気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近買った本その6 

[ 2008/02/23 02:06 ]
国民クイズ story 杉本伶一 art加藤信吉
昔々、円が世界で一番強かった頃の物語。
国民クイズ体制が最も優れた政治体制なのか。世界中の国が国ク体制になってしまったら戦争しか起きないよね。世界中を巻き込んだ資本主義の更に行き着いた先が、勝者1国による国民クイズ体制ってのはありえるかも。それが作中の世界ですけどもね。

痛烈な批判と風刺に塗れた救いのないお話。あの話のオチを救いのあるものにすることはできないと思う。それこそ人類全体の成長だとか、眉唾モノな宗教的なインチキがかったモノを持ち出すしかないですもんね。

スケットダンス 1~2巻 篠原健太
セルフライナーノーツ(要は端書)で制作秘話を語ってくれるのは嬉しいんですけども、表現中の「面白い」という言葉の多さが気になった。
「そのほうが面白いと思って」「結果、面白くなって良かったです」とか。
面白いと感じさせることを読者に強要しているような、ね。

99ハッピーソウル 大岩ケンヂ
こんなに我が強い作家さんだったんですか。

World Embryo 1巻 森山大輔
年上女性キャラを配置しまくってバランスを取った結果メインヒロインが2歳児になりました。糞バロスwwww
有栖川レナの不遇っぷりは気になっていた。良い場所にいるのに冴えない。可哀想なヒロイン。

STEEL BALL RUN 14巻 荒木飛呂彦
どんな発想すれば左側失調なんて思いつくんだ。

涅槃姫みどろ 1巻 原作 大西祥平 漫画 中里 宣
厄いわね。これはギャグだろぅ。ホラーを期待して読むもんじゃなかった…。

聖闘士星矢 冥王神話編 7巻
マニゴルドー!蟹ィー!
嘆きの壁に出てきたキャンサーはデス様じゃなくてマニゴルドだった説。

ユズリハまで聖闘士になっちゃった…。前聖戦生き残ったのはシオンと童虎のみなんですよね。うへぇ、やめてくれぇ。

まりあほりっく 1巻 遠藤海成
女装美少年に引かれて購入しましたが何か?
主人公の宮前かなこ。ガチレズ。何でコイツはこんなウザいんだろう??

ももいろスウィ~ティ~ 1巻 ももせたまみ
一応夏海って主役級のキャラだったんですか。屁をこく主役。そら人気でないわ。
母の歯科医設定も知らなかった。サエコさん家政婦だったのね。姉妹だと思ってた。
ひろこ先生の乾きっぷりが良い。女の子にモテモテ。

タビと道づれ 1巻 たなかのか
眉毛太い娘可愛いよ。
犯人は航ちゃん。とみせかけて、やっぱタビが原因なのかね。
心の成長を描く物語だとしても、心と直結した世界のなかでなら気持ち悪さは感じない、かな。

螺子とランタン 桂 明日香
私は法螺とランタンだと思っていた。
ロリコンって気があまりしないのは何でだろう。幼女を大切に想い、幼女から大切に想われるってのは正常な関係なんじゃ?とか思っちゃう私はやっぱロリコンなのか?
ニデルは幼女だから好き、なんじゃなくてココの人柄に影響を受けてるわけでしょ。

ショタアーサーと姉御肌メイドノラの関係も好き。

獏-BAKU- 1巻 びっけ
少女漫画。ごめんなさい、これ読めない。うぅ。

HELLSING 9巻 平野耕太
詮ずる所全ては餓鬼の喧嘩さねぇ。
死にたきゃ、勝手に首くくれ。50年前に首を括れ。
それはできないんだろうけどなぁ。迷惑な奴らだ。
スポンサーサイト


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

最近買った本 その5 

[ 2008/02/19 00:53 ]
ひさびさだな。結構貯まった。本棚整理しないとなぁ。

大魔法峠 4巻 大和田秀樹
姉御かわいいよ、姉御。ごめんなさい「ニコニコなんとか」で大魔法峠は知りました。でもコミックス買ったから許して^^

もっけ 1~3巻 熊倉隆敏
1話が秀逸すぎた。これ読切? ああいうのが観える「だけ」なら面白いかも。
ちょっと迷信臭さが強すぎて引いちゃった。現代劇だからどうしてもチープになってしまう。

