気が狂うほどまともな日常日記

絵の習作の発表の場、本・マンガの感想を綴る場、また日々の出来事を気の向くままに記す場として開設されたブログです。

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東方妖々夢 

[ 2007/11/30 00:49 ]
ニコニコ動画に感化されて東方を初プレイ。
ニコ厨でサーセンwwwww
魔理沙は大変なものを盗んでいきましたの原曲を聴いて感慨深いものを感じてしまう。あのflashの娘は魔理沙じゃねーんだな!


コンテニュー5回に設定してイージーモードをようやくクリア。アクションゲーは苦手です。


「えー?イージーモード?ダサーイ」「イージーモードが許されるのは小学生までだよねー!」

orz
スポンサーサイト


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

fate stay/night プレイ中その2 

[ 2007/11/16 01:31 ]
聖杯戦争から降りたら足の骨にヒビいれられました。




ハマるかどうかはまだ微妙なトコロ。
難解な単語と、設定を読み下すのに精一杯。そこを理解するために読み進めたい気持ちもあるんですけれど、(一番の目的はもちろんセイバーに魔力を供給する事)それで読者を引っ張るってのもズルい気もする。宮部みゆきの小説に似てないこともない?

主人公?の遠坂凛と衛宮士郎のどちらもが優等生すぎて面白みがないというのも。優等生というか、一歩引いた非常にクールな部分がありますよね。お陰で情景描写とかが冷たい感じになってると思うんです。
それに殺人サバイバルゲームに参加している癖に、あの遠坂の平静っぷりは何なんだろう。殺し殺されるのを受け入れている魔術師と言われても、そこからして理解し難い=感情移入できない。

で、冷たい描写の癖に、セリフ回しがわかり難いというか。設定が難解すぎるというか。
サーヴァントも、マスターも、聖杯も、魔法も、魔術もどれも現実に無いものだから、それが更に複雑に絡み合う設定を説明するセリフはどうしても難解になりますよね。



どうしても「ひぐらしのなく頃に」と比べてしまう。あんまし良い事じゃないんでしょうが。
同じサウンドノベルというジャンルですけれども、一番の違いは、文章の熱さにある気がします。
無駄に熱くて、クサい文章。あのジョジョっぽさがある文章が好きなんですよ。ってひぐらしの感想になってるッ!

2番目の違いは選択肢が「あること」ですか。
サウンドノベルの中で、選択肢が「ない」というひぐらしのほうが異端なわけですが、私がプレイしたサウンドノベルなんて「ひぐらしのなく頃に」と「弟切草」くらいなものですんで。
選択肢があるからこそゲームなわけなんですけども、選択次第では取ってつけたような「突発死」にぶち当たるのは如何なものかと。突発死にぶち当たって「何この糞ゲーwww」って素で思ってしまいました。

選択肢があったほうが緊張感が出る?選択する事の重みが出せる?
そんなもんセーブ&ロードでどうとでもなるじゃないですか。

「ひぐらしのなく頃に」は選択肢を排除する事によって、作者さんの伝えたいことがダイレクトに伝わってくる様になっていました。
その結果、ゲーム内でプレイヤーが試行錯誤するのではなく、作者さんが仕組んだ罠だらけの文章から何を読み取るかという事にゲーム性が生まれたんですよね。
ゲーム内で完結することなく、さらに高次元で作者さんと読者の間のゲームとして成立したんですよ。「ひぐらしのなく頃に」のその感覚が本当に目からウロコでした。

って、あれ?それってただの小説じゃん。その何だ、その罠だらけの文章を重ね透かすと真相が見えてくる。その構造も良かったんですよ? ってまたひぐらしの感想になってるッ!

