踏まえてですが)今更ただの馬鹿デカイだけの剣を出されても面白くないよな」と思っただけの事ですから、もしかしたら能力なんて何もないのかも知れません。
次の展開を予想する所にもジャンプの感想を書く醍醐味はあるのですが、私は想像力が貧困であり、また読み込みも足らずそういった想像を中々する事ができません。

私以外の多くの人も同じく、能力が付くと考えたかも知れませんがまだ仮定の段階であり、そうでありながらそこまで想像を広げ物語を考察する事ができるgekoさんの考えは私にはない視点であり興味深いものです。貴重な見解をお聞かせ頂きありがとうございました。
[ 2007/03/28 11:17 ] [ 編集 ]
完全に嫌われるキャラにして、それをヤオイを重ね合わせる事で、既成事実を作る。という事です。一部の好奇なサイトだけですけどね、このようなサクラに期待している人たちは。

言うまでもなく整合性と構成上の連関というものは必要十分条件だと思うのですが。

私は物語の予想がどれだけ野暮な事か知りながらも好んでいます。三谷幸喜あたりの発言だったと思いますが、週刊連載の特性というのは、読んでから7日間の間にあれこれを展開を推測するなどして、その答えが高い確率で7日後に得る事が出来る、というものだという考え方があります。それ故に作者は引きを用意して編集は煽りと次週予告に注意しているのでしょう。

首切り包丁(確か連載時には"首切り包長"と表記されていました)に付加能力があるというのは、今回の水月の台詞と、七人衆が特殊な刀を使うことからそう呼ばれたという設定からの推測です。特殊な刀というのでは、形状のみが特殊であるという可能性もありますが。

それでは、このまま続けていても終わりがありませんので失礼させていただきます。今後も感想楽しみにしております。
[ 2007/03/28 15:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。