ロリコンフェニックス

ロリコン向け?つまり成人男性向け?にしてはギャグが幼稚。コロコロとかに掲載してそうなくらいに。

こどものじかん
ロリコン向け。これに夢中になれる人は悪いけど病気だと思う。幼女の可愛さよりも状況の異常さのほうが気になって気持ちが悪くなりました。

オタクの娘さん
 第一集 すたひろ
上記ロリコン3部作(?)の中で一番マトモ。これは案外普通に良い話。ロリコンマンガですけども。
てか、主人公耕太はオタクだけどもパパになろうと健全な努力してるからね。娘に欲情するほど腐ったロリコンじゃないのが救い。 結局私もロリコンじゃないってことか。
優先順位が大きいお人形>>娘だったのには笑ったけども。

COOL 2^3巻 許斐 剛
ようやく手に入れた。伝説のギャグマンガ。COOL!COOL!COOL!!
これを素でカッコイイと思えるのは中学生まで。
パワー初登場時の扉絵の酷さに大笑いした。

となりの801ちゃん 小島アジコ
こんなハイスペックな腐女子がいるのか。いるといいなぁ。いるんでしょうね。
私の周りには居ませんが。
スポーツマンが全員さわやかさんってワケじゃなくてネクラな人もいるように、オタク腐女子の中にも社交的な人から更に腐ったような人までいるわけなんですよね。私は後者ですが。

皇国の守護者 5巻
うおー、そこで終わるのかよ。
私も新城直衛についていきたい。切り捨てられそうだけども。

KILL WIZARD 1巻 水薙 竜唳
MMO好きそうですね。ルビの格好がまんま廃wiz。詠唱合戦って駆け引きとして面白くかけるものなのか。早口勝負ですよね。
バスタードの唱える者のアイデアは面白かった。最大級魔法を同時詠唱とかねぇ。アノ頃は良かったなぁバスタード。

アイドルのあかほん 氏家卜全
噛む事をギャグにするマンガって多いよなぁ。文章中で噛まれても笑えなくないですか?
ここまで徹底してやると芸になってますけども。

隠の王 1~2巻 鎌谷悠希
○○の王系のタイトルって多くないですか?いばらの王とか緑の王とか。他はなんかあったっけ。これってワンピの海賊王が元ネタかもとか個人的には思ってたりします。

なんだか惜しい作品。森羅万象が蟲師を連想させる。いろんなマンガの良いところを寄せ集めて上手く合成は出来ているけれども…。テンプレート的なキャラが多すぎて薄っぺらい気が。

闇に恋したひつじちゃん 1巻 長蔵啓丸
んんん、このくらいの画力だとアクが強い絵というよりかは下手絵に分類してしまう。

仮面のメイドガイ 1巻 赤井丸歩郎
赤いマルボロ…。その節はお世話になりました。(?)
エロを期待して読むと損をする。メイドたるもの何でもできるべきではあるけれど、こんな万能メイドはイヤすぎる!

ラブやん 6巻 田丸浩史
ラブやんがますますオッサンじみていくwww ヒロインですよ、ヒロイン。天使長のほうが可愛いですけど。
しかし浣腸されたりローターいれられたり、ヒロインとは思えない処遇だなww エロマンガじゃないですよ?

へうげもの 2巻
徳川家康格好よすぎ修正されるね。道楽に生きる酔狂な人間。あまりに有名な戦国時代をその視点から描いているのは面白い。

花子と寓話のテラー 1巻 えすのサカエ
太い眉毛いいよね。亜想は花子に対してはシャックリでないんだ?
visualize downだなんて大げさなプログラムを使わなくても鏡に写すとかじゃダメなんですかね。
寓話によって引き起こされた出来事は寓話が消えれば元に戻る。だのに人面魚のエピソードのオチが後味悪すぎで驚いた。ふぃー。

MAKOTO 完全版 郷田マモラ
絵柄とあいまって恐ろしいほどのインパクトがある。ホラーオカルト風味ですけど、根底にあるのは人間愛。終わった物語の悲しい結末しか見ることができないけれども、後味はけっして悪くはない。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