以下ネタバレ(?)込みの感想


←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

fate/stay night 

[ 2007/11/11 04:40 ]
積みマンガが多くなってきた今日この頃。
積みゲーも増えてきたので消化しようと思い立ち、fate/stay nightのプレイにようやく踏ん切りました。

確か「ひぐらしのなく頃に」と同じ頃に話題になってました、よね?あれは月姫だっけかな?
まぁでも、「セイバーは俺の嫁」だとか「体は剣でできている」のコピペが有名ですよね。あれだけ有名なんだから面白いんだろうと思い、夏頃購入したのはいいけれど、結局手をつけずに今まで何となく放置していました。

以下プロローグプレイ感想

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

アンフェスバエナできたよー 

[ 2007/09/06 01:28 ]
mhf21.jpg


通称バナナ。
作った翌日である、今日の双剣修正でオワタ\(^o^)/と思っていたんですが、まだオワテなかったようで。

よーしパパ、リュウノツガイとかも作っちゃおうかな!

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

MHFばっかりやってるわけで 

[ 2007/09/02 02:45 ]
mhf16.jpg

ALLギザミSシリーズ作成。とりあえず胴と腰だけLv7になりました。(あとはガーデンでマレコガネが集まり次第完成させる予定。)
2箇所Lv7にしたら世界が変わりましたよ。 KATEEEEE。



←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

MHF日記 

[ 2007/08/24 10:43 ]


雷光虫集めには搭での大雷光虫狩りが一番ですね、と。
大雷光虫倒しても水上だとドロップが見えないせいで、最初行ったときは1匹しか手に入れられなかったんですよ><

倒したときキラーンって音がすれば、その後地面採取で75%の確率で雷光虫が手に入る。マジおすすめ。

その成果。
mhf11.jpg

バインドキューブできたよー。

さぁこれでギザミ狩りまくるぞ、と思っているトコロで知人の誘いがかかりガノトトス狩りへ。
mhf12.jpg

デカいし、強い!

とまぁいろいろありましたが、ようやくHR30に。
mhf13.jpg



狩猟試験のシェンガレオンでかすぎワロス。
mhf14.jpg

知人とその知人と求人区で募集したら参加してくれた、私以外全員HR50な方々に手伝ってもらう事に。

いやぁもう、砦に来たのも初めてだし、どういう風に敵が迫ってくるのかもよくわからず道に迷った挙句、1人で2死したりね。
足の破壊も結局よく解ってなかったし。(赤くなればいいんです?)

mhf15.jpg

しかし、よくわからない内に勝利。ご協力感謝です。

これから素敵な上位ライフが始まりますよ、っと。
(HR31からか。)

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。

うおおおお 

[ 2007/08/22 23:13 ]

何この動画、カッコよすぎる。
打ち上げタル爆弾面白そうだ、今度持って行こう。

←お気軽にご意見・ご感想をどうぞ。
FC2カウンター
プロフィール

ガラ

Author:ガラ
職業:働くNEET。


・眼鏡をしたままお風呂に入る派。
・新品のケータイに張ってあるシールは剥がされる派。
・曲調より歌詞で曲を好きになる派。

特徴
・優柔不断・怠惰・臆病・自己愛強し

称号
・1人カラオケニスト

蔵書
その1その2その3その4

あわせて読みたい

あわせて読みたい
ブログバトラー

オススメできるマンガ
   

今読むとテーマにやや古臭さを感じますが、この作品で提起された問題は現在でも答えなど出てはいないのです。深く考えさせられる作品であると同時に、奇抜なデザインや発想、キャラクター付けなどマンガとして純粋に面白い部分が上手に同居した傑作です。是非御一読してみてください。

   

現在週刊少年ジャンプで連載中。作者曰く「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」ですが、それだけでは終わらないエネルギーを感じさせます。

   

「蟲」呼ばれる存在を作者独特の世界観の中で描いた作品。つまり題材にしているモノも創作。世界観も創作。嘘の中で嘘をついているホラ話なのですが、ところがどうしてその嘘があまりに面白くてついつい騙されてみたくなる。そんな作品です。

バロメーター
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。