気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お酒は怖い。 

[ 2006/08/03 06:14 ]
私はアルコールに弱く、チューハイ1缶で顔が真っ赤になり、
2缶目まではまだ飲めるものの
3缶目を飲む頃には、顔が青くなり頭がクラクラしてきます。

前後不覚になるほど飲んだ
(それでも普通の人と比べれば少ない量)
のは2回だけしかありません。
2回だけですが、自分の体が自由に動かないコトや
突発的に襲ってくる吐き気などの不快な経験は
もう2度と味わいたくないと思えるものです。

というか、私はチューハイ2缶だけだろうと
テンションは上がるので
(それ以上飲むと逆に下がるコトの方が多い。)
景気付けの為にお酒を飲むのなら
それだけで十分なのです。
安上がりな体質でもあります。
あとはチビチビと飲んでいけば、快な状況を維持できるのです。

そんな風に飲んでいると、たいていの場合
「全然飲んでいないじゃないか」と指摘され
お酒を勧められるのが困り種です。
ま、4杯目を飲んでも前後不覚になるわけではないので
それなりに許容の範囲内でなら飲みますが。

で、今日のコトなんですが
いつもお酒を勧められる側だったので
今日はなんとなく勧める側に回ってみたのです。
ツマミもなしに飲んだのも原因でしょうが
前後不覚になった人が2名も出てしまいました。
すまなかった、S君、Kさん。

ダウン状態で介抱されている二人を見て
心底怖いと思いました。
泥酔するまで何故飲めるのでしょうか。
(勧めたとはいえ、強制ではなかった。)
飲めば飲むほど気持ちがよくなるモノなのですかね。
チューハイ2缶以上を続けて飲むとむしろ気分が悪くなる私には
たぶん理解できない心境なんでしょうね。
(逆に飲める人には私の心境もわからないモノなのでしょう。)

要は自分のペースで飲むのが一番いいんでしょうね。
今後は2度と人にお酒を勧めるのはやめようと思いました。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
はい。ガラさω(ハゲ)に酒を飲めと言ゎれ久∪ぶりに吐きま<ッたKです☆★
とゅ~かホントにその日のことゎ覚ぇてな<てとりぁぇず私ゎ吐きま∪た↓↓
Sさωゎトイレで寝てたなぁ…
とゅ~訳でぁた∪も調子乗ッちゃッてごめωなさぃで∪たぁΣ((0艸0●)
[ 2006/08/06 14:15 ] [ 編集 ]
ギャル文字すげぇ!

⊃(≠〃σ£ヽ`⊂(≠レ£、世⊃`⊂〃をмам○ッτT=σU<σм○ぅЙё
、ζ,⊃ヵゝ∋レヽレ£レヽゃT=〃ヵゝら★

便利な世の中ですね
http://mizz.lolipop.jp/galmoji/
[ 2006/08/06 20:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。