最近買った本 その4 

[ 2007/10/25 23:20 ]
みなみけ 4 (4) (ヤングマガジンコミックス) みなみけ 4 (4) (ヤングマガジンコミックス)
桜場 コハル (2007/09/06)
講談社

この商品の詳細を見る
みなみけ 4巻
祝アニメ化。例によって、私が住んでる地域では地上派では放送されない。んでもテレ東は映るから見れるんだ!!
絵柄変わりました?カラー絵が特に怖くなったような。
同じ性転換キャラだけど、トウマとマコちゃんだとマコちゃんのほうが好きな私は人として終わってる気がする。マコちゃん可愛いよ、マコちゃん。



HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス) HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)
冨樫 義博 (2007/10/04)
集英社

この商品の詳細を見る
HUNTER×HUNTER 24巻
何事もなかったかのように連載再開+単行本発売。
23巻~連載中断までの本誌掲載分でコミックス発売できたんですね。あまりに展開が進んでいなかったから、本誌でずっと追っていたけれど記憶に余り残っていなかったり。んでもコミックスで読み返すと、王のキャラの掘り下げが深くなってるんですね。
でも結局王の人格は理解できない。私が低脳なだけ?



空談師 1 (1) (アフタヌーンKC) 空談師 1 (1) (アフタヌーンKC)
篠房 六郎 (2002/10/23)
講談社

この商品の詳細を見る
空談師 vol.1
ナツノクモと同じ世界設定って事ですか。ナツノクモでは語られてなかったリネンとボードの設定が少し見えてきた。ってそれってナツノクモというマンガに不備があるって事じゃないか。
ナツノクモでは納得いかなかった強さの設定も、ボードでレベル制限がされているという設定と、常人では扱いきれないほど速さだけに特化したキャラという説明でならまだ納得できるかなー。
クダン・ウシと空談師を掛けてるワケか。空談師ってのがよく解らないけれど。

ウーフーのウザさは異常。ネトゲにもいるよね、自分ルールを押し付ける奴。それを主要キャラに据えるってどうなんだろう。

ネトゲーに関する虚実のむなしさを描くのなら、長編より短編のほうが向いていると思う。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

最近買った本 その3 

[ 2007/09/28 11:52 ]
ユーベルブラット 6巻
名前からしてダメな子アトが、いろんな意味で使える子に。でも黒髪のが好みだったYO! 覚醒してもエルフ耳にならなかったのも残念だYO!

ブロッケンブラッド Ⅰ・Ⅱ
男の子でも構わんですたい。 下腹部の曲線がエロすぎて困る。

ヘルシング 2~7巻
中学生の頃に見た記憶があったけれど、これまだ連載中なんですね。当時は好けなかったけど、今読んでハマりました。趣味が変わったのかな。
バスタードと似た匂いがするけれど、当初の計画通り描ききる姿勢と勢いに任せて暴走する部分のさじ加減が絶妙。投げっぱなしにせず、キャラを大切にしてまとめようとする姿勢が素敵。

ヒッカツ 2巻
んんん、必活打撃というアイデア以外はなんだか微妙に見えるなぁ。

ピコーン! 舞城王太郎 青山景
DQNな生活。ある意味リアリティに溢れている。
まぁ、私は目を背けちゃいますが。共感して泣ける人もいるんじゃない?

さすがの猿飛 1~4巻
昭和57年の作品。4半世紀前って事か。時代的にはアラレちゃんとかと同じ頃?絵柄は古いけど(当然)、現在でも通じる絵の上手さがあると思う。
と思っていたら、作者の細野不二彦さんてギャラリーフェイクの作者さんですかい。絵柄からじゃ全然連想できなかった。
キャラの放置消失が多いのが残念。

イキガミ 1巻
どうにも感動の押し売りに思えてしまう。人間ドラマを描こうとしつつ、最も人間の命を軽視してるのが作者さん自身のような気がする。

絶対可憐チルドレン 10巻
ナオミは怖い。少佐は間男。
伊-八号の予知は、予知のせいで少佐を複数能力者に目覚めさせてしまったわけで。予知って結局意味ないよなぁ。
予知を見ても未来は変わらない。チルドレンは予知を打ち破れるのか。あ、そっか、これがテーマか。

