気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

うっかりさん 

[ 2006/12/23 00:32 ]
熱烈応援中。
neuro1223.jpg

      ※画像と本文は関係ありません。

鉄のラインバレル 1 (1) 鉄のラインバレル 1 (1)
清水 栄一 (2005/06/20)
秋田書店

この商品の詳細を見る
鉄のラインバレルというマンガに興味があったので書店で見かけたので購入してみました。  が


1巻を買ったつもりが手にしていたのはコチラ↓
鉄のラインバレル 0 鉄のラインバレル 0
清水 栄一 (2006/12/20)
秋田書店

この商品の詳細を見る

第0巻、これは作者さんの読切作品等を収録した本だったのです。(最近こういうタイトルの付け方多いですよね。) いやぁ、そこまでファンじゃないというか、どんな作品を描く人なのか知らないクセに短編集なんかを買ったわけですから買ってしまったと解った時は結構凹みました。うっかりしてました。
まぁでも、内容は面白かったので買って良かったと思えます。
ロボ子ちゃんは可愛い。

おとぎ銃士赤ずきんのコミックスも発売されていると知り書店で購入しました。で、またうっかりしていて1巻のほうではなくアンソロジーの方を買ってしまったワケです。
おとぎ銃士赤ずきん おとぎ銃士赤ずきん
緋色 雪 (2006/12/09)
マッグガーデン

この商品の詳細を見る
おとぎ銃士赤ずきん おとぎ銃士赤ずきん
アンソロジー (2006/12/09)
マッグガーデン
この商品の詳細を見る


tu-ka,これはズルい!だってマンガのほうと同じ作者さんが表紙描いているんですよ!普通間違えますって。
お陰でアンソロジーなんてものを生まれて初めて購入してしまいました。
上記の二つのミスを3日の間にしでかしたので自分は相当うっかりしてるんだなぁと改めて自覚しました。

まぁ、でもいばらが可愛いから買って良かったと思います。(そんなオチ)


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。