スチールボールラン 13巻
大統領がとってもキュート。

魔人探偵脳噛ネウロ 11巻
涙なしでは読めないHALと刹那のエピソード。刹那の病気にはシックスが関わってるんですかね。
目標達成のために手段を選ばず、一人の女性の為に世界を敵に回したHALの生き方がカッコよすぎる。

誰かがカッコウと啼く 1巻
「あなたには、とてもお勧めできません。」
まったく持ってその通り。難解すぐる。絵が気持ちワルすぐる。雰囲気だけに騙されてる気がする。

さよなら絶望先生 第10集
藤吉さんて嫌味なくらい完璧超人だよね。
加賀愛が可愛いすぎた。纏の明治チックな服装って素敵。
本筋から外れた第百話の出来が秀逸すぎる。もちろん本筋の内容が。

レベルE 1~3巻
以前読んだ内容が記憶に残りすぎていて、衝撃が減ってしまった残念作品。衝撃的すぎてオチを鮮明に記憶してしまう。
まっさらな脳みそで読みたかった。

おとぎ銃士赤ずきん 2巻
いばら姫の動かし方って難しいよね。素直な働き者、アニメと力関係が逆転している白雪がかわいそうだった。
でもそうしないとリンゴのいる意味がないもんなぁ。
どこまで話を進めるつもりなんだろう。

ひぐらしのなく頃に 宵越し編2巻
ある意味超展開だけど、非常にひぐらしらしい。
理詰めの説明、でも根幹にやはりファンタジーが絡むところもひぐらし的。説教くさいところもね。
絵が可愛い、読みやすいのもGood.
ループがないから起きてしまった殺人に取り返しがつかない(この発想もどうかと思うけど。) リセットが効かないから純粋なハッピーエンドとも言えないけれど。ひぐらしのハッピーエンドなら最初から誰も死なない。それでも、前向きに読後感爽やかに終わらせたのは流石。
そもそもひぐらし原作(罪滅し編の亜種)のバッドエンド後のストーリーなわけだし、ここまでハッピーにもってこれるだけ凄いのか。

NHKへようこそ 08巻
最終巻。gdgdだったなぁ。1歩進んで3歩下がるような。
結局最後の決意も、結局立ち消えるのが真のヒキコモリ。つーか、今までの佐藤君なら立ち消えても可笑しくない。無理やりハッピーエンドにしたって感じ。ハッピーかどうかも解らないけども。まぁ前向きな決着って事で。
救いようがないドロッドロの結末でも良かったと思うけれども。どっちにしろ批判はでるか。
でもせっかく、こういう題材を選んだのならもっと心を抉るような悲惨な結末でも良かったような。




←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

最近買った本 その2 

[ 2007/08/09 01:31 ]
みなみけ 1~3巻(目を引くタイトルだった。ロリマンガ。これが好きな私は間違いなく変態。)
ククルカン 6巻(巻数が増すごとにファンタジー色が強く。どこまで許容できるかな。)
ユーベルブラット 0~5巻(ダークファンタジー。壮大な世界観に脱帽。)
PAPUWA 1~6巻(旧作キャラのほうが活き活きとしている。)
ひぐらしのなく頃に 罪滅し編 2巻(水頭症の大石)
ひぐらしのなく頃に 目明し編 2巻(少女漫画だよなぁ)
ルナティック雑技団 1~3巻(ビッチなヒロイン。カオスなマンガ。)
ヒャッコ 1巻(キャラ層が厚いマンガを描く人なのか。面白いけどね)
ヒッカツ 1巻(発想が良い。でもクールバカ主人公ってどうなんだろう)
ZERO(冬目景)(はずれなし・・・じゃなかったのか)
それでも町は廻っている 3巻(愛すべきキャラが多い素敵マンガ)
魔人探偵脳神ネウロ 12巻(這って動く白。睦月可愛いよ睦月。)

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

最近買った本。 

[ 2007/07/21 01:07 ]
NARUTO 1~10巻(初期の頃のが絵上手い。アラはあるけど勢いもある)
乱飛乱外 1~3巻(如火は俺の嫁)
シグルイ 8巻(この緊張感は凄い。まだ伸ばす気か。)
21エモン 1巻(ゴンスケが全然活躍せず。モンガーを忘れてた。)
ビリ犬 1巻
誰かがカッコウと啼く
ハツカネズミの時間 1~3巻(ハズレなしと聞いたけど、その通り。)
賭博黙示録カイジ コンビニコミック 3~5巻
(絵はあれだけど、内容は心をえぐる)
篠房六郎短編集 ~こども生物兵器~
(これを大学生が描いた?クオリティ高い)
トライガン 1~3巻
絶対可憐チルドレン 9巻(全体的に大味)
HEVEN? 1~3巻 (ありえないw けど面白い。)
NHKへようこそ 7巻(コミカルに鬱)
さすがの猿飛 1~5巻
ひぐらしのなく頃に 罪滅し編2巻(以下続刊ですかい)
ヘルシング 1巻(あー、これは面白い)
ブラックラグーン 1巻(固有名詞多すぎ)
大魔法峠・超大魔法峠・超超大魔法峠(ぷにえ様強すぎ)
ローゼンメイデン8巻(薄さにびっくり)
さよなら絶望先生 9巻(祝・アニメ化)
夕日ロマンス 1巻(1~3話が面白すぎる・・・けども)

積み置きしてしまう本が増えたなぁ・・・。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

蔵書千冊を目指してその3 

[ 2007/05/08 22:08 ]
ひぐらしのなく頃に
鬼隠し編 1,2巻(絵が上手。ネームのバランスも良い。)
綿流し編 1,2巻(絵が・・・。編纂も微妙。というか少女マンガ。)
祟殺し編 1,2巻(絵は好き。ちっと詰め込みすぎ。)
暇潰し編 1,2巻(まさか梨花をこんなに可愛く描けるとは。尿意。)
鬼曝し編 1,2巻(曝し過ぎじゃない?絵も話も上質ではある。)
目明し編 1巻(というか少女マンガ。)
罪滅し編 1巻(痒い恐い。)
宵越し編 1巻

ツバサ 1~4巻
未来日記 3巻(唯乃が怖いYO)
蟲師 8巻(後味悪かったけれど、どの話の出来が良かった。)
ああ探偵事務所 10~12巻(実に良質。楽しく読めます。)
さよなら絶望先生 4,5巻(祝アニメ化?)
ヴィラントサガ 2巻(オッサンが主役。)
いばらの王 1~6巻(双子の王道?もう少し書き込みが欲しかった。)
シグルイ 6,7巻(虎眼先生が。)
ドロヘドロ 3,4巻(恵比寿が可愛い。)
鉄のラインバレル 1巻(主人公が好けない。)
ハチワンダイバー 1巻
男坂 1巻(初版だったから買ってみた。価値あるのだろうか。)
ククルカン 1~5巻(これはファンタジー。)
バガボンド 25巻(伝七郎が。)
皇国の守護者 4巻(え?無駄骨?犬死?それが戦争・・・。)
バキSAGA 1巻(笑わずに読めたら神。)
ドラえもん 1,2巻(実は絵が上手い。話作りの発想も神がかり的。)
GS美神 極楽大作戦!! ワイド版 1~7巻(古さを感じてしまう。)
レベルE 1~3巻
魔人探偵脳噛ネウロ 10巻(こっそり再登場していた鷲尾に驚き。)
ナツノクモ 6,7巻(ここに来て面白くなった。メリノちゃんが神。)
聖闘士星矢冥王神話編 1巻(上質だけど物足りない印象。)
スティールボールラン 11,12巻(何もかもが異質。異才。)
テガミバチ 1巻(説明過多なワンピという印象。仕方ないけれども。)
Venus versus Virus 1巻(ルチアが早々にヘタレるのはどうなの。)
ハヤテのごとく! 1巻(ギャグマンガはちょっと。)
重機人間ユンボル 1巻(密度が凄い。無念が伝わる。)

まとめ方をもう少し考えたほうが見やすくなりますね。現実の本棚の方も、並べ方を考えないとメチャクチャになってます。

蔵書千冊を目指してその2 その1
数えてみよう♪その3 その2 その1